長野県佐久市のコミュニティFMラジオ局浅間山

てんこもり佐久平

エフエム佐久平・佐久ケーブルテレビ同時生放送番組

毎週金曜日18:00からは

てんこもり佐久平』(笑)!!

 

“てんこ”こと樋口ひとみと

“もりお”こと中村哲郎が

佐久平を駆け巡り佐久平のおいしい・楽しい情報

“てんこもり”でお送りする30分です!!!!!”

メッセージお待ちしています!

 

FAX番号:0267-63-4550

e-mail :tenkomori@sakunet.jp

-------------------------------

 

WEBで振り返る!!!(笑)『てんこもり佐久平!!!!』

てんこもり画像 1606新

※テレビを見た人もラジオを聴いている人も映像キャプションと

 ともに振り返りましょう!

 見ると聴くとお得な○得情報もチェックしてください!

 佐久平遊びの参考になりますよ~♪(笑)

———————————————————————————–

2018年 3月2日

 

佐久平を知りつくそう

 

このコーナーは、佐久平にある企業やショップなどのお得な情報や最新情報などをお届けするものです。

「グルメ」や「体験」のコーナーと合わせてチェックしてください。

今回は、新たな指導法を取り入れた学習塾を紹介します。

 

最近、体操の内村航平選手が出演するCMを見た事が有る人も多いと思いますが、

生徒自らが考え 答えを導きだすことで 確実に身につき成績アップに繋がる。

「分かる」「話す」「身につく」の3つのステップを踏む指導法「明光式コーチング」が話題になっています。

てん①[1]

てん④[1]

てん②

てん③[1]

てん⑤[1]

 

「明光義塾」の小諸教室・岩村田駅前佐久平教室では、4月から一緒に勉強する新しい生徒を募集しています。

今回紹介した内容のほかにも、生徒に有利な「明光義塾」ならではの指導法がたくさんあります。

詳しくは「明光義塾」のホームページを検索しご確認ください。

各教室まで、直接 問い合わせすることも可能です。

小諸教室の電話番号は、0267-23-5506、

岩村田駅前佐久平教室の電話番号は、0267-68-8300へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

心も体も健康維持、冷え性克服を目指して太極拳を体験してきました。

今回訪れたのは、活動開始から15年目を迎える「望月太極拳倶楽部」です。

現在、佐久地域の広い範囲から20人が参加。

健康維持のため、みなさん太極拳の基礎から しっかりと学んでいます。

てん⑥[1]

 

 

大木さんは、当時まだ少なかった太極拳教室を探し活動を始めますが、

健康維持のために行う運動とは発想の違う太極拳に魅力を感じ、

地元にも広げたいと考えグループを立ち上げました。大木さんは自らが講師も務めています。

てん⑦[1]

 

この教室では、形だけにとらわれるのではなく、

太極拳が持つ本当の意味を理解しながら活動してほしいと、基礎の部分に時間をかけています。

それには、大木さんが太極拳に出会った時の指導者である、

小出義宗さんが このグループの講師として月2回来ていただけることになり、

充実した指導が出来るところも大きいそうです。

てん⑧[1]

てん⑨[1]

「望月太極拳倶楽部」では、一緒に活動する仲間を募集しています。

ご興味のある方は、望月公民館、電話:0267-53-2548へお問い合わせください。

 

 ———————————————————————————–

2018年 2月23日

 

佐久平グルメを食べつくそう

 

 今回は、意外と知らない長土呂の結婚式場で食べられるランチを紹介します。

「ヴィーナスコート佐久平」は、

貸し切りの空間で ゆったりと結婚式を挙げられる施設として2012年にオープンしました。

元々は、結婚式などの写真撮影をしていた会社が、長野市でブライダル事業を展開。

ブライダル事業激戦区の佐久地域において、地元では隠れ家的存在の結婚式場として知名度を上げています。

 てん①

 

 

意外と知らなかったレストラン営業ですが、

前日までに予約すると「ランチ」「ディナー」が楽しめるという話しを聞いて、月代わりの「ランチメニュー」を紹介していただくことにしました。

その名は「おいしい信州ふーどらんち」。

信州産の豊かな食材を使い、季節に合わせた月代わりの「フレンチコース」で、

来月、3月のテーマは「抹茶」だそうですよ。

てん② - コピー

 

 

続いての料理は「メインディッシュ」。

「肉」か「魚」のどちらかを選べます。

3月の「肉料理」は、

「信州福味鶏ささみの ゴマつけ焼き 抹茶ソース  千曲産のホワイトアスパラ添え」。

今回は、もう一方の「魚料理」を選んでみました。

てん④

てん③

 

この「ランチメニュー」には、「前菜」・「メインディッシュ」・「デザート」に、

「パン」や「ドリンク」など全6品で1800円、1日限定

尚、結婚式が行われる日はレストラン営業を行わない時間帯がありますので、

必ず前日までに確認をお願いします。

 

これから、今回紹介した「ランチメニュー」がお得になるイベントについてご案内します。

岩村田の飲食店が集まる「岩村田料飲組合」は、

来月9日から18日までの10日間、

必ず何かが無料になる「タダまつり」を行います。

今回、「ヴィーナスコート佐久平」も、このイベントに参加することになりました。

期間中、この「ランチメニュー」を予約・来店すると、

「佐久の野菜でつくったスープ」が「タダ」で付けてくれるというお得なものです。

この機会に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

「ヴィーナスコート佐久平」の住所は、佐久市長土呂1169-7です。

営業時間は、ランチが午前11時30分から午後2時30分、

ディナーが午後6時から午後10時まで、ラストオーダーはそれぞれ閉店30分前です。

定休日は火曜日。

お問い合わせは、電話:0267-67-6000へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

今回訪れたのは、望月地区の皆さんが参加する「望月女声コーラス」。

今年で36年目となる このグループが発足したきっかけは、

小学生の母親たちが発した「みんなでコーラスやりたいね」という言葉でした。

現在は16人で活動し、地域で行われる「コーラスまつり」などのイベントに参加していますが、

その中には発足当時から歌い続ける3人が残っているそうです。

てん⑧

 

そんな皆さんを ご指導するのは、掛川剛夫さん。

掛川さんは、望月高校で教職に就いていた頃に このグループから依頼を受け、

発足からずっと講師を務めているそうです。

てん⑦

 

コーラスに加わり、とても和やかな雰囲気の中 活動していることを実感しました。

「望月女声コーラス」では、一緒に楽しむ仲間を募集しています。

ご興味のある方は、

望月公民館、電話:0267-53-2548へお問い合わせください。

てん⑨

てん⑩

 

「望月女声コーラス」は、様々な曲に挑戦し、CDも作ったそうですよ。

皆さんも楽しいコーラス、一緒に歌ってみませんか。

 てん⑥

 

 

 ———————————————————————————-

2018年 2月16

 

佐久平グルメを食べつくそう

 

今回は、佐久ケーブルテレビの大峡恵理子キャスターが取材してきてくれました。

キーワードは「ラーメン屋さんなのに、○○も美味しい!!」です。

もり①

 

駒場公園の西側に、ファンが足しげく通うというラーメン屋があります。

その名は「げんこつ屋」。

営業開始から20年を超える このお店のメニューは もちろん、ずら~りとラーメンの文字が。

店長の高橋清貴さんがつくる「メニューに載っていない美味しいあるもの」とは?

 

フレンチコースの「前菜」として出てきたのは、

「ホタテ」・「サーモン」・「カジキ」などを使った「茄子のセルクル 海鮮詰め」。

見た目も美しく食欲をそそる ひと品!

もり②

 

続いて ご紹介するのは、「アスパラガス」や「ポテト」などが あしらわれた「牛ランプ肉のソテー 野菜添え 粒マスタードソース」。

アスパラガスの鮮やかな緑が、お肉の色を より引き立てていて美味しそう!!

もり③

 

このほかフレンチのフルコースには、

「白ワイン」・「バルサミコ」・「ジェノベーゼ」の3色のソースが美味しさの決め手!

お魚料理、「的鯛のポアレ」と、

もり④

 

「げんこつ屋」のフレンチコースだから実現!

通常のメニューでは食べられない、隠れたファンも存在する「高菜炒飯」。

もり⑤

もり⑥

 

この「フレンチ フルコース」の提供は、

食材を準備する関係から事前予約が必要です。

提供する料理内容により価格は変化しますが、お一人様3千円からとなります。

尚、ご予約は7・8名様以上で、来店の1週間前までにお願いします。

 

「ラーメン」も「フレンチ」もおススメ、「げんこつ屋」の住所は、

佐久市猿久保34-4、猿久保34-4。

営業時間は、昼が午前11時30分から午後2時、

夜は夕方5時30分から午後8時30分まで。

定休日は火曜日です。

お問い合わせは、電話:0267-67-1500、67-1500へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

今回は、「あいとぴあ臼田」で、陶芸を体験してきました。

 

今回訪れたのは、臼田公民館で活動する「ゆびのあとの会」という「陶芸」のグループです。

この会は40年以上の歴史があり、

臼田地区の皆さんを中心に、わきあいあいと活動しています。

15年ほど前からは、中学校で美術教師ををしていた沖浦卓夫さんが講師を務め、

色々教えていただきながら「茶碗」や「お皿」、大きな「花びん」などの

作品をつくっています。

もり⑦

 

今回私は、「手ひねり」という方法で「お皿」をつくることにしました。

もり⑧

もり⑨

 

「ゆびのあとの会」では、一緒に活動する仲間を募集しています。

ご興味にある方は、

臼田公民館、電話:0267-82-2106へお問い合わせください。

———————————————————————————–

2018年 2月9

 

佐久平グルメを食べつくそう

店内に大きな薪窯を持つイタリアンレストランに行ってきました。

イタリアンレストラン「アル ソリーソ」は、長野の食材を主に使い おもてなしの心を持ってこの冬オープンから4年を迎える あたたかいお店。

店のオーナーシェフを務める竹内 晃さんは、

東京のイタリアンレストランなどで修業し、料理長を経て40歳になる2011年、

独立を目的に生まれ故郷である長野へ帰ってきました。

てん①

 

最初に ご紹介いただくのは、「アクアパッツァ」です。

その時入荷した旬の魚を使い、「バジリコ」「トマト」「オリーブ」「ケッパー」と北海道産の「ホタテ」を一緒に煮込み、

味わいが一体化したスープを一緒にいただくイタリアならではの お料理です。

てん③

 

てん②

てん④

 

イタリアンレストラン「アルソリーソ」の住所は、

佐久市佐久平駅南7-5、2001ビルの2階です。

営業時間は、昼が午前11時30分から午後2時30分、

夜が夕方6時から午後10時30分まで。

金曜・土曜・祝日の前日のみ、夕方5時30分からの営業になります。

定休日は火曜日。

お問い合わせ電話番号は、0267-88-7570、へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

 

今回は、佐久ケーブルテレビの西野智子キャスターが、「ノルディックウォーキング」を体験してきました。

今回訪れたのは、臼田公民館の学習グループ「ノルディックウォーキング臼田」です。

現在70人が登録しているという このグループは、平成22年に活動を開始。

冬の寒い日や天候の悪い日は室内で筋力UPに繋がるトレーニングを行い、

それ以外の日は「あいとぴあ臼田」の周辺や、3キロ離れた「新海三社神社」まで

ポールを使って歩き、毎日が健康で楽しく過ごせるよう活動しています。

てん⑤

 

「ノルディックウォーキング」は「フィンランド」で生まれたスポーツで、

両手に持ったポールを効果的に使う事で、普通に歩くよりも運動量のUPすることが実証されています。

同じように両手にポールを持って歩く「ポールウォーキング」というものがありますが、

「ノルディックウォーキング」はポールを使って体を前に押し出し、

上半身の動きや歩幅が大きくなる点が決定的に違います。

 

ポールは手とグリップ部分にあるベルトで しっかり固定することで仮にグリップから手を放したとしても、

必ず手の動きに応じてポールがついてくるようになっています。

そして、手が前に来た時はグリップを握り、

後ろに行った時はグリップから手を放す、これを繰り返して歩きます。

 

ポールは手とグリップ部分にあるベルトで しっかり固定することで仮にグリップから手を放したとしても、

必ず手の動きに応じてポールがついてくるようになっています。

そして、手が前に来た時はグリップを握り、

後ろに行った時はグリップから手を放す、これを繰り返して歩きます。

 

てん⑥

 

ポールの先端が地面につく位置は、つま先の横当たり。

その時ひじは少し曲がっている状態になります。

そして、ポールに力をかけながら体を前に押し出し、

手が自分の体より後ろに行ったタイミングでグリップから手を放します。

「ノルディックウォーキング」は、歩く時の正しい姿勢を必然的に生み出し、

それに必要な筋力が次第についてくるという利にかなった運動なんだそうです。

それでは私も体験したいと思います。

 

てん⑦

 

健康維持のため「ノルディックウォーキング」を始めてみませんか?

日本ノルディックフィットネス協会のインストラクターの資格を持つ

井出泰生さんが、基本からしっかりとお教えします。

詳しくは、臼田公民館、電話:0267-82-2106(へお問い合わせください。

 ———————————————————————————–

2018年 2月2

 

『てんこもりアワード2017表彰式』

昨年末にお送りした「てんこもりアワード2017」で見事、年間大賞に輝いた皆さんに、

もりおさんとトロフィーの贈呈に行ってきました。

 

私、てんこが取材で訪れたのは、去年の8月。

この会に参加する皆さんの平均年齢は、80歳の中場。

そんな中、90歳を超える参加者が なんと!4人も!!。

カラオケが元気の源と話し、毎週「臼田地区北川公会場」に集まる皆さんです。

てんこもり佐久平では、去年取材した91のお店や団体の中から、

この「名前も存在しない 北川カラオケ会」の皆さんに「年間大賞」を贈る事にしました。

てん1

てん4

てん2

 

勝手に決め付け、私たちもカラオケに参加する事に!

てん3

 

「名前も存在しない 北川カラオケ会」の皆さん、

 本当におめでとうございました☆

 

佐久平グルメを食べつくそう

 

今回は、佐久ケーブルテレビ 西野智子キャスターが、

古民家を改装したフレンチカフェを紹介します。

てん5

 

敦賀さんは、大阪・東京・軽井沢などで25年間フレンチの修業を積み、3年前、独立して このお店を始めました。

都市部で働いていた時には生産者と直接会う事は無かったそうですが、

生産者との交流が刺激を生み、ここ佐久で店をオープンすることに決めました。

 

「キッチン カフェ ヴェール」が提供する料理は、大きく2つに分かれます。

カジュアルな洋風料理を提供する昼営業の「ランチ」と、

敦賀さん おまかせの本格フランス料理のコースを提供する「ディナー」があります。

今回は、ランチメニューから ひと品と、ディナーのコースメニューの中から、

「前菜」と「デザート」をご紹介いただきます。

先ずはランチメニューから・・・

てん6

てん8

 

今回のランチメニューは、お得なセットで お出しいただきましたが、

セットでご注文いただくと、「季節のスープ」や「ミニデザート」、

「コーヒー」・「紅茶」・「ハーブティー」などのドリンクが付いてきます。

続いて雰囲気はガラっと変わり、ディナーのメニューを・・

敦賀さん おまかせの本格フレンチコースから、前菜とデザートをご紹介いただきます。

てん7

 

敦賀さん おまかせの本格フレンチコースディナーは、

4品から6品のお料理が付き、4500円から1万2千円までの4種類のコースからお選びいただけます。

尚、夜営業「ディナーコース」は、完全予約制になります。

前日までにお電話などで予約をお願いします。

本日、ご紹介した「キッチン カフェ ヴェール」の住所は、

佐久市岩村田930-1、佐久市岩村田930-1です。

営業時間は「ランチ」が、午前11時から午後3時30分まで、

予約制の「ディナー」は、夜6時からとなります。

定休日は火曜日。

お問い合わせ電話番号は、0267-85-2021、0267-85-2021。

フェイスブックからの予約も可能です。「キッチン カフェ ヴェール」で検索してください。

 

———————————————————————————–

2018年 1月26

 

てんこもりおすすめ情報 (てんこ編)

 

「佐久平プラザ21」で「鬼盛りイベント」が行われています。

その「鬼盛り」にチャレンジしてきました。

 

「佐久平プラザ21」は、白樺湖を中心にサービス業を展開する「池の平ホテル アンド リゾート」が運営。

入浴や食事などが楽しめる「健康ランド」やビジネスホテルと、地元や観光で訪れた客がくつろげる施設です。

そんな施設で客を楽しませようと、支配人が生み出したイベントが話題になっています。

てん②[1]

 

私の顔よりも大きい その「鬼盛りバケツプリン」というのがこちら!

てん④[1]

 

「バケツ」をプリンの容器として使い、その中身はなんと!2点5リットル!!

重さは およそ3キロにもなります。

第5弾となる この「鬼盛りバケツプリン」は、開始から2カ月余り。

制限時間25分で これまで5人が完食しました。

チャレンジの成功者には なんと!

こちらの施設の「入浴無料券」10枚、1万円分がもらえます。

てん①[1]

 

こちらに訪れる人の中にはチャレンジをせず、家族や仲間と1つの「バケツプリン」をシェアして食べる事もあるそうですが、

今日の「プリン」は、私だけのものです。

てん③[1]

 

まだ、バケツ半分残っているという事は、

「プッチンプリン」を18個食べなければならないということなんですね。

私には このチャレンジ難しそうですが、

「佐久平プラザ21」の「入浴無料券」10枚、1万円分がもらえる

この「鬼盛りバケツプリン」。チャレンジしてみたいという方は、

「佐久平プラザ21」へ足を運んでください。

1日限定!3食までなら飛び込み参加が可能ですが、

2人以上・団体でという方は、事前に予約をお願いします。

尚、チャレンジするには「バケツプリン」代として税込み2千円がかかります。

くわしくは「佐久平プラザ21」、

電話:0267-65-8811までお問い合わせください。

また、「鬼盛りバケツプリン」のチャレンジは、来月2月下旬まで。

3か月ごとにチャレンジ内容が変わるそうですが、

今後は、「天津飯」や「あんかけヤキソバ」の開催予定もあるそうです。

 

てんこもりおすすめ情報 (もりお編)

 

日本の競技人口、250万人以上!!

最近話題を集めている 伝統の娯楽を体験してきました。

 

今回訪れた「臼田囲碁愛好会」には、定年を迎えた60代から最高齢の89歳まで30人が所属し活動しています。

今月1月には、井山裕太九段が国民栄誉賞を受賞する事が決まり、

喜ばしい囲碁界ですが、現在、都市部の若手を中心に囲碁ブームが起きているほか、

「囲碁ガール」という言葉が生まれるほど女性の人気も集めているそうです。

てん⑤[1]

 

初心者にも分かりやすいよう紙に書かれた「5つのルール」を1つ1つ説明していただきます。

てん⑥[1]

 

それでは、初めて打ついう事で、マス目の少ない小さな碁盤を使って碁を体験します。

てん⑦[1]

てん⑧[1]

 

「臼田囲碁愛好会」では、一緒に碁を打つ仲間を募集しています。

詳しくは、臼田公民館、電話:0267-82-2106へお問い合わせください。

 

———————————————————————————–

2018年 1月19

 

佐久平グルメを食べつくそう 

「おじいちゃん」「おばあちゃん」から子どもまで、

家族みんなで気軽に行ける「イタリアンレストラン」を紹介します。

 

イタリアンレストラン「リトリーブ」は、外観や内装にも拘った

アメリカンテイストの小物が店内に飾られるカジュアルな雰囲気のお店。

そんなお店のオーナー兼シェフを務めるのは、知人のイタリアンレストランで働くため、

高崎からこの地に来た 北村利男さん。

北村さんは高校時代、アルバイトで飲食の世界を経験し、この道ひと筋で生きてきましたが、

37歳になる1998年に独立。

ご夫婦で今の お店をきりもりしています。

てん①

てん②

 

メニューが多く、何を紹介していただけるのか楽しみなところですが、

イタリアンという事で 先ずは人気のパスタから。

「トマト」をベースにしたスープ系のパスタに、

たくさんの魚介とバジルを使ったアツアツの料理を出していただきます。

てん③

てん④

 

続いてご紹介いただくのは、最初にもお話しいただいたカジュアルなイタリアンレストランで人気を集めている、

20種類以上のスパイスを使ったカレー。

「ガラムマサラ」風味の「チキンカレー」を出していただきます。

てん⑤

 

「リトリーブ」の住所は、佐久市中込1593-1です。

営業時間は、午前11時から深夜0時まで、火曜のみ午後11時 閉店となります。

定休日は水曜日。

お問い合わせは、電話:0267-64-1670へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

今回、訪れたのは、臼田公民館の学習グループとして40年に渡り活動している舞踊教室。

講師を務めるのは、西川扇紫長さん。

西川先生は38年に渡り指導をしています。

私は今回、1年2カ月ぶりに舞踊を体験させていただきます。

てん⑥

てん⑦

 

西川先生は元々 学習グループに参加し舞踊を習う立場でしたが、

西川流の師範となり 現在2つのグループの指導にあたっています。

そのうち「公民館舞踊同好会」は、最近若手の新人も加わり6人で活動。

もうひとつ、「北川舞踊教室」は、臼田北川地区のみなさん4人で活動。

共に2月・3月に行われる発表会に向けて練習をしています。

てん⑧

てん⑨

 

参加者のみなさんと一緒に踊れるよう、

西川先生から基本的表現や流れを教えていただきました。

ひと通り覚えたところで、みなさんと一曲踊ってみました☆

てん⑩

 

舞踊をはじめてみませんか。

ご興味のある方は、臼田公民館、電話:0267-82-2106へお問い合わせください。

 

———————————————————————————–

2018年 1月12

 

佐久平グルメを食べつくそう

昨日11日にオープンした、変わった建物のカフェを紹介します。

オーナーの枝木幸博さんは島根県 出身。

元々は別の道を目指し勉強していた学生時代に、アルバイトで飲食の世界を経験。

卒業後は大手ファミリーレストランへ就職し、そこで出場した接客のコンテストで全国優勝を果たします。

このきっかけが自分の進むべき道を感じさせたというのです。

てん①[1]

てん②[1]

てん⑤[1]

 

それでは、枝木さんのおススメ「グリーンオムレツ」のモーニングを作っていただきます。

ドリンクは、「コーヒー」「紅茶」「アイスコーヒー」「アイスティー」から選べますよ!。

それでは、日本人向けにオーストラリアで焙煎してもらったという

「ドリップコーヒー」も いただいてみましょう。

てん③[1]

てん④[1]

 

「ヒルロードカフェ」の住所は、佐久市岩村田2317-1です。

営業時間は、朝7時から夜10時まで。

モーニングメニューは、朝7時から午前10時30分まで。

ランチメニューは午前11時から、ディナーメニューは夕方5時からとなります。

定休日は木曜日。

お問い合わせは、電話:0267-88-8377へお願いします。

 

———————————————————————————–

てんこもりおすすめ情報

新年ということで、想いを込めて「書き初め教室」に行ってきました。

先週の4日、木曜日。

中込会館で小中学生を対象とする「書き初め教室」が行われました。

この教室は、中込公民館で活動する「佐久書道会」と、「白樺書道会」の2つの学習グループが協力し、毎年行っています。

この日は、学校の宿題も兼ねて26人の子どもたちが書き初めを行いました。

てん⑧[1]

てん⑭

 

子どもたちを指導するのは、それぞれの書道会に所属する講師の先生や大人の参加者。

筆の運び方や文字のバランスのとり方などを教えてもらいながら、

子どもたちは一生懸命 作品を仕上げていました。

指導する先生の中には、

昨年9月、私が書道体験でお世話になったお二人の先生もいらっしゃいます。

その時教えていただいた事を思い返しながら、私も書きたいと思います。

てん⑨[1]

 

 

私もこの1年、希望を持って仕事が出来るよう、

小学6年生が書いている「希望の朝」の文字を書いて、先生に見ていただこうと思います。

文字を書く位置やバランスが良くないとのアドバイスをいただき、

その点を気を付けながら もう1枚書きたいと思います。

てん⑩[1]

てん⑪[1]

 

今回、ご指導いただいている「佐久書道会」は、

毎週 火曜日の夕方から、そして、「白樺書道会」は、

第2・第4 水曜日の午後にそれぞれ活動しています。

書道を始めたいと思われた方は、

中込会館、電話:0267-62-0504へお問い合わせください。

 

 

 

2018年 1月5日

今回は、2018年の「てんこもり佐久平」も頑張っていけるように、

2人で作品を作ってきました!!!

てん①

 

佐藤ディレクターに「望月まで来い!!」と言われ

雪の降る中やってきたのは、望月に在る一件のお宅。

入り口には立派な蔵が建っていますが、これから何を体験するのでしょうか?

てん②

 

佐藤先生が水墨画を学んだのは、

「全国水墨画研究会」理事で長和町在住の、鷹野原 鳳悦さん。

佐藤先生は水墨画に魅了され、長和町まで通い続けました。

てん③

 

佐藤先生は その後、地元望月や隣の立科町で水墨画の講師として85歳になる おととしまで続けていました。

てん④

てん⑤

 

ということで今回、佐藤先生にお願いしたのは、

水墨画で「てんこ」「もりお」の「今年の目標」を描いた作品作りを指導して欲しいというものでした。

さっそく佐藤先生が水墨画の作品を描いている部屋をお借りして、2人の作品づくりに挑戦したいと思います。

てん⑥

 

私たちは、「四君子」の中から「竹」を描くことにしました。

水墨画の経験は、私が2回目、「もりお」さんは初めてです。

さて、作品になるのでしょうか!

てん⑦

 

佐藤先生も集中して作品を描いていると、

夜中の2時・3時になってしまうこともあるそうです。

ひと通りの基礎を教えていただき、

本番に向けて1時間余り、みっちり練習をしました。

そろそろ今年の目標を考えないといけないですね!

 

目標も決まったところで、役割分担です。

「竹」をうまく描きこなしている「もりお」さんが「水墨画」の担当。

私「てんこ」が「文字」を書くことにしました。

いよいよ大きな紙をいただいて作品づくり本番です。

「もりお」さん!いつになく真剣です!頑張ってください!!

てん⑧

 

「てんこ」ちゃんが今年の目標、ひと文字に選んだ健康の「健」を書いています。

この一年、新たに出会う皆さんへの想いを込めて大きく書いています。

そして、目標にした言葉を、健康の「健」の下に書き入れていきます。

てん⑨

 

急遽、佐藤先生が、「梅」の水墨画を描いて作品に花を添えていただけることになりました。

てん⑩

てん⑪

 

最後に それぞれが書いた画や文字の横に名前を書き入れて、

てんこもり佐久平、「もりお」「てんこ」、2018年へ向けた合作が完成しました!

てん⑫

 

———————————————————————————–

2017年 12月15

佐久平グルメを食べつくそう

 

子どもの頃から みんな大好き。

大人になっても食べたくなる「ふわとろ」なお店に行ってきました。

 

「スマイルキッチンふわとろ」は、家族連れや女性が多く訪れる、「オムライス」専門のお店。

2012年、「スマイルキッチン」としてオープンしてから、

「北中込」や「岩村田」での営業を経て、今年8月、「ふわとろ」という名前を加えてイオンモール佐久平の南側に移転しました。

店主を務めるのは、和・洋、様々な飲食店で働いた経験を持ち、2012年に起業した、佐藤千鶴さん。

「オムライス」の専門店にしたかった想いとは何だったのでしょうか。

てん③

 

最初にご紹介いただくのは、「ドリンク」や「サラダ」とセットに出来る昼限定のランチセット。

「ハンバーグ」や「パスタ」、「オムライス」、9種類の中から選べる「ランチセット」の中から、

人気の「プレーン トマト オムライス」を作っていただきます。

てん②

てん⑤

 

こちらのお店では、月替わりでオススメする「オムライス」のメニューがあります。

今月はクリスマスという事で提供しているのは、次にご紹介いただくメニュー。

何か色々な物が上に乗って、カラフルになってきましたよ!

てん①

 

「スマイルキッチンふわとろ」の住所は、

佐久市佐久平駅南7-5、2001ビルの1階にあります。

営業時間は、平日の昼が、午前11時から午後3時まで、夜が、夕方5時から午後10時まで。

また、土曜・日曜・祝日の営業は、午前10時から夜の10時までで、年中無休になります。

お問い合わせは、電話:0267-78-5633へお願いします。

 

てんこもりオススメ情報

今回、伺ったのは、中込公民館の学習グループ「お菓子・パン教室」です。

発足から30年を迎える このグループは、

定期的な活動と作りたいメニューを自分たちで考えられるという利点を生かし、毎月、活動しています。

何よりも参加する皆さんと楽しみながら料理を覚えられることが、

続けていける要因と話していました。

てん⑥

てん⑦

 

まずは、「ブッシュ・ド・ノエル」という、薪の形をしたクリスマス用のロールケーキ。

チョコレートなどを使った茶色のクリームと、木の皮のような模様を付けるのが特徴です。

ロールケーキの生地をオーブンで焼き、クリームを片面にぬったら、生地をロール状に巻いていきます。

tenn

ロールケーキの周りにもチョコレートを使ったクリームをたっぷりとぬり、フォークを使って、木の皮のような模様をつけていきます。

最後にイチゴなどのフルーツや、クリスマスをイメージする飾りなどをデコレーション。

「ブッシュ・ド・ノエル」が完成!!!

 

赤ワイン」や「ハチミツ」などを使って味付けをする、「スペアリブ」を作っていきます。

最初に骨付き肉のスジ切りをしていきます。

続いて、下ごしらえの終わった骨付き肉に下味を付け、オーブンに入れて焼いていきます。

 

完成したサンタさんのオードブルの横に、焼きあがった「スペアリブ」をのせ、メインディッシュの完成です。

 

てん⑧

てん⑨

 

中込公民館の学習グループ「お菓子・パン教室」にご興味のある方は、

中込会館、電話:0267-62-0504へお問い合わせください。

 

 

 

———————————————————————————–

2017年 12月8

佐久平グルメを食べつくそう

 

地元の人に愛されて20年。

夫婦で築き上げた定食屋さんに行ってきました!

 

「飲み処・食い処 美峰」は、北に浅間山、南に蓼科山を見渡せる眺望抜群のお店。

小平さん ご夫婦が切り盛りするアットホームな雰囲気のお店は、オープンから20年を迎えます。

てん⑦[1]

 

ボリューム満点、人気の定食は、種類も多く、安くて美味しいものばかり。

定食には2つの小鉢と味噌汁付きで、お腹も大満足です。

てん⑤[1]

 

続いて紹介するのは、こちらもボリューム満点「カツ重定食」です。

てん⑥[1]

てん⑧[1]

 

美峰では、各種宴会も承ります。

予算に応じて 相談にのってくれるそうですのでお気軽にどうぞ。

最大30名様まで。忘新年会にいかがでしょうか。

「飲み処・喰い処 美峰」の住所は、佐久市安原1094-5です。

営業時間は、昼が午前11時30分から午後2時まで、

夜が午後5時から午後9時までで、定休日は月曜日になります。

お問い合わせは、電話:0267-68-9991へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

今回私は、中込公民館の学習グループの一つ、銅板教室に参加してきました。

 

中込公民館の学習グループ 銅板教室は、10年前に発足、現在の会員数は18人です。

てん③[1]

 

銅板彫刻は、「下書き」「釘打ち」「着色」「仕上げ」の4工程ありますが、

今回は時間の関係で、釘打ちの途中から仕上げまでを行いました。

作る作品は、荒井先生のモットー「和がなくして成功なし」の頭文字「和」です。

てん10

釘を打った部分はたいらに、打たない部分は自然に盛り上がってきます。

 

文字のところに油性マジックで色をつけます。

それ以外の部分は硫化カリウム溶液につけることで色が変化します。

油性マジックで塗ったところだけ、色は変わりません。

てんこ

てん②[1]

 

てん①[1]

銅板教室は、毎月、第1・第3火曜日に中込会館で活動しています。

興味のある方は、中込会館、電話:0267-62-0504へお問い合わせください。

 

———————————————————————————–

2017年 12月1

佐久平グルメを食べつくそう

 

今回は、オーナー自らの社会経験と家庭の事情から生まれた、

心のよりどころとなるカフェを紹介します。

佐久ケーブルテレビ、西野キャスターのリポートです。

 

平賀にある「より道カフェ ななほし」は、今年8月にオープンしたお店です。

オーナーを務める 仲 美保子さんは、埼玉県の福祉施設でおよそ40年間 仕事をしていましたが、

母親の介護を機に 故郷である佐久市にUターンをしました。

てん①

てん⑩

 

仲さんは、福祉施設で働いた経験を生かし、

一人暮らしの高齢者や介護者を抱える家族などが、

心のよりどころとして訪れていただける場所にしたいと考えています。

てん②

 

お母様の介護と、仕事の経験から生まれた気遣いを感じることが出来ました。

ところで、ひとつ気になったのは、店がオープンする時間です。

朝7時に営業開始。

ここにも 仲さんの想いがあるようです。

てん③

てん④

 

「より道カフェ ななほし」の住所は、

佐久市平賀1180-1です。

営業時間は、朝7時から午後8時まで、ラストオーダーは7時30分です。

定休日は月曜日と木曜日になります。

お問い合わせは、電話:0267-63-7040へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

私が訪れたのは、佐久地域に住む 小学1年生から最高齢80歳までの皆さん、

およそ100人が所属する、「佐久振興会」です。

てん⑤

 

佐久市が行う「卓球教室」は、練習日が 年に10日間と少なく、

もっと教えて欲しいという要望から、5年ほど前に この会を発足。

練習の機会が増えた子どもたちは、

中学や高校の大会において、全国大会に出場するまでの実力を発揮し、

この会は選手育成のきっかけを生み出すものになっています。

また、卓球全日本の活躍も有り、

健康を目的とした、気軽に出来るスポーツとして人気を集めています。

てん⑥

 

最初にラケットの握り方、基本姿勢などを教えていただき、

実際に球を使って指導が始まりました。

てん⑦

てん⑧

 

卓球に ご興味のある方は、

インターネットで「佐久卓球振興会」と検索いただくか、

または、電話:0267-78-5135へお問い合わせください。

-------------------------------

2017年 11月24

佐久平グルメを食べつくそう

 

今回は、お客のニーズに合わせて営業スタイルを変え、

昼の顔にもなった店です。

「アーティカルライオン黒獅子」は、オープンから13年目を迎える、

料理とお酒の充実した居酒屋。

店内に入るとアーティスティックな雰囲気が溢れ、心地よい音楽が流れる、

落ち着いた空間を かもし出しています。

てん①

てん②

そんなお店の店長を3年前から任されたのが、石井俊樹さん。

黒獅子がこれから目指していくところは、どんな事なんでしょうか?

 

「昼しし」が提供するランチメニューは、

「和」「洋」の定食と、定番のパスタ・ピザを含めた11種類。

今回はその中から、店長の石山さんが特に おススメする2種類。

1品目は、洋食の中から、「チキングリル」を紹介します。

てん④

 

2品目は「昼しし」パスタメニュー、4種類の中から、

バジルとチーズの香り豊かな「ジェノベーゼ」をご紹介いただきます。

てん⑤

 

「アーティカルライオン黒獅子」の住所は、

佐久市佐久平駅北10-2 プラザアサマの2階に在ります。

営業時間は、「昼しし」ランチが、午前11時30分から午後3時まで、

昼の営業は、月曜から木曜までで、金・土・日曜日は休みとなります。

夜の営業は、夕方5時から深夜の2時までで、日曜のみ深夜0時まで。

こちらは不定休になります。

お問い合わせは、電話:0267-68-4277へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

今回は、年末に役立つアートを体験してきました。

今回、ご指導いただく「AKIRA」さんは、大きな紙と筆を使って書を描く、

書道パフォーマーです。

元々、普通の書道を行っている中、新しい自由な書道が有ることを知り、

今の活動をしています。

今回、教えていただく「筆文字アート」も、そのうちのひとつで、「AKIRA」さんは、

イベントや個展を開くなど、全国で活躍しています。

てん⑥

てん⑦

 

「筆文字アート」は、無理に文字や形の美しさにとらわれず、

自由に筆を運ぶ感覚が大切ということです。

 

てん⑧

てん⑨

 

 

———————————————————————————–

2017年 11月17

佐久平グルメを食べつくそう

 

「割烹 花月」は、「和」を基調とした落ち着いた雰囲気の中、

「鯉」を中心とした料理を味わえるお店。

歴史ある「花月」ですが、常連客への「もてなし」はもちろん、

未来へ向けた新たな鯉料理の提供を考え始めています。

てん①

 

若者に向けたメニューは後ほど ご紹介するとして、

最初はやはり、なじみ深い鯉料理を出していただきます。

今年4月から提供を始めた、「花月ランチ」コーヒー付き。

今回は、「鯉の うま煮」をチョイスします。

てん②

てん③

てん④

 

お待たせしました!

続いては、若者にも食べて欲しいと、副社長の中村さんが考えに考え抜いた「花月バーガー」。

鯉のフライをパンではさんだ、今年、春からの新メニューです。

てん⑤

 

「割烹 花月」の住所は、佐久市原481「ぴんころ地蔵」のすぐ前に在ります。

営業時間は、昼が午前11時30分から午後2時30分まで、

夜が夕方5時から夜の7時までで、終了時間は共にラストオーダーになります。

定休日は月曜日です。

お問い合わせは、電話:0267-62-0153へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

今回は、佐久ケーブルテレビの西野キャスターが、体操教室におじゃましてきました。

「心と体を育てる体操教室」は、

公民館が体操講座を開いたところ、続けて欲しいとの要望も強く、

4年前に浅間公民館の学習グループとして発足しました。

現在、43人がグループに所属し、毎週 水曜日の午前に活動をしています。

てん⑧

てん⑥

てん⑦

 

てん⑩

お問い合わせは、浅間公民館 電話:0267-67-2110へお願いします。

 

———————————————————————————–

2017年 11月10

佐久平グルメを食べつくそう

 

「焼鳥の店 夢々 佐久店」は、その名の通り「やきとり」を提供するお店。

宮崎県出身の店主、川越 康広さんは、九州の名だたる「焼酎」を数多く揃え、

居酒屋の看板を掲げていながらも、幅広い世代の皆さんに来ていただきたいと、

「宮崎地鶏炭火焼」や、宮崎のB級グルメ「肉まき おにぎり」、自身が一番得意とする、

「海鮮料理」と数多くのメニューを揃え、今も増え続けています。

もり①

 

テーブルにズラリと並んだのは、「やきとり」「さつまあげ」「刺身」「マグロのカマ焼き」「宮崎地鶏の ちゃんこ鍋」など・・など・・

デザートや飲み放題まで込みで、お一人様4,300円のコース!!

 

てんこもり

もり②

もり③

もり⑤

もり⑥

もり⑦

 

「焼鳥の店 夢々 佐久店」の住所は、佐久市猿久保740-1です。

営業時間は、夕方5時から深夜0時まで、定休日は月曜日です。

お問い合わせは、電話:0267-77-7831へお願いします。

年内に宴会のご利用をいただくと、お得なサービスが有るそうですよ!!

 

てんこもりおすすめ情報

今回は、もりおさんと2人で行ってきました☆☆

「SAKU BLOOM イルミネーション」は、冬場の集客を目指し行われているもので、

今回で6年目になります。

会場には、およそ50万球のLEDライトを使ったイルミネーションが、

訪れた人たちを楽しませています。

もり⑧

もり⑨

 

「インスタ映え」とは、スマートフォンで撮影した写真などを投稿し、

その写真を共有した人たちからの評価が高いことを意味する言葉です。

そんなポイントを探し、写真を撮りたいと思います。

 

もり⑩

もり⑪

もり⑭

 

 

もり⑫

もり⑬

もり⑮

 

-------------------------------------------------

2017年 11月3

佐久平グルメを食べつくそう

 

今回は、カウンター席で向かい合い、思わず世間話をしてしまうそんなお店です。

 

「とり酒場 剱」は、今年8月にオープンした、鶏料理を中心に提供する居酒屋。

店主の斉藤 浩二さんは以前、鶏の卸など、鶏を扱う仕事をしていたことから、

鶏の事を熟知し、また、「山好き」「話好き」も相まって、この店をオープンすることになりました。

てんもり①

てんもり②

 

最初に ご紹介いただくのは、「親鶏炭火焼」。

卵を産まなくなった「親鶏」の肉に塩で下味をつけ、炭火を使って豪快に焼いていきます。

この店1番の人気メニューです。

てんもり③

 

 

続いて ご紹介いただくのは、「鶏がらスープ」を使ったメニューの中から、

「鶏の風味」と「食材の味」をしっかり感じさせる、「鶏豆腐」。

見るからに身体が温まりそう。

てんもり④

 

最後に ご紹介いただくのは、店の2番人気、「カシラの串焼き」。

こちらも炭火を使って、じっくり焼き上げていきます。

てんもり⑤

「とり酒場 剱」の住所は、佐久市中込2979-1、

佐久市役所から県道を挟んだ東側です。

営業時間は、夜6時から深夜0時まで、ラストオーダーは、午後11時です。

定休日は不定休。

お問い合わせは、電話:0267-62-8001へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

今回は、「技」と「心」

心身ともに「集中力」を養ってきました。

今回ご協力いただいたのは、中学生から70代まで、60人の会員が所属する、「佐久弓道会」のみなさん。

佐久市駒場公園弓道場を使って、毎日練習をしています。

弓道には、28メートル先の直径36センチの的をねらう「近的」と、

60メートル先の直径1メートルの的をねらう「遠的」とがあり、

遠く離れた1点の的を目がけて弓矢を居る、技と心が一体となる、

集中力を養う武道のひとつです。

てんもり⑥

てんもり⑦

てんもり⑧

 

一緒に弓道をやりませんか!!

興味を持たれた方は、「佐久弓道会」の有澤会長へ連絡をお願いいたします。

電話:090-2405-1435です。

てんもり⑨

 

 

2017年 10月27

佐久平グルメを食べつくそう

 

今回は、私が行ってきました。イオンモール佐久平の近くにあるお店です。

私の大好きなスイーツのお店を紹介します。

 

「たい焼きパフェにこまる」は、たい焼きを使ったスイーツを販売するお店です。

オムライスのお店として知られる「スマイルキッチンふわとろ」の一角に、先月オープンしました。

このお店のオーナー、佐藤千鶴さんは、

インパクトのあるテイクアウトの出来るお店を作りたいとオープンさせたところ、

噂を聞きつけた女子高校生や、買い物帰りの家族連れなどが多く訪れています。

特徴的なのは、口を大きく開いた「たい焼き」。

この中に入るものとは、いったい何でしょう。

てん①

 

最初にご紹介いただくのは、「たい焼きソフト」。

4種類のソフトクリームから選べ、今回は抹茶味をお願いしました。

てん②

 

次にご紹介いただくのは、店の名前にもある「たい焼きパフェ」。

5種類の中から選べます。

てん③ (1)

 

最後にご紹介いただくのは、「たい焼きホットサンド」。

「あんこ」や「クリーム」を使っていないので、甘いものが苦手な方にもおススメです。

てん④

てん⑤

「たい焼きパフェにこまる」の住所は、佐久市佐久平駅南7-5

2001ビルの1階に有ります。

営業時間は、午前11時30分から夜8時まで。

定休日は不定休になります。

お問い合わせは、電話:0267-78-5633へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

今回は、佐久ケーブルテレビの西野キャスターが、

この時期の紅葉の楽しみ方を取材してきました。

てん⑥

 

今日、私が訪れたのは、小諸城址懐古園。

ここ懐古園は、全国の「桜名所100選」としても知られ、

春は桜、秋は紅葉として賑わう観光スポットです。

敷地内には400本を超える桜のほか、

モミジやカエデなどの樹々があり紅葉が始まっています。

そんな観光地を人力車に乗って観光案内していただけるサービスがあります。

早速、私も体験をしたいと思います。

てん⑦

てん⑧

てん⑨

 

人力車の御利用は、事前の申し込みが必要です。

予約や詳細については、電話:0267−24−7788、0267−24−7788または、

ホームページで「KIRAKUYA」、全てローマ字で「KIRAKUYA」と検索し、

「予約・お問い合わせ」のフォームからお問い合わせください。

てん⑩

 

-------------------------------

2017年 10月20

佐久平グルメを食べつくそう

 

今回は、お客さんに、たくさん食べて、飲んでほしいという意味が込められた佐久平駅近くにあるお店です。

ten1

 

最初にご紹介いただくのは、これからの寒い時期に大勢で囲んで食べたくなる鍋。

美味しいものを食べると「幸せだ」という言葉が正直に出てくる、

そんな料理を提供したいと考えています。

ten2

 

続いてのメニューは、料理長が自ら紹介をしたいという、こちらの料理です。

ten3

ten5

 

ten6

 

「蕎麦いざか家 田衛門」の住所は、佐久市佐久平駅北24-2 佐久平駅浅間口すぐ目の前です。

営業時間は、夕方4時30分から10時30分まで、ラストオーダーは10時です。

定休日は毎週月曜日で、月に2回、日曜日も休みになります。

お問い合わせは、電話:0267-66-3918へお願いします。

 

てんこもりオススメ情報

今回お邪魔した「カーリングホールみよた」は、

1998年に行われた長野冬季オリンピックの出場選手育成のために造られたカーリング専用の競技施設で、

オープンから22年を迎えます。

現在は県内外、160人の会員が所属し、先週の育成に力を注いでいるほか、

カーリングの体験もできる場所になっています。

ten7

 

カーリングをご指導いただくのは、

NPO法人あさまハイランドスポーツクラブの栗山博光さん。

今回は誰でも気軽にカーリングを楽しめる方法を教えていただきます。

ten9

 

「スティックカーリング」とは、障がいのある人や足腰の弱いシニアの人でも楽しめる競技で、

2000年頃にカーリングの盛んなカナダで生まれたスポーツです。

スティックと車イスで行う、チェアカーリング競技では、この施設で練習をしていた地元 長野のメンバーが、

2010年に行われたバンクーバーパラリンピックに出場。

「スティックカーリング」は近年、気軽に出来るカーリングとして人気も上がっています。

ten8

 

 

お問い合わせは、

NPO法人あさまハイランドスポーツクラブ、電話:0267-32-0019までお願いします。

尚、カーリング体験を行う場合、氷の上で履く室内用の靴が必要です。

必ずご準備下さい。

 

-------------------------------

2017年 10月13

佐久平グルメを食べつくそう

 

料理番組の影響を受けたという草間さんは、

料理学校や洋食専門のレストランなどで経験を積み、

2015年9月、生まれ育った臼田の地に自分の店をオープンしました。

そこで草間さんが目指したのは、

ナイフやフォークなどを使う堅苦しい洋食の作法を取り払った、気楽な気持ちで食べられるレストランでした。

こもり①

 

最初にご紹介いただくのは、子どもも大人も大好き!「エビフライ」と「ナポリタン」。

「ナポリタン」は、トマトソースと良くからむ、太めの生パスタを使い、

そこに存在感のある大きな「エビフライ」を2本!子どもに帰ったようで、気分も高ぶります。

こもり②

 

続いてご紹介いただくのは、牛と豚の合びき肉を使ったハンバーグを、じっくり煮込んだ「煮込みハンバーグのグラタン」。

今回は、サラダとパン・スープが付いたセットメニューでいただきます。

こもり③

こもり④

「洋食レストラン 一花」の住所は、佐久市田口5546-1

高原のパンやさん臼田店の中にあります。

営業時間は、昼が午前11時から午後2時まで、

夜が午後5時30分から8時30分までです。

定休日は毎週火曜日。また第2・第4日曜日は昼のみ営業します。

お問い合わせは、電話:080-5145-2971へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

浅科公民館の学習グループである「籐教室」は、

25年に渡り活動を続ける「籐細工」を学ぶ教室です。

現在、佐久地域から10人が参加。

皆さんと楽しく、小物入れや手さげカバンなどを作っています。

こもり⑤

こもり⑧

こもり⑥

 

「籐」の編み方は、編んでいく場所や 作るものによって、

「根じめ」「ら編み」「ざる編み」など数十種類の方法があり、

それらを組み合わせることで、大きなものや複雑なものまで、様々な作品を作ることが出来るそうです。

こもり⑦

 

浅科公民館の「籐教室」の活動は、

毎月、第2火曜日の午後1時30分から、浅科会館で行われています。

ご興味のある方は、浅科公民館、

電話:0267-58-3957までお問い合わせ下さい。

-------------------------------

2017年 10月6

佐久平グルメを食べつくそう

 

営業開始から38年を迎える中華料理の店「李紅蘭」。

初代店主の坂田登さんと、妻の美智子さんが切り盛りしていたこの店は、

平成9年に旧 佐久町から現在の田口へ移ってきました。

去年11月からは、軽井沢の中華料理店で修業をしてきた息子の俊さんが、

2代目店主として店に入り、親子3人で営業しています。

訪れるお客の殆どが、地元田口の皆さん。

お店には捕ってきた「蜂の子」や「ニジマス」を「使って!」と持ってきてくれる地元の常連さんがいて、

「地産地消」、料理として提供するメニューもあるそうです。

 

今、名古屋で流行りの「台湾らーめん」ですが、本場 台湾では「紅葱醤(ホンツォンジャン)」を使わないと

「台湾らーめん」とは呼ばないそうです。

「台湾らーめん」は、「辛さを堪えながら食べるもの」と思う人が多いようですが、

本場の味とは どのようなものなんでしょうか。

てん1 (1)

てん2

 

続いてご紹介いただくのは、「麻婆豆腐」。

お店に入ってきたお客さんが、「とりあえず麻婆豆腐!」と注文するという人気のメニューです。

こもり②

 

「李紅蘭」の住所は、佐久市田口3301-2です。

営業時間は、昼が午前11時から午後2時まで、夜が午後5時から8時30分までです。

定休日は毎週火曜日と毎月最終水曜日。

お問い合わせは、電話:0267-82-8686へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

今回、訪れたのは、佐久市小宮山にある弥生が丘団地を中心に活動する、「やよい体操」です。

この会は、遠出の難しい人たちが近場で気軽に体を動かしながら、

いつまでも元気に過ごせるよう、おととしの7月に設立されました。

会の代表を務めるのは、弥生が丘区に住む、菊池勉さん。

菊池さんは、日本ストレッチング協会の指導員の資格を取得し、参加する皆さんを指導しています。

てん4

てん5

会が目指すのは、長野県や佐久市が掲げる「世界一の健康長寿」。

いつまでも自分の足で歩けること、いわゆる健康寿命を延ばすのが目標で、

続けて体操を行ってほしいことから、会には「がんばらない」「他人と比べない」などの約束が存在します。

てん6

 

「やよい体操」の活動は、毎週 水曜日の午前10時から、弥生が丘区集会場で行われています。

弥生が丘区民中心の活動ですが、区外の方も参加可能ということです。

ご興味のある方は問い合わせてみてください。

お問い合わせ先は、電話0267-63-7127 代表の菊池勉さんまでお願いします

 

----------------------------------------

2017年 9月29

佐久平グルメを食べつくそう

 

今回は、地元や常連の客が足を運ぶラーメン屋を紹介します。

ドリフ世代の井出さんが代表を務める、「ラーメンいかりや」は、

地元の家族連れや佐久市街からの常連さんが足しげく通う野沢のお店。

13年前に岩村田でこの店をオープンし、5年前から現在の場所で営業を行っています。

店の近くには野沢北高校があり、生徒らが来店する事から、

野菜を大盛りにした「学生らーめん」を提供。

しょうゆ・味噌・塩・とんこつ など、多くのメニューを揃えた人気のラーメン店です。

 

最初にご紹介いただくのは、鳥で取った白湯スープを、塩ダレと合わせた「鳥ぱいたん麺(塩)」。

時間がたっても のびにくい、食感の良い細めの ちぢれ麺は、

全てのラーメンに合うようにつくられた特注のもの。

そこに半熟味玉やチャーシューなどを乗せた、若者に人気のラーメンです。

てん①

てん②

 

続いてご紹介いただくのは、「煮干し らーめん」。

しょうゆ味の このラーメンは、煮干しの風味を懐かしむ年長者に受け入れられるメニュー。

魚介ラーメンの人気を有ってか、結構、若い人がハマっているんだそうです。

てん③

てん④

 

「ラーメンいかりや」の住所は、佐久市野沢227-5です。

営業時間は、昼が午前11時30分から午後4時まで、

夜が午後5時から10時までで、日曜日のみ夜9時までになります。

定休日は不定休。

お問い合わせは、電話:0267-62-1115へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

「岩村田コーラス」には、高校生から83歳まで、幅広い人たちが参加し、

クラッシックから歌謡曲まで、誰もがコーラスを楽しめるよう、

様々なジャンルの楽曲を選び歌っています。

現在19人が所属。来月29日 日曜日には、

県の「母親コーラスまつり」が行われる事になっていて、

その時発表する曲を一生懸命練習しています。

てん⑥

てん⑤

先月まで行われていた、浅間会館の改築工事中には、

浅間中学校の音楽室を利用させていただき活動。

中学生との交流もあったそうです。

てん⑦

「岩村田コーラス」のみなさんと、一緒に活動してみたいと思われた方は、

浅間公民館、電話0267-67-2110へお問い合わせいただき、

その旨をお伝えください。

尚、活動は毎週 月曜日 夜8時からです。

 

-------------------------------

2017年 9月22

佐久平グルメを食べつくそう

 

平尾山公園内にある、「平尾温泉みはらしの湯」は、昨年12月にオープンした

上信越自動車道 佐久平パーキングエリアに直結する、温水利用型健康運動施設。

高速道路からのアクセスも良い事から、

地元のみならず県外からの利用者も多くいます。

「健やか」「癒し」「絆」の「三本の矢」をコンセプトに営業する そんな施設に、

和食を専門とする「食事処ひらね」が有ります。

こちらでは どんな料理が食べられるのでしょうか。

もり①[1]

もり③

 

最初にご紹介いただくのは、この施設のコンセプトを名前に付けるほど

関口さんが一押しする「ひらね天丼(三本の矢)」。

大きなエビが3本も乗ったメニューへのこだわり、説明していただきましょう。

もり②

 

続いてご紹介いただくのは、「とろろ蕎麦」。

県外のお客さんも多いことから、これぞ「信州のそば」という印象を強く感じてもらえるよう、

こちらも こだわりました。

もり④

 

「食事処ひらね」の住所は、佐久市下平尾2682、

平尾温泉みはらしの湯の施設内に有ります。

営業時間は、午前11時から夜の9時30分まで、ラストオーダーは8時30分です。

定休日は不定休。

お問い合わせは、電話:0267-68-0261へお願いします。月間500食以上注文される「自家製 鶏の唐揚げ」。こちらも人気です。

 

てんこもりおすすめ情報

今回は中込会館で、書道にチャレンジしてきました。

「佐久書道会」は、毎週 火曜日、中込会館で活動している学習グループです。

現在、46人が所属し、夕方は小学生が、夜は大人が書道を学んでいます。

講師を務めるのは、34年間、この会の皆さんを指導している、田中澄月先生。

田中先生は、子どもたちに字を上手に書くことより書道を通して集中力を養ってほしいと考えています。

そして、今回私を指導してくださるのは、会の代表を務める細谷三義さん。

細谷さんは、田中先生の活動をサポートしながら、会を支えています。

もr⑤

もり⑥

 

年に1回、昇段進級試験という、

段や級を上げるための試験があります。

今回、そのための手本を見ながら、文字を書かせていただきました。

もり⑦

 

中込公民館の学習グループ、「佐久書道会」の活動は、毎週 火曜日。

小学生が午後5時から、一般が午後7時30分から、それぞれ行われています。

ご興味にある方は、中込公民館、電話:0267-62-0504へお問い合わせください。

-------------------------------

2017年 9月15日

佐久平グルメを食べつくそう

 

中込に この6月オープンした「麺処くれしづき」は、佐久市田口生まれの北村裕嗣さんがオーナーを務めるお店。

18歳の頃から飲食店で経験を積み、その時 先輩から、「手に職を付けた方がいい」とアドバイスを受け、

新潟のラーメン激戦区で修業をしてきました。

ラーメン店を出すにあたり、今までのやり方ではダメだ!と強い信念を持ちながら生まれたお店が、反響の大きい このお店です。

 

それならば紹介してもらわない手はない!ということで、

北村さんがおススメする「塩ら~めん」つくっていただきます。

麺もスープも具材にも、これまでの常識を覆した北村さんの思いの詰まった1杯を、いただきま~す。

もり4

 

舌がパニックになるほど複雑な味に、コッソリと北村さんに教えていただきました。

「海鮮と和の調和」だそうです!

 

続いてご紹介いただくのは、若者に人気!「塩白湯めん」。

真っ白なスープを塩ダレに注ぐと、黄金色のスープへと変身。

そこへ先ほどの塩ラーメンと同じ中太のストレート麺、バーナーで炙ったチャーシューをトッピングすると、「塩白湯めん」の完成で~す。

もり5

 

「麺処くれしづき」の住所は、佐久市中込3466-5です。

営業時間は、昼が午前11時から午後3時まで、夜は午後5時30分から9時までです。

定休日は火曜日。

お問い合わせは、電話:0267-88-6447へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

田宮先生が行う、フラワーデザイン教室は、お母様の代から45年を迎え、

人気の高さもあって、20年前から野沢公民館の学習グループでも教室が立ち上がりました。

現在11人の皆さんが参加し、毎月テーマに沿って、月1回の活動をしています。

今回は、10月4日の「中秋の名月」に向けて「クレッセントライン」という三日月をイメージしたフラワーデザインをご指導いただきました。

もり9

もり11

もり10

 

「フラワーデザイン教室」は、毎月第2木曜日の午前10時から野沢会館で行われています。

ご興味のある方は、野沢公民館、0267-62-0116までお問い合わせください。

-------------------------------

2017年 9月8

佐久平グルメを食べつくそう

 

佐久平駅の東側にある「美楽飯店」は、元々 岩村田に有ったお店が、現在の場所に移転してきた中華料理のお店。

おじいさんの代から愛されてきた このお店は、3代目店長、山本徳光さんにより受け継がれています。

山本さんは、松本や東京で5年間の修業を経て、90年続く店の看板を守り続けています。

 

最初にご紹介いただくのは、「五目ヤキソバ」。

1番人気でもあるこのメニューは、ヤキソバが美味しくなる特注の麺を使い、たくさんの具材を麺の上にかけた「あんかけヤキソバ」です。

お店に来た人が迷わず頼んでしまうという その味、いただいてみますよ~

もり①

 

続いてご紹介いただくのは、「ギョーザ」。

毎週、水曜・木曜の夕方5時から7時には、「ギョーザ半額サービスDay」を実施。

この日は、お店に来るや否や「とりあえずギョーザ」と注文する人がほとんどだとか。

私も「ギョーザください!」って、言っちゃいますよ~

もり2

 

最後にもう1品。作っていただけるそうです。

もり3

 

「美楽飯店」の住所は、佐久市佐久平駅東15-9です。

営業時間は、平日の昼は午前11時から午後2時まで、

土・日・祝日の昼は午後3時まで営業。そして、夜は午後5時から10時までです。

定休日は火曜日で、祝日は営業します。

お問い合わせは、電話:0267-67-1542へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

「まちゼミ」は、商店主や取引先など、その道のプロが専門知識やコツを無料で提供する少人数制のゼミです。

今年、第2回目の「まちゼミ」は、先月29日から今月25日までの日程で、23のカリキュラムが組まれています。

今回お邪魔した、中込にある井出精肉店を経営する井出一典さんも講師を務めています。

井出さんは、まもなく発刊500号を迎える「中込商店街だより」の編集長をしており、

その作業を体験させていただきます。

もり6

もり7

 

「中込商店街だより」は、中込商店会のみなさんが集めた情報や原稿を、

井出さんがまとめてデザインしています。

井出さんも使いやすいからということで使用し、プロの皆さんも必ず使っているという

「イラストレーター」というソフトを使って、私も作業を体験させていただきました。

もり8

 

-------------------------------

2017年 9月1

佐久平グルメを食べつくそう

 

今回は、私てんこが行ってきました。

女性の大好きなメニューが揃ったフルーツおばさんの店です♪

 

「フルーツおばさんのCAFE 花水木」は、定年を機に 千葉からUターンしてきた山口孝子さんがオーナーを務める 、

フルーツ専門のCAFEです。

地域の皆さんに恩返しがしたいと、故郷である内山で おととし5月に店を開きました。

オープンから2年が過ぎ、口コミなどで広がったお店の評判は、県内外に多くのリピーターをつくるまでになったそうです。

 

最初にご紹介いただくのは、お店の1番人気「至福の果実トースト」です。

厚めのトーストの上に、バナナやキウイ・リンゴなど、15種類前後のフルーツを盛り付け、

見た目は開いた宝石箱のようです。

てん②

 

てん③

 

続いてご紹介いただくのは、デザートで人気の手作りプリンです。

てん④

 

 

「フルーツおばさんのCAFE 花水木」の住所は、佐久市内山3471です。

営業時間は、午前9時から午後4時まで、定休日は木曜日です。

まもなく「佐久高原コスモスまつり」も始まります。

コスモス街道沿いのお店ですので、お越しの際はぜひお立ち寄りください。

お問い合わせは、山口さんの携帯番号で、090-2672-4592へお願いします

 

てんこもりおすすめ情報

 

今回は、東御市へ行き、変わった芸術を堪能してきました。

東御市加沢にある「世界一 蜂の芸術館 蜂天国」は、国道18号から旧北御牧村へ向かう通り沿いにあります。

平成7年のオープン以来、ものめずらしさに多くの人が訪れる芸術館になりました。

一風変わったその芸術とは・・・オーナーにお話を伺います。

てん⑤

てん⑥

てん⑦

てん⑧

 

    

 

-------------------------------

8月25

佐久平グルメを食べつくそう

 

中込にある「和心」は、伊那出身の守屋 勝さんがオーナーを務めるお店。

守屋さんがこの世界に入ろうと思ったきっかけは、ご両親においしいものを食べさせてあげたいという強い想いからでした。

寮生活をしながら松本の高校で調理師の免許を取得。

高校卒業後には大阪の老舗料亭で修業を積み、その後 長野へ帰郷しました。

東信地域のホテルなどで仕事を続けていましたが、今回、念願かなって自分の店を持つことになりました。

てん1

 

ということで、最初にご紹介いただくのは「うな重」。

長野へ帰ってきてから ウナギ料理を学んだ守屋さん。

その時の味を再現しながら、タレを付けては焼き、また付けては焼き、も~我慢できません。

てん2

てん3

 

2品目は、夜に来店するお客さんに好評、国産のトリ肉を使った焼き鳥3本とビールのセット。

特にレバーはおススメで、焼く時間を絶妙にコントロールして、

クセが少ないと人気だそうです。

てん4

 

「和食処 和心」の住所は、佐久市中込2907-3です。

営業時間は、昼が午前11時30分から午後3時まで、

夜が午後5時30分から午後10時までで、ラストオーダーは閉店の1時間前です。

定休日は毎週 日曜日と第2月曜日で、第2月曜日が祝日の場合は営業します。

最大25名様までの宴会も承りますので事前にご相談ください。

お問い合わせは、電話0267-62-7556へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

「佐久気功教室」は、現在14人が参加していて、活動開始から今年で30年を迎えます。

なごやかな雰囲気の中、仲間の「気」を集め、自分の健康増進を図ることが目的の教室です。

てん5

てん6

 

 

臼田公民館の学習グループ「佐久気功教室」の活動は、毎週火曜日の夜7時から

8時30分まで、あいとぴあ臼田で行っています。

ご興味のある方は、臼田公民館、電話:0267-82-2106へご連絡の上、その旨をお伝えください。

てん7

 

 

-------------------------------

8月18

佐久平グルメを食べつくそう

 

中込にある「台湾料理 濠宴」は、オーナーである柴田さんが5年前にオープンしたお店。

日本に来て30年になる柴田さんが、ご自身のお子さんを育てている中、父兄のみなさんと食べ物屋を探していた時に、

台湾料理の印象があまりに違っていたことから、自分が本格的な台湾料理を食べさせてあげたいと思ったのがきっかけでした。

 

最初にご紹介するは、豚の骨付き あばら肉をハチミツデ炒めた、「蜜汁排骨」。

注文した全員が、「うまい」と絶賛する人気のメニューです。

てん①

 

続いてご紹介するのは、「ランチタイム定食」。

ランチメニューには、「A」と「B」、2つの定食が有り、

「A定食」は、ご飯、または肉みそご飯から、

「B定食」は、ご飯、または半ラーメンから、それぞれ選ぶことが出来ます。

また、「A」「B」それぞれの主菜料理は、11種類の料理の中から好きなものを1品選べるスタイルで、

このほか日替わりスープと漬物が付くリーズナブルなメニューです。

今回は「A定食」を、「肉みそご飯」で、主菜は「レバーの炒め物」で出していただきます。

てん④

てん③

 

「台湾料理 濠宴」の住所は、佐久市中込2-29-2です。

営業時間は、昼が午前11時から午後2時まで、夜が午後6時から午後11時までで、

金曜と土曜の夜は、深夜0時まで営業しています。

定休日は毎週火曜日。

お店の3階には、40名様まで入れる宴会場がありますので、是非、豪快な宴を開いてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせは、電話0267-63-6886へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

 

スターキッズ臼田リズム体操クラブは、子どもが簡単に出来る体の動きを、

楽しい音楽に合わせて表現する体操クラブです。

幼児から小学6年生まで40人が所属し、友達と仲良く体を動かし、出来た喜びを感じてもらうことがねらいです。

これらの活動は17年間続いていて、毎年12月には、子どもたちの成果発表会が行われています。

てん⑤

てん⑥

 

スターキッズ臼田リズム体操クラブは、毎週 水曜日と土曜日の夕方から、あいとぴあ臼田で活動しています。

活動する曜日が変則的になっていますので、体験や見学を希望する方、また、

ご興味のある方は、臼田公民館、電話:0267-82-2106までご連絡の上、確認をお願いいたします。

てん⑦

 

 

 

-------------------------------

8月11

佐久平グルメを食べつくそう

 

南米カフェ「カサ リブレ」は、その名の通り、南アメリカの料理を味わえるお店です。

お店の代表を務めるアラウさんは、南米パラグアイの出身で、5歳の時に家族と佐久市に移り住みました。

アラウさんは、自分の家で毎日食べていた南米料理を、多くの人にも味わってほしいと考え、

高校時代の友人と一緒に、この店をオープンしました。

 

最初にご紹介いただくのは、アラウさんイチオシの「エンパナーダ」。

パラグアイでは毎日食べるほどの国民食だそうです。

てん1[1]

 

続いてご紹介いただくのは、こちらもパラグアイの「ミラネサ」という料理。

香辛料で漬け込んだ牛肉を、パン粉を付けて揚げ、パンにはさんだ「カツサンド」のような料理です。

てん2[1]

 

ということで、もうひと品。

南米のデザートをいただきます。

てん3[2]

 

てん4[2]

「南米カフェ カサ リブレ」の住所は、佐久市岩村田760-2です。

営業時間は、午前10時から午後7時までで。

定休日は毎週月曜日と、第2・第4火曜日です。

お問い合わせは、電話0267-85-2884へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

浅科公民館の学習グループ「陶友会」は30年前、公民館の生涯学習活動として始まりました。

現在12人が所属。

お互いにアドバイスをしながら作品を作っています。

また、初心者や親子などを対象にした、陶芸教室も定期的に開いています。

てん5[2]

 

てん6[2]

ヘラや水で濡らしたスポンジを使いながら、形をきれいに整えていきます。

橋詰さんに手直しをしていただきながら、チョッと大きめの「ゆのみ」の形に仕上がってきました。

てん7[2]

てん8[1]

「陶友会」では、一緒に活動する仲間を募集しています。

ご興味のある方は、浅科公民館、電話:0267-58-3957までお問い合わせください。

 

-------------------------------

 

8月4

佐久平グルメを食べつくそう

 

今年4月にオープンした「めん食い処 わ」は、気軽に立ち寄ってもらえる店を目指し、

「人と繋がっていく」、人と人との「輪」の意味を込めて名付けました。

店のご主人、荒井信明さんは、サラリーマン生活を送っていた中、「いつかは飲食店を開いてみたい」と思っていたそうで、

第2の人生として実現した、「そば」「うどん」を提供するお店です。

荒井さんのお店がオープンする前には、「麺茶房つたや」という食堂がここで営業していました。

そのご主人が店をたたむのを機に、荒井さんが自分の店として営業を始めることになったそうです。

 

最初にご紹介いただくのは、「かき揚げそば」。

長野県産の「そば粉」と「小麦粉」を使った、二・八蕎麦は、ご主人の荒井さんが毎朝8時から作業を始める「手打ちそば」。

そして、自宅で採れた野菜をふんだんに使った「かき揚げ」は、奥様のゆきえさんが担当。

夫婦二人三脚で完成させるお勧めのメニューです。

てん3

 

続いてご紹介いただくのは、「生醤油うどん」うどんは前日に小麦粉からこねてひと晩寝かしたものを、

注文が入ってから のばして切ります。

「生醤油うどん」の特徴は「ごま油」。

煙が立ち上るほどフライパンで加熱し、ゆであがった うどんにかけて、「生醤油」「かつお節」と混ぜて完成。

いわゆる「ぶっかけ」うどんです。

てん7

 

「めん食い処 わ」の住所は、佐久市中込289-1です。

営業時間は、午前11時30分から午後3時までで、ラストオーダーは、2時30分です。

定休日は月曜日で、祝日と重なった場合は、翌日 火曜日になります。

お問い合わせは、電話0267-62-1007へお願いします。

 

てんこもりオススメ情報

 

臼田地区北川に、会の名前も存在しない、

「カラオケ」目当てに集まってくる皆さんがいらっしゃいます。

てん4

 

毎週 火曜日の午後、この場所に足を運ぶ皆さんは、全員で11人。内4名は、なんと90代なんです!

1回参加すると、5曲は熱唱して帰っていくそうです。

そもそもここでカラオケを行うようになったのは、地元でスナック店を経営していた人から、

カラオケの機器を譲り受けたことから始まります。

今では当たり前となった「通信カラオケ」ではないものの、

5300曲も入る「レーザーディスク」が揃っています。

 

てん5

 

 

-------------------------------

7月28日

佐久平グルメを食べつくそう

 

今年5月、望月の国道142号沿いにオープンした「光志亭」は、以前、

中込の「ととろ亭」で料理人をしていた、井出光成(いで みつなり)さんが代表を務めるお店。

店の名前でもある「光志亭」は、井出さんの名前「光成」の「光」と、「志」を持った店を目指す意味、

そして、井出さんがファンである「B’z」のヴォーカル、稲葉浩志さんの名前も意識しているそうです。

信州佐久安養寺らーめん会の会長を務めている井出さんは、料理の味付けとして「安養寺味噌」を使っているものも多く、

この店を「信州佐久のご当地グルメ」を生み出す店にしたいと考えています。

てん④

やはり「安養寺らーめん」は外せないということで、1品目は「光志亭」版「安養寺らーめん」

今年1月に取材で伺った「ととろ亭」。その当時との違いは何でしょうか。

てん①

てん②

麺は米粉を使った「もちもち」食感。

2品目は、ご当地グルメの店を目指す、井出さんの挑戦が始まった、新しい感覚の「塩らーめん」です。

てん③

「食材工房 光志亭」の住所は、佐久市協和2395-1

営業時間は、昼は午前11時から午後2時30分まで。

夜は午後5時から10時までで、日曜日の夜は午後9時閉店となります。

定休日は、「不定休」ですので、電話を掛けてから行くのがいいでしょう。

お問い合わせは、電話0267-78-5415へお願いします。

 

てんこもりオススメ情報

 

野沢公民館で活動する「あすなろ教場」は、詩吟を行う学習グループです。

昭和53年に活動を開始しましたが、人気が高く人数が増え続けたことから、

平成10年にグループを分け、そのうちのひとつが「あすなろ教場」です。

グループ名の「あすなろ」は、「明日になったら、もっと上手くなる」という想いを込めてつけたのが由来。

現在9人が参加する、楽しいグループです。

てん⑤

 

この日は、グループ内で最も長く詩吟を続けていらっしゃる、日向志げ子さんが先頭になり、皆さんで吟じていました。

てん⑥

最後に皆さんと、菅原道真公、「九月十日」を吟じました。

てん⑦

「あすなろ教場」の活動は、毎月 第2・第4 水曜日の午前10時から正午まで、野沢会館で活動しています。

ご興味のある方は、野沢公民館、電話0267-62-0116へお問い合わせください。

-------------------------------

7月21日

今日は放送回数100回記念♪過去を振り返りました(^^)

てんもり①

 

『佐久平グルメを食べつくそう!100回記念バージョン』

これまで放送してきた「佐久平ぐるめ」の中から、××(チョメチョメ)な場面を集めた特別バージョン。

てんもり②

てんもり③

 

『てんこもりおすすめ情報100回記念バージョン』

今回は、これまでの放送を、私たちリポーターごとに振り返る特別バージョンです。

てんもり⑤

てんもり⑥

てんもり⑦

100回目を迎えるにあたり、取材に協力して頂いた皆様、本当にありがとうございました!

これからも、皆さまのところへお伺いさせて頂きます。

“てんこもり佐久平”をよろしくお願いします☆

 

-------------------------------

7月14日

佐久平グルメを食べつくそう

中込の佐久医療センター4階にある「ラ テール」は、佐久医療センター開院とともにオープンした、

眺望豊なレストランです。

もりてん①

営業を始めるにあたり、健康長寿のまちを目指す考えから、店のイメージやメニュー開発など、

病院と店で一緒に考えたということです。

店の名前である「ラ テール」は、フランス語で「大地」という意味。

佐久総合病院が掲げる「農民とともに」という言葉から生まれた名前だそうですよ。

春には佐久医療センターの周りにある桜並木が俯瞰で見えるほか、

8月15日の野沢花火大会も窓から綺麗に見えるそうですよ。

 

最初にご紹介いただくのは、「彩り野菜と信州ポークのヘルシー坦々うどん」。

彩り豊かな たっぷりの野菜と信州ポークに稲庭うどん、健康を考えたヘルシーメニューです。

もりてん②

 

続いてご紹介いただくのは、「山賊焼き定食」。

病院内のレストランでもガッツリと食べたい方へ人気のオススメメニューです。

自家製ドレッシングをかけて完成です。

もりてん③

 

レストラン「ラ テール」の住所は、佐久市中込3400-28、

佐久医療センターの4階です。

営業時間は、病院の診療日である月曜日から金曜日と第2・第4土曜日が午前10時から夜8時まで。

休診日であるそれ以外は、午前11時から午後5時までです。

定休日は、病院が休みとなる年末年始のみ。

お問い合わせは、電話0267-64-6007へお願いします。

 

 

てんこもりおすすめ情報

私は今回、パステル画教室に伺いました♪

現在、教室で活動しているのは10人。

発足当時から続けていらっしゃる方がほとんどです。

そんな皆さんを指導するのは、市川 大一郎先生です。

いいところは優しく褒めてくださるそうで、参加する皆さんから人気の先生です。

もりてん④

パステルで色をぬったら、指を使って広げていきます。

こうすることで ぼんやりとしたパステル画特有の優しい色のりになっていきます。

もりてん⑤

 

 

絵を描くことに苦手意識の有った私でも、すてきなパステル画が出来ました。

浅間公民館の学習グループ「初心者パステル画教室」は、

毎月、第2・第4 水曜日の午前10時から正午まで活動しています。

現在、佐久市市民創錬センターを会場に行っていますが、9月に新浅間会館が完成したら、

そちらに移って活動をします。

パステル画にご興味のある方は、「浅間公民館」電話0267-67-2110へお問い合わせください。

もりてん⑥

 

-------------------------------

7月7日

佐久平グルメを食べつくそう

 

今回は、健康志向の方にお勧め!ヘルシー料理。景色でお腹いっぱい !!

 

根岸にある「のぞみサンピア佐久」は、有料老人福祉施設としての顔を持ちながらも、

一般の皆さんも利用可能な温泉やエステ・ドッグラン・テニスコートなどがある家族で楽しめる複合施設です。

そんな施設の中にある「レストラン エスポワール」は、施設入居者への食事提供をしながらも、一般の方も気軽に利用できるレストランです。

県外からの施設入居者が多いそうですが、八ヶ岳水系のおいしい水と、地元 五郎兵衛米をつかった料理は、評判ということです。

そんなお店の店長を任されている工藤さんに、お勧めのメニューをご紹介いただきます。

 

健康になって帰らせていただくために作っていただくのは「ヘルシーセット」。

メイン料理は「鶏肉」「魚」から選べるそうです。

施設には栄養士と6人の料理人が居て、塩分控えめの低カロリーの健康志向メニューが多くありますよ。

もり②

 

続いてご紹介いただくのは「プレートセット」。

最近流行っていますよね、ワンプレートに乗ったメニュー。

ひとみ

 

「のぞみサンピア佐久」の住所は、佐久市根岸3203-2

レストラン エスポワールの営業時間は、昼11時から夜8時30分まで、ラストオーダーは8時です。

定休日は毎週第3木曜日、お問い合わせは、電話0267-63-3900へお願いします。

もり③

 

てんこもりおすすめ情報

今回私は、体験をしている皆さんに会いに行ってきました。

その皆さんをリポートします。

 

毎年、市内小学生を対象に、公民館の役割とそこで活動するみなさんとの交流を目的に体験学習を行っています。

7月5日 水曜日には、切原小学校の子どもたちが あいとぴあ臼田を訪れ、臼田公民館の5つの学習グループ活動を体験しました。

私が最初にお邪魔したのは木彫教室です。

もりてん⑤

児童のみなさんが体験しているのは、子どもたちの好きなキャラクターが描かれたレリーフの彫刻です。

最近 彫刻刀使うことが殆ど無くなっている小学校も多いそうですが、子どもたちが興味を示すものから楽しさを知ってほしいと考えたそうです。

 

もりてん④

 

先日私も体験させていただいた編物教室です。

もりてん⑥

 

 

 

-------------------------------

6月30日

佐久平グルメを食べつくそう

取手町にある十一屋本店は、懐石料理などの日本料理も提供し、

創業30年を迎える地元から愛される蕎麦屋です。

お店の経営と料理長を務めるのは足立俊彦さん。

足立さんのお母様とお母様の姉妹がこの店をはじめるきっかけとなった暖かいストーリーがあります。

 

 

最初にご紹介いただくのは、「ざるそば」。

浅科や望月産のソバの実を仕入れ、足立さんの自宅で製粉し、

お母様の千枝子さん毎朝6時から打つという手打ちのそばです。

てんこ

 

 

続いてご紹介いただくのは、「豚カレー南蛮」。

お蕎麦屋さんの定番メニューですが、「じっくりコトコト」とろみをつける こだわりがあるそうですよ。

てんこ2

 

てんこ3

十一屋本店の住所は、佐久市取手町462-1

営業時間は、昼が午前11時から午後3時まで、夜は午後5時から午後9時までで、

ラストオーダーは閉店の30分前、定休日は火曜です。

お問い合わせは、電話0267-63-1363

 

てんこもりおすすめ情報

野沢公民館の学習グループとして活動する「水墨画教室」は、平成13年に設立。

現在15人が所属しています。

講師を務めるのは、市内在住の諸澤 天成先生です。

てんこ4

諸澤先生は、毎月季節に合ったお題を考え作品を描き、その作品を基に生徒さんが転作をしていきます。

生徒さんが描いた作品は、諸澤先生が1つ1つチェックをしてアドバイスをくださるそうです。

てんこ5

 

諸澤先生は、筆の太さや墨の濃淡を変えながら、一気に描き上げていました。

私は筆の運びがぎこちなかったので、お手本の上に紙を乗せて上からなぞることにしました。

 

 

野沢公民館の「水墨画教室」は、毎月 第2・第4 火曜日の午後1時から3時まで活動しています。

ご興味のある方は、野沢公民館 電話0267-62-0116へお問い合わせいただき、

その旨を公民館職員へお伝えください。

 

 

-------------------------------

6月23日

佐久平グルメを食べつくそう

取手町(とりでまち)にある十一屋本店は、懐石料理などの日本料理も提供し、

創業30年を迎える地元から愛される蕎麦屋です。

お店の経営と料理長を務めるのは足立俊彦さん。

足立さんのお母様とお母様の姉妹がこの店をはじめるきっかけとなった暖かいストーリーがあります。

 

最初にご紹介いただくのは、「ざるそば」。

浅科や望月産のソバの実を仕入れ、足立さんの自宅で製粉し、

お母様の千枝子さん毎朝6時から打つという手打ちのそばです。

 

続いてご紹介いただくのは、「豚カレー南蛮」。

お蕎麦屋さんの定番メニューですが、「じっくりコトコト」とろみをつける こだわりがあるそうですよ。

 

十一屋本店の住所は、佐久市取手町462-1

営業時間は、昼が午前11時から午後3時まで、夜は午後5時から午後9時までで、

ラストオーダーは閉店の30分前、定休日は火曜です。

お問い合わせは、電話0267-63-1363

 

佐久平グルメを食べつくそう

野沢公民館の学習グループとして活動する「水墨画教室」は、平成13年に設立。

現在15人が所属しています。

講師を務めるのは、市内在住の諸澤 天成(もろさわ てんせい)先生です。

諸澤先生は、毎月季節に合ったお題を考え作品を描き、その作品を基に生徒さんが転作をしていきます。

生徒さんが描いた作品は、諸澤先生が1つ1つチェックをしてアドバイスをくださるそうです。

 

諸澤先生は、筆の太さや墨の濃淡を変えながら、一気に描き上げていました。

私は筆の運びがぎこちなかったので、お手本の上に紙を乗せて上からなぞることにしました。

 

野沢公民館の「水墨画教室」は、毎月 第2・第4 火曜日の午後1時から3時まで活動しています。

ご興味のある方は、野沢公民館 電話0267-62-0116へお問い合わせいただき、

その旨を公民館職員へお伝えください。

 

 

-------------------------------

6月23日

佐久平グルメを食べつくそう

猿久保にある「ベリーベリースープ紅屋」は、スープの専門店として開業し6年目になります。

オーナーを務める上原 徳重(のりしげ)さんは、子どもの頃から料理を作るのが好きで、

この世界に入りました。

10種類を超えるスープには、「食べるスープ」「飲むスープ」が有り、特に女性から人気を集めています。

てんこ看板

 

先ず作っていただくのは、自慢のスープ以外に上原さんが1番おススメしたいという

「信州黒毛和牛ハンバーグ」。

サイズは150グラムから250グラムまで、S・M・Lの3つから選べ、

中には佐久の名産となっているあるものが使われているそうですよ。

てんこハン

 

お店の殆どのメニューには、「パン」または「ごはん」、

3種類から選べるスープなどA・B・Cの3つのセットメニューが追加で付けられます。

 

続いて紹介いただくのは、「きのことソーセージの和風ポトフ」。

スープ専門店に来たからには、注文せずに帰れませんよね。

てんこスー

 

「ベリーベリースープ紅屋」の住所は、佐久市猿久保876-1

営業時間は、昼が午前11時から午後3時、夜が午後5時30分から10時で、

ラストオーダーは、昼が午後2時30分、夜が午後9時30分です。

定休日は「不定休」ですので、電話であらかじめ確認してから行くといいでしょう。

お問い合わせは、電話050-5887-8470へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

現在皆さんは、今年9月に行われる太極拳の大会に向けて練習をしています。

「総合太極拳」とは、競技用として統一された太極拳で、様々な動きが組み合わさった難易度の高いものです。

 

今回ご協力いただいたのは、野沢公民館の学習グループ「太極拳のざわ」さんです。

現在15人のみなさんが、毎週 火曜日の午後に活動しています。

代表の佐々木 美代子さんにお話を伺いました。

てんこ先生

 

太極拳は、「式」という短編的な一連の動きがあり、

それを続けて演舞することで「24式」「48式」「88式」などと呼ばれていくそうです。

ちなみに最初にみなさんが演舞していた「総合太極拳」は、「42式」となります。

物音ひとつしない会場に、私はいつになく緊張感を味わいました。

てんこ②

 

「太極拳のざわ」の活動は、毎週 火曜日の午後1時30分から3時まで、野沢会館で行われています。

ご興味のある方は、是非見学に訪れてみてください。

お問い合わせは、野沢公民館0267-62-0116へお電話をしていただき、

公民館の職員の方へその旨をお伝えください。

てんこ大極

 

 

 

-------------------------------

6月16日

佐久平グルメを食べつくそう

JR臼田駅の南側にある若松食堂は、60年前にオープンした昔ながらの大衆食堂です。

店主を務めるのは、2代目の小山 義一さん。

奥さんの千恵子さんと一緒に、お父さんが立ち上げた店を40年以上に渡り守り続けています。

10年前からは、義一さんの息子、3代目の康義さんが、店を手伝っています。

康義さんは、神奈川県の洋食レストランで働いていたこともあり、

和洋の料理を提供する食堂として今も地元の人に愛されています。

 

1品目は、3代目の康義さんが生み出した「カレーライス」。

今まで和食中心だった若松食堂に洋食メニューを加えました。

地域活性へ向けて頑張って作った「カレーライス」は、どんな味でしょうか。

Still0621_00012

 

2品目は、3代に渡り味を受け継いできた「ラーメン」。

こちらは店主である2代目の義一さんが腕を振るいます。

Still0621_00016

 

若松食堂の住所は、佐久市下越155-12

営業時間は、昼が午前11時から午後2時まで、夜が午後5時30分から8時30分までで、

定休日は日曜日です。

お問い合わせは、電話0267-82-2443へお願いします。

 

てんこもりオススメ情報

須田先生は、平成6年から「編物教室」の講師を務めています。

臼田公民館の学習グループとして活動する14人の生徒さんには、

自分が作りたいと思うものを自由に選んでいただき、

出来上がった時の喜びを次の作品作りの糧にしてほしいと考えています。

「ベスト」や「セーター」・「カーデガン」・「小物」など、月に1から2作品を作り、

参加者の皆さんと和気あいあいとした時間を過ごしています。

 

「エコたわし」は、洗剤を使わず洗い物が出来るという優れ物。

「きゅうす」や「湯呑み」の茶しぶも落せるそうです。

Still0621_00023

 

時間をかけて じっくりと教えていただいた結果、徐々に編む速度が上がってきました。

Still0621_00026

 

臼田公民館の学習グループ「編物教室」は、毎月第2、第4 火曜日の午後1時から4時まで、

「あいとぴあ臼田」で活動しています。

参加に興味のある方は、臼田公民館、電話0267-82-2106へお問い合わせ下さい。

 

-------------------------------

6月9日

佐久平グルメを食べつくそう

海鮮魚介類とお肉がおいしそ~う。店内が おしゃれな岩村田にあるお店に行ってきました。

「磯すき亭 市」は、オープンから10年、店の名前の由来となった「すき焼き」と「海鮮料理」がウリです。

元々、夜のみの営業でしたが、5年前から昼の営業を開始、これに伴いメニューを増やしました。

 

最初にご紹介いただくのは、鳴門海峡や静岡・築地から仕入れている海の幸をたくさんのせた海鮮重。

フタを開けるのが楽しみと思うネーミングを考えた結果、ついた名前は「海鮮玉手箱」。

昼の人気メニューです。

Still0614_00011

 

続いてご紹介いただくのは、オーナーが いち押しで名前をあげた「大海老フライ」。

昼・夜 食べられるメニューで、夜は単品として、美味しいお酒のつまみとして人気です。

今回は、昼に提供する定食として出していただきました。

Still0614_00014

Still0614_00015

「磯すき亭 市」の住所は、岩村田3162-12

営業時間は、昼が午前11時30分から午後2時30分まで。

夜が午後5時からで、閉店時間は、平日と日曜日が午後11時、金曜・土曜日と祝日の前日は、深夜0時です。

ラストオーダーは、閉店の30分前で、定休日は不定休です。

お問い合わせは、電話0267-65-9009

 

佐久平おすすめ情報

フラ・プルメリア ポラリス野沢は、野沢公民館の学習グループとして活動する団体です。

まだフラダンスを踊る一般の人が少なかった17年ほど前に50人のメンバーで創立しました。

みなさんを指導するのは、フラ・プルメリア眞次スタジオの、眞次トシ江さんです。

眞次さんはハワイへ旅行で行った際、フラダンスと出会い、年齢に関係なく気軽に続けられると感じ、

ご自身もフラダンスを始めました。

現在は東信地域一帯に多くの生徒さんをかかえる指導者です。

Still0614_00024

 

フラダンスには、およそ280種類のステップがあるそうです。

また手の動きは、手話のように物や言葉を表現します。

「花」や「風」、「波」など、何種類ものステップや手の動きを組み合わせ、

音楽に合わせてストーリー表現をします。

Still0614_00025

 

フラ・プルメリア ポラリス野沢の活動は、毎月第1・第3・第4水曜日に野沢会館で午後1時30分から3時まで、

眞次先生ご指導のもと練習をしています。

他の地域で活動している眞次先生のお弟子さんや生徒さんとの交流や、合同の舞台発表もあるそうですよ♪

Still0614_00027

 

-------------------------------

6月2日

佐久平グルメを食べつくそう

今回は、つながり・継続・人々の縁を大切にし、空間や食などを通じて環境や健康にまでこだわるというお店を

紹介します。

 

2014年9月にオープンした、平賀の「Maru Café」。

オーナーの柳澤真理さんは、人との縁、つながりを大切に考え営業しています。

「Maru Café」の丸にはそんな想いがあるそうです。

 

柳澤さんは大学で学ぶ中、環境や健康の問題を目の当たりにし、

自分は何ができるだろうかと考えた時に行きついたのが、今の仕事だったそうです。

師と仰ぐ望月の職人館、北沢さんから、「料理は生産者がつくる食材に手を入れすぎると美味しさが失われる」

という教えをいただき、柳澤さんも同感したそうです。

柳澤さんの味付けは、いたってシンプル。

食材そのものが持つ自然の味を組み合わせることで完成する料理は、

様々な食感と風味をおりなす芸術品となっています。

Still0607_00013

 

続いて、ジャガイモをつかったスープをいただきます。

Still0607_00014

 

「Maru Café」の住所は、佐久市平賀5341-1

営業時間は、午前11時30分から午後4時まで。

定休日は、月・火・水曜日です。

お問い合わせは、電話0267-62-8416

Still0607_00009

 

てんこもりおすすめ情報

大越さんは、高校時代ペアを組んでいたという、バドミントン部だった同級生と、

「また一緒にやろう」と話が進み、Sakuシャトル会を設立しました。

活動を始めてから丸2年、20代を中心に、58人が所属しています。

ラケットの握り方や打つ時のフォームなど、大越さんから教えていただき、先ずは打ち合いから始めました。

 

Still0607_00022

 

サーブを練習しないとゲームが始まらないので、サーブの打ち方を教えていただきました。

Still0607_00021

 

Sakuシャトル会は、毎週月曜の午後7時30分から、野沢体育館や浅間体育センターで活動しています。

バドミントン経験者が多く所属していますが、未経験者の方も気軽に参加できる会にしていきたいと、

考えています。

ご興味のある方は、ホームページから「Sakuシャトル会」で検索し、

メールアドレスからお問い合わせいただけます。

 

 

-------------------------------

5月26日

佐久平グルメを食べつくそう

この夏でオープンから丸2年を迎える、中込の「からあげや さくから」。

店長の菊池 洋二さんは、脱サラして飲食の世界へ転身、お客さんの喜ぶ姿を見たいと考え今の店を開きました。

とにかく菊池さんは子どもが大好き。

「からあげやさん」を選んだのも、子どもが来てくれる店にしたいと思ったからでした。

 

最初にご紹介いただくのは、「さくから」一押しの「からあげ しょうゆ味」。

「鳥のもも肉」を、味の決め手となる「しょうゆダレ」に じっくり漬け込み、片栗粉のみをつけて油で、

揚げていきます。

片栗粉を使っているから、こだわりの食感や風味のいい「からあげ」に仕上がるのだそうです。

Still0601_00007

 

次にご紹介いただくのは、「軟骨」と「砂肝」のからあげです。

「焼き鳥」としては おなじみの食材ですが、下味をしっかりつけて「からあげ」にすると

また独特な食感と風味が現れます。

Still0601_00010

Still0601_00012

 

「からあげや さくから」の住所は、佐久市中込1-21-12

営業時間は、午後3時から午後8時まで。定休日は日曜日です。

お問い合わせは、電話0267-85-1172です

 

てんこもりおすすめ情報

 

浅間囲碁会は毎週水曜日、浅間公民館の学習グループとして活動する団体です。

多くの人たちとの交流を目的として、平成4年の創立。

現在56人で活動しています。

Still0601_00018

 

私の相手をしていただくのは、2年前からこの会で囲碁を本格的に始めたという、

長谷川健二さんです。

「ボケ防止になる」と話す 長谷川さんですが、先輩方と対局するために、本やテレビで一生懸命囲碁を勉強する

努力家です。

Still0601_00021

囲碁は石で囲んだ自分の陣地を多くした方が勝ちなので、少ない手数で同じ大きさの陣地を取るには、

隅のから攻めた方がいいということです。

金井さんからアドバイスをいただきながら石を置いて行きました。

手を抜いて対戦してくださる長谷川さんですが、初心者の私はどんどん攻め入られていきます。

それを必死に金井さんがフォローしてくださいます。

私の囲碁初対戦は、15分ほどで終局を迎えます。

この勝負、白、105目、黒、90目で、私の負けです。

Still0601_00022

 

浅間囲碁会の活動は、毎週水曜日、午前9時から午後3時30分まで、

佐久市猿久保の「老人福祉センター長寿閣」で行われています。

市内で活動する ほかの囲碁会のみなさんと定期的に大会を開き、交流を深めています。

興味のある方は、佐久市中央公民館、電話0267-66-0551へご連絡いただき、

浅間公民館の担当者から浅間囲碁会の情報を伺ってください。

尚、浅間囲碁会の活動場所につきましては、浅間会館が完成次第変更されますのでご注意ください。

 

-------------------------------

5月19日

佐久平グルメを食べつくそう

望月の国道142号線にある「味処 こまがた」は、長年営業する「こまがた直売所」を利用するお客さんから、

食事をする場所が欲しいという要望から営業を始めました。

市内の公民館で「ソバ打ち」の講師もしている土屋しのぶさんが店をきりもり。

「おふくろの味」を思い出す、そんなお店です。

 

1品目は、店の看板メニューでもある「味噌かつ丼」。

佐久市地産地消推進の店でもある「味処 こまがた」は、地元産の食材をふんだんに使うことにこだわり、

お米はなんと!土屋さんのお宅で採れたものを使っているそうです。

Still0526_00006

 

このご飯の上に揚げたての「カツ」を乗せ、「ヒミツ」なものを混ぜているという「味噌ダレ」は、

味噌の風味をじっくり味わってほしいことから、食べる前にかけるスタイルをとっています。

「味噌かつ丼」と一緒に、旬の地元食材を使った「煮物」や「つけもの」なども付いてきます。

Still0526_00007

 

2品目は、米の粉の麺「ミーセン」を使ったサラダ風のうどんつけ麺。

ゆであがった麺の上には、こちらも地元産の野菜をふんだんに乗せ、麺のつけ汁には、

「味噌かつ」で使っているのと同じ「雁喰味噌」を使った味噌風味のつけ麺です。

Still0526_00008

 

実は・・・〝ミーセンを使ったつけ麺〟にはまだ名前がついておらず、

もりおさんが命名しました☆

「♪てんこもり サラダミーセン ポンッ♪」

Still0526_00010

 

「味処 こまがた」の住所は、佐久市布施449-1

国道142号線沿いの新望月トンネル東側、直売所の看板を目印にすると探しやすいです。

営業時間は、午前10時から午後3時まで。

定休日が不定休となっています、

あらかじめ電話をしてから行くのがいいでしょう。

お問い合わせは、電話0267-53-5811

 

てんこもりオススメ情報

浅間剣舞同好会は、浅間公民館の学習グループとして活動する団体で、現在8人が所属しています。

子どもの頃に「刀(カタナ)」を持って舞う華麗な姿を見て、自分もやってみたいという気持ちから、

剣舞を始めた人も多いそうです。

剣舞同好会の皆さんを指導する、北沢洵一さんも子供の頃に見たという剣舞にあこがれて始めた1人です。

そんな北沢さんに私も剣舞を教えていただきました。

Still0526_00016

 

最初に扇子の開き方を教えていただきましたが、なかなかうまく出来ません。

結局扇子を開けず、先に進めていただきました。

Still0526_00018

 

いよいよ「刀」を使った舞いに挑戦です。

Still0526_00019

 

ひととおり教えていただいたところで、「詩吟」に合わせて剣舞同好会のみなさんと踊りました。

Still0526_00021

浅間剣舞同好会の練習日は、第1・第3水曜日の午後7時30分から9時まで。

志賀にある「東会館」で行っています。

興味のある方は見学に行ってみてはいかがでしょうか。

お問い合わせは、佐久市中央公民館、電話0267-66-0551へご連絡の上、

剣舞同好会代表の荻原信枝さんの連絡先を伺ってください。

 

-------------------------------

5月12日

佐久平グルメを食べつくそう

 

先月20日にオープンした洋菓子店「ブレーメン」。

店を開くきっかけは、店舗を運営する「株式会社グリム」の代表取締役社長を務める高橋 博美さんが、

「青バツ」、青大豆を使った佐久の名産品を作りたいという想いからオープンへ向けたストーリーが、

始まります。

この想いを抱いた「ロバ」の高橋社長と、志を同じくした「イヌ」「ネコ」「ニワトリ」が合流。

4人が心を一つにして夢をかなえ始めたこの店は、正に「ブレーメンの音楽隊」そのものです。

 

高橋社長の想いを形にしていく中で、「青バツ」は洋菓子との相性も良く、

店では3種類の洋菓子が売り出されています。

先ずは一番人気の「ブレーメンのモンブラン」。

Still0519_00003

 

2品目は、「青バツ」を「きなこ」にして使った「ブレーメンのクッキー」です。

食感を良くするために、焼き加減を計算しつくした こだわりの逸品です。

Still0519_00004

 

ソフトクリームも楽しみですが、「ブレーメン」では、生菓子や焼き菓子20種類を販売しています。

今後の新商品にもご期待ください。

尚、あさって14日の母の日限定「母の日ロール」を準備しました。

日ごろの感謝の思いを込めて、ブレーメンの美味しいケーキはいかがでしょうか。

価格は税別1800円。予約は必要ありませんが、数に限りがありますので

お早めにお願いします。

 

Still0519_00006

 

洋菓子店「ブレーメン」の住所は、佐久市内山7174-3。

営業時間は、午前10時から午後7時まで。

定休日は月曜日で、月曜日が祝日の場合は営業します。

お問い合わせは、電話0267-78-5902へお願いします。

 

 

てんこもりオススメ情報

佐久市総合体育館の2階で活動している、佐久市レスリング教室クラブ。

小中学生がトレーニングを積む教室の活動に参加してきました。

指導をいただくのは、吉沢剛監督です。

Still0519_00013

 

平日の練習は基礎体力を高めるトレーニングが中心だそうです。

瞬発力を付けるための、両足でのジャンプからはじめました。

大股ジャンプに続いて、腿を高く上げるジャンプ。アリーナ1周を全力ダッシュ。

腕立て伏せや背筋のトレーニングと続いていきます。

Still0519_00012

 

活動31年目を迎えた佐久市レスリング教室クラブ。

現在は、小学校1年生から中学校2年生まで、11人が参加しています。

昨年度、このなかから全国大会で2人が優勝するなど、みんなの実力は全国クラス。

レベルの高い練習がしたいと、上田のクラブから通ってくる生徒もいるそうです。

 

レスリングの攻撃のすべての基本となるタックル。教室で子どもたちは、タックルの練習を繰り返し行います。

佐久市レスリング教室クラブの設立時にクラブに参加して以来、高校、大学と、

レスリングを続けてきた吉沢監督。

地元・佐久での就職を機に、自らが育ったクラブの指導者に就任しました。

指導の基本は「攻めるレスリング」です。

 

あっという間に転がされてしまう私。ユウセイ君のタックルに、反応することすらできません。

ユウセイ君をはじめ、多くの子どもたちの目標は全国制覇。

今は、7月に北九州市で行われる大会へ向けて、トレーニングの真っ最中です。

吉沢監督も、子ども達の高い目標に答えるべく、あえてハードなトレーニングを課していると話していました。

 

佐久市レスリング教室クラブは、佐久市中込2939の佐久市総合体育館で練習しています。

対象はおおむね小学生で、見学も大歓迎。

詳しくは、吉沢剛監督。電話090-7406-6106へお問い合わせください。

Still0519_00017

 

-------------------------------

5月5

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう

昨年2月にオープンした新子田の「ら~めん食事処ひまわり」。

常に進化しつづけることにこだわり、33年間ラーメンを作り続ける、店長の荒井定夫さん。

誰もが食べても「うまい」と言ってくれる料理を提供したいと考えています。

店内のメニューは、ラーメン・定食のほか一品料理を含めると50種類以上。

お客さんからメニューに無いものを作ってほしいと言われ、新しくメニューに追加されたものもあるそうです。

麺は太さに応じて使う粉の配合を変え、中華そばで使う細麺には「パスタ」にも使う「ディラム小麦」の粉を、

ブレンド。

全てのメニューに合うように作られた「あっさり」としたスープは、

トリ・ブタ・魚介をベースに毎日仕込んでいます。

Still0512_00003

 

2品目は、下味を「しっかり」付けた鶏肉を片栗粉で揚げた、荒井さん絶対自信の逸品「からあげ」です。

単品のほか、ごはんとスープがついた定食も有ります。

「からあげ」は単品のほか、昼は「からあげランチ」、

夜は「からあげライス」と定食としていただくことができます。

Still0512_00004

 

ら~めん食事処ひまわりの住所は、新子田1964-1

営業時間は、昼が、午前11時30分から午後2時30分まで。

夜が、午後5時から10時まで。

毎週月曜日が定休日です。

お問い合わせは、電話0267-77-7556

 

宴会の対応も可能で、今月中旬からはビアガーデンもオープンする予定です。

 

てんこもりオススメ情報

今回ご紹介する場所には、多くの方が一度は足を運んだことがあるかもしれません。

市民の皆さんに親しまれている文化施設、「佐久平交流センター」の意外と知らない利用方法を、

伺ってきました。

まずは、センターのメイン、1階の大ホールに足を踏み入れました。

Still0512_00012

2階と3階には、さまざまな大きさの会議室や研修室が設けられています。

 

特に1階の音楽室は、使われない日はない程の人気ぶり。

優れた防音設備と、壁の一面が鏡張りになっている部屋は、楽器やダンスのほか、

結婚式の余興の練習で使う方もいるそうですよ。

なお、センターでは今後、すべての部屋の予約状況を、ホームページで確認できるようにしていく予定です。

取材当日も、8月にセンターのホールでコンサートを開催するグループが、

打ち合わせ会議を開いていましたよ。

Still0512_00013

佐久平交流センターの住所は、佐久市佐久平駅南4-1

利用時間は、午前9時から午後10時まで。

毎月第1と第3水曜日、年末年始が休館となります。

予約の方法や利用の申し込みなど、詳しくは電話0267-67-7451

-------------------------------

4月28

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう

昨年10月にオープンした、海鮮料理を売りにした中込の「築地 佃半」

マスターの吉田 仁さんは、東京都中央区佃の出身。

定年を期にこの地で店を開きました。

 

ごはんの上に、築地から仕入れた「まぐろ」「いか」「えび」・・・

マスター目利きのおいしい魚を次々と、7種類から8種類。

「セリ人」の経験から、いいものを、一番おいしい状態で出すのがこだわりです。

Still0505_00005

 

次にご紹介いただくのは、三陸産の帆立を使ったバター炒め。

やや小ぶりの帆立を使うのは「味が良いから」と言うマスターの経験によるもの。

Still0505_00006

 

そしてもう一品、マスター1番のお勧めが「焼がき」。

絶対の自信を持つのには、理由があります。

カキの「セリ人」だからこそ知る、おいしいタイミング。

5月中旬になると、おいしい「カキ」は出回らなくなるそうで、食べに行かないのはもったいない!

Still0505_00007

 

築地 佃半の住所は、佐久市中込2950

営業時間は、昼が午前11時30分からで、ラストオーダーが午後2時。

夜が午後5時30分からで、ラストオーダーが午後10時です。

定休日は、第2、第4 日曜と月曜日ですが、変わる場合もありますので、

事前に電話を入れてから行くのがいいでしょう。

お問い合わせは、電話0267-88-6364へお願いします。

 

 

佐久平オススメ情報

春!花が咲き誇り、木々が色づく素敵な季節になりました♪

今回は、〝押し花〟体験をご紹介します。

 

最初は花の付いていない葉を使って、全体の大きさ「ライン」を作っていくことが大切。

枝が長いと感じたらハサミで切り、バランスを取りながらノリで貼っていきます。

Still0505_00012

 

細い花や、小さい花は上側へ。

大きめの花は下側へ入れていくことがバランスよくアレンジメントしていくコツだそうです。

有賀さんは、自宅の近くで使えそうな花を探して摘み取ったり、自宅で栽培したりして、

季節に合った色を基調とした「押し花」を作っています。

Still0505_00014

 

有賀さんは現在、教室としての活動はお休みしていますが、希望があれば、

仲間同士で行っている「押し花」づくりに参加させていただけるそうです。

興味のある方は、有賀敬子さん、電話090-5810-8555までお電話してみてください。

Still0505_00018

 

-------------------------------

 

4月21

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう

オープン28年目になる野沢のラーメン店が、麺処・八峰です。

ご主人の中島洋さんは、以前は精肉店を経営。

福島三大ラーメンのひとつ、郡山での修行を経て、このお店をオープンさせました。

八峰の安養寺ラーメンは、郡山直伝のあっさりスープと安養寺みそのコクが、見事なコラボレーション。

上にのった野菜の唐揚げが目をひく、ユニークな具材もポイントの逸品です。

 

Still0428_00003

 

こく胡麻担々麺は、お店の一番人気メニュー。

練りゴマの深い味わいと、こだわりの自家製ラー油が、疲れた体に染み渡ります。

Still0428_00004

 

お店自慢のスープの味をじっくりと楽しみたい方には、醤油味の「ふつ~のら~めん」もおススメですよ。

Still0428_00005

 

麺処・八峰の住所は、佐久市野沢262-8

営業時間は、昼が午前11時から午後3時まで。

夜は午後5時から10時までで、それぞれ閉店30分前がラストオーダーです。

なお、日曜日の夜営業は、午後9時30分までの営業となります。

毎週木曜日が定休日です。

お問い合わせは、電話0267-62-2900

 

佐久平おすすめ情報

平成8年に佐久市の有形文化財に指定されている旧・大沢小学校。

明治22年に発足した当時の大沢村が最初に取り組んだ一大公共工事でした。

当時としては珍しい、四方をガラス窓に囲まれた建物で、

窓枠の下に付けられた「水落とし」と呼ばれる雨除けなどに、その特徴を見ることができます。

建築当時は一面を白いペンキで塗られた建物で、北側の校舎裏は、

当時の純白の学び舎の面影を今に残しています。

Still0428_00009

閉校時のまま保存されている職員室には、田口藩の藩主で日本赤十字社の創設者のひとり、

大給恒の書なども掲げられています。

昭和58年の閉校までに、大沢小学校からは地域の子ども達、およそ3,000人が卒業しました。

Still0428_00010

 

館内には、大沢地区から出土した石器や昔懐かしい農機具など、地域の歴史を伝える多くの資料も、

展示されていました。

 

 

旧大沢小学校の住所は、佐久市大沢789

ゴールデンウイークの一般公開は、5月3日から5日の3日間。

午前10時から午後4時までとなっています。

4日・木曜日の午前10時30分から午後3時30分の間には、わら細工の実演も行われます。

なお、一般公開日以外に校舎内の見学を希望される場合は、事前に佐久市教育委員会文化財事務所、

電話0267-68-7321へお問い合わせください。

Still0428_00008

 

 

-------------------------------

4月14

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう

臼田の中国料理、凛鳳は、オープン17年目になる町の常連さんが集うお店。

名古屋や岐阜で15年以上の修行経験を持つ、ご主人の林政幸さんは、高校時代に見たあるテレビCMがきっかけで、料理の世界に飛び込みました。

 

本格的な中華料理が楽しめる、凛鳳からのおススメメニュー。

1品目には、ご主人が名古屋での修行経験を存分に生かした「紅油水餃子」をご紹介です。

ホテル直伝のタレと、ご主人こだわりの手作りゴマダレ。そして、もっちもちの餃子の組み合わせが絶品です。

Still0421_00002

 

2品目には、ご主人の技が光る魚香猪肝が登場。

レバーをニンニクとショウガ、唐辛子の特製ダレで炒めた、スタミナをつけたいアナタにピッタリの逸品。

Still0421_00003

中国料理・凛鳳の住所は、佐久市臼田2307-3です。

営業時間は午後5時から9時までですが、宴会時はご相談に応じて閉店時間を延長。

また、5人以上で1人2,000円以上の宴会のご予約があれば、昼の営業にも応じます。

毎週木曜日が定休日となっています。

お問い合わせは、電話0267-82-0029までお願いします。

 

佐久平おすすめ情報

先月からはじまった「地域の民謡を勉強しよう」シリーズ。

今回は、望月にいってきました☆

望月小唄保存会は、地域の伝統芸能を後世に伝えていこうと、昭和22年に発足。

現在は、21人の会員が参加しています。

Still0421_00007

 

もとは、望月宿の芸者の皆さんが、宴の席で踊っていたという望月小唄。

踊りは優雅な藤間流で、大きく11の動きに分かれています。

細かい動作が多くて、実際に踊ってみるとけっこう難しかったんですが、望月小学校では運動会で、全校で望月小唄を踊るなど、地域の皆さんに親しまれる踊りとなっています。

Still0421_00012

望月の皆さんからの公募によって決まったという望月小唄の歌詞。

そこには、鹿曲川や松明山、豊川稲荷といった望月の名所・旧跡のほか、望月城のお姫様と月毛の駒の悲恋を描いた望月の昔話も描かれています。

 

なお、毎年8月15日の伝統のお祭り、榊祭りでは、望月小唄の民謡流しも行われていますよ☆

 

望月小唄保存会は、佐久市望月471-12の、望月人権文化センターで活動しています。

活動時間は、毎月第2月曜日の夜、午後7時30分から9時まで。

会員は随時募集中です。

お問い合わせは、会長の柴平忠春さん。電話0267-53-3040へお願いします。

 

-------------------------------

4月7日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう

岩村田本町商店街にオープンして、6年目を迎えた手打処・そば十百(とも)。

ご主人の山嵜安久(やまざきやすひさ)さんは、元・警察官。臼田の名店・ともせんで3年間の修行を積み、

現在も行政書士として活動するという、異色の経歴の持ち主です。

 

エベレストまで続く大盛りざるそばの道のり。その入り口は麺1.5倍の東京タワーもりから。

たっぷりとツユの入った蕎麦徳利(そばどっくり)と、同じくらいの高さまで盛り上げられた、

そば好きにはたまらない逸品です。

Still0414_00003

Still0414_00002

 

2品目は暖かいお蕎麦から、大きな国産はまぐりが自慢の「はまぐりそば」に舌鼓。

旬のはまぐりを仕入れられる4月下旬頃までしか味わうことのできない、季節限定メニューです。

Still0414_00004

 

手打処・そば十百(とも)の住所は、佐久市岩村田762です。

営業時間は、昼が午前11時30分から午後2時まで。

夜は午後5時30分から深夜0時までで、最終入店が10時30分です。

日曜日の昼営業が定休で、その他随時休業がありますのでご確認ください。

お問い合わせは、電話080-8851-0655へお願いします。

 

佐久平オススメ情報

中込の新くろさわ病院、2階に出来た地域の交流の拠点。その施設を案内していただきました。

およそ60メートルの廊下に沿って、事務室のほかに、私たちが利用できる7つの部屋が配置されています。

また、この中込会館には、車いすを使う方の利用や、おむつ替えもできる多目的トイレ。

赤ちゃんを連れたお母さんでも安心な授乳室が設置されました。

Still0414_00015

 

一番の広さをもつ大会議室。

大会議室。隣の2つの小会議室とは、防音性の高い間仕切りで区切られており、

様々なかたちでの利用に対応できます。

すべての部屋をつなげると、およそ200人が収容できる、大きなホールへと様変わり。

毎年2月に行われる、公民館のつどいのメインステージになる予定です。

Still0414_00016

Still0414_00014

新しい中込会館の住所は、佐久市中込1-17-8、新しいくろさわ病院の2階です。

開館時間は、午前9時から午後10時まで。

年末年始の12月29日から1月3日までが休館です。

施設の利用などについては、中込公民館・電話0267-62-0504へお問い合わせください。

 

-------------------------------

3月31日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう

中込の新しいくろさわ病院の1階に、4月1日に本格オープンするレストラン・福ろく。

七代目助屋の金子祐一さんがプロデュースした「福ろくラーメン」は、

醤油、味噌、豚骨の3種類のスープを用意。

細麺から太麺まで、味付けによって使う麺も変わるこだわりのラーメン。

はじめに、醤油ベースのスープに細麵が見事にマッチした、「昔ながらのあっさり中華そば」です。

Still0407_00011

 

2品目の「本格博多とんこつラーメン」は、こってり濃厚な豚骨スープとストレートの細麺が自慢の逸品。

上にのった刻みネギと紅ショウガの彩りも見逃せません。

Still0407_00010

 

レストラン・福ろくの住所は、佐久市中込1-17-8 新しいくろさわ病院の1階です。

営業時間は、売店が午前9時から。レストランは午前11時からで、午後6時がラストオーダー。

閉店時間は午後7時です。毎週日曜日が定休日となっています。

 

佐久平オススメ情報

佐久市立近代美術館では、現在、収蔵品展「日本画・新しき風に乗せて」が開催されています。

57点の日本画が展示されているなかで、2つの作品を紹介していただきました。

はじめは、和服の女性が桜の花を愛でる、これからの季節にピッタリのこちらの作品から。

Still0407_00002

 

おススメ作品、二つ目は、佐久市出身の画家が蒸気機関車の機関庫を描いたこちらの作品です。

Still0407_00005

収蔵品展「日本画・新しき風に乗せて」は、佐久市猿久保35-5の佐久市立近代美術館で開催されています。

会期は5月7日・日曜日まで。

開館時間は午前9時30分から午後5時までで、毎週月曜日が休館日です。

お問い合わせは、電話0267-67-1055へお願いします。

-------------------------------

3月24日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう

2004年のクリスマス・イブに、佐久平駅前にオープンしたベーカリーテラス・ポアン。

ホテルオークラのシェフとして、東京、そしてオランダで修行を積んだ、

ご主人の草間栄二(くさまえいじ)さんが腕をふるう、女性客のおしゃれ心をくすぐるお店です。

 

蓼科牛のなかでも手に入りにくい貴重な肉を、パンを焼く石窯を使って4時間以上煮込んだ

『石窯ビーフシチュー』。

草間さんが海外での修行経験を活かして作り上げた、逸品です。

Still0331_00003

 

お店の看板メニューは、毎朝4時から焼き上げるたくさんのパン。

なかでも、こだわりのチーズを包み込んでパリッと焼き上げた『3種のチーズブレッド』は、

この春イチオシの新作パンです。

Still0331_00006

 

ベーカリーテラス・ポアンの住所は、佐久市佐久平駅北23-1です。

営業時間です。開店が午前11時で、ランチタイムが午後2時まで。

ティータイムが午後2時から6時まで。パンの販売は午後7時までです。

10人以上の団体で、おおむね3日前までにご予約いただければ、ディナーでの利用も承るとのこと。

毎週水曜日が定休日です。

お問い合わせは、電話0267-67-6777へお願いします。

 

佐久平オススメ情報

会員の皆さんにまじって、まゆを使ったコスモスの造花づくりの体験をしました。

2012年に発足した、望月まゆの会。

まゆを使った造花を、作品展で見かけた皆さんが集まって活動をはじめました。

現在は、印内原区の皆さんを中心に、5人で活動しています。

Still0331_00013

 

 

薄く裂いた黄色いまゆを針金に巻き付けると、花の芯の部分が完成。

今度はピンクのまゆにハサミを入れて、花びらを作っていきます。

まゆを使った作品は、アイディア次第。

まゆを薄く裂いた花束やコサージュ、繭玉のかたちをそのまま使ったこいのぼりや動物のマスコットなど、

いろいろな作品ができるそうです。

自分たちで試行錯誤しながら、新しい表現方法を見つけていくことも、

作品づくりの楽しみの一つだということです。

 

望月まゆの会では、駒ヶ根市のシルクミュージアムで開催されている作品展に、毎年作品を出品しています。

作品づくりは5人での共同作業。

構想から完成まで1年をかけて、1つの大作を作り上げているそうです。

Still0331_00016

 

望月まゆの会の作品は、佐久平駅2階のプラザ佐久で展示・販売されています。

出来上がりまで多少の時間はかかりますが、ブローチやコサージュなどは好きな花や形を

リクエストすることもできるそうです。

詳しくは、会長の田丸恵子さん、電話0267-53-3587へお問い合わせください。

 

-------------------------------

3月17日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう

取出町に店を構える信州佐久料理・味平。

川のものから海のものまで、様々な魚介が楽しめるお店を切り盛りするのは、

東京の飲食店で修行を積んだ、ご主人の新保健次(しんぽけんじ)さんです。

 

佐久で生まれ、佐久で育ったシナノユキマス。

店内の水槽からあげたての魚を丸ごと一匹、豪快に活け造りでいただきました。

川魚独特の臭みがないので、魚のもつ味を堪能できます。

 

お店のもう一つの看板メニューが、うな重。

県外からのお客さんも足しげく通うという、ファンの多い逸品です。

 

信州佐久料理・味平の住所は、佐久市取出町331-1です。

営業時間は昼が午前11時から午後2時まで。夜が午後5時から11時までとなっています。

毎週月曜日が定休日です。

お問い合わせは電話0267-62-1125へお願いします。

 

ご紹介した「シナノユキマスの活け造り」または「うな重」を

なんと1,000円引き!

通常「シナノユキマスの活け造り」は税込み3,000円から。

うな重は税込み3,000円、これがなんと1,000円引きです。

こちらは3月23日・木曜日から25日・土曜日までの3日間、

各日先着5人限定の大サービスとなります。

 

 

佐久平オススメ情報

 

臼田公民館の学習グループ「佐久ギターマンドリンクラブ」は、

今年活動16年目。

講師の高畑秀人先生の指導のもと、35人の会員が練習に取り組んでいます。

 

マンドリンはイタリア発祥の弦楽器で、

日本には大正時代に伝わったといわれています。

全長60センチほどの、西洋梨を二つに割ったようなかたちの楽器です。

今回は、会員のひとり依田さんに弾き方の基本を教えてもらいました。

 

鉄でできた硬い弦を、ピックで同時にはじくと音がでます。

マンドリンは、同じ音の弦が2本で一対になっているのがポイント。

これにより、独特で複雑な音が生み出されるんですが、2本をいっぺんに

弾くのはけっこう大変でした。

 

なんとか「ミ」と「ド」の音の出し方を覚えた私は、

練習の最後に会員の皆さんの合奏に参加しました。

 

カッコウのワルツの「♪カッコウ」のところだけですが、

皆さんと合わせることができました。

初心者が基礎からはじめて、曲をうまく弾けるようになるには、

1年くらいかかるそうです。

クラブに入って初めてマンドリンを触った方も多いという、

佐久ギターマンドリンクラブの会員の皆さん。

高畑先生の熱心な指導のもと、みんなで息のあった演奏をしようと

練習にとりくんでいます。

 

なお、佐久ギターマンドリンクラブでは、6月17日・土曜日に定期演奏会を開催します。

会場は佐久平交流センターで、開演は午後1時30分となっています。

 

佐久ギターマンドリンクラブは、佐久市下越16-5

のあいとぴあ臼田で活動しています。

活動日は、毎週木曜日の午後1時30分から。

活動の見学や入会に関するお問い合わせは、会長の内堀久美子さん、

電話0267-86-1177

へお願いします。

 

-------------------------------

3月10日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう!

 

昨年11月25日に、佐久平にオープンした居酒屋が「でっぱり」。

弱冠27歳の店主・市川豊さんが切り盛りするお店では、

日本酒をはじめとしたお酒と手作りの料理を、リーズナブルな価格で楽しめます。

 

10代後半で料理の世界に飛び込んだ市川さん。

小諸で火付盗賊グループをまとめる竹内浩太さんのもとで、7年間の修行を積んできました。

 

お店の看板メニューが、1本1本炭火でじっくりと焼き上げる焼き鳥。

今回は、ネギマやボンジリなど定番のものから、稀少な部位までが入った盛り合わせが登場です。

市川さんイチオシ。福島は会津のお酒、「写楽」片手にいただきます!

 

手羽先の唐揚げは、一つひとつの料理に心を配るご主人のひと手間が光る逸品です。

 

居酒屋でっぱりの住所は、佐久市佐久平駅北10-2プラザ浅間ビルの1階です。

営業時間は、午後6時から翌午前2時まで。

毎週月曜日が定休日となっています。

お問い合わせは電話0267-77-7586へお願いします。

 

・3月9日からはじまった岩村田料飲組合タダまつりにも参加

居酒屋でっぱりでは3月9日からの10日間、ポイントカードをもっていくと・・・

 日本酒を1杯サービス!

「てんこもり見た」「てんこもり聞いた」というキーワードを言った方には・・・

 

番組でもご紹介した「串焼きの盛り合わせ」または「日本酒を1杯」

どちらかお好きなほうを1つサービス!!

こちらは3月末までの期間限定大サービスです!

 

 

佐久平グルメを食べつくそう・・・・・!

 

浅科公民館の学習グループ「浅科民踊レクリエーションクラブ」。

地域の皆さん14人が参加しているグループの活動にお邪魔しました。

浅科民踊レククラブが振り付けを担当し、旧浅科村時代の平成9年に誕生したのが

「あさしなドドンと音頭」です。

皆さんと輪になって、あさしなドドンと音頭を練習です。

「簡単な振り付けだから」と言われるがままに、最初から曲にあわせて踊ってみました。

会員のひとり、丸山さんにあわせているだけで、自然に踊ることのできる馴染みやすい踊りでした。

地域住民の皆さんを集めた講習会などを通して、徐々に広まっていったドドンと音頭。

今では、子どもからお年寄りまで、浅科地域に長く住む方の多くが知っている踊りになっています。

浅科民踊レククラブでは、現在も中学校1年生への指導などを通して、地域の踊りを伝えています。

一般公募によって決まった歌詞には、五郎兵衛米や穂の香の湯など、

浅科地域の名物が散りばめられ、踊りには浅科の雄大な景色があらわされているそうです。

 

浅科民踊レクリエーションクラブは、佐久市塩名田1338(2回言う)の浅科公民館で活動しています。

活動日は、毎月第2と第4の水曜日で、時間は午後7時から8時30分まで。

随時会員を募集中です!

お問い合わせは、浅科公民館・電話0267-58-3957へお願いします。

 

映画:チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~

映画は佐久アムシネマに見に行こう!!!!

 

 

-------------------------------

3月3日

-------------------------------

40年以上通いつづけるお客さんもいるという和食の名店が、岩村田の御料理処・かつ栄です。

先代からお店を引き継いで26年になる、ご主人の清野正己(きよのまさみ)さん。

お寺や家庭に会席料理を届けるケータリングサービスを、地域のなかではいち早くはじめています。

修行時代の縁で、東京・築地のマグロ専門店と太いパイプをもつ清野さん。

マグロのなかのマグロ、本マグロをはじめとした選りすぐりの海の幸が手ごろな値段で楽しめるのも、かつ栄の大きな魅力の一つです。

今も昔もかわらない、かつ栄創業以来の看板メニューといえばトンカツ。

なかでも今回、こちらの串かつをご紹介していただいたのには、ふか~い訳があるんです!

御料理処・かつ栄の住所は、佐久市岩村田3255です。

営業時間は、昼が午前11時から午後1時30分まで。

夜は午後5時から9時までとなっています。

お店は不定休です。

お問い合わせは、電話0267-67-3858へお願いします。

てんこ&もりお:

感想・・・・

・ケータリングサービスは、お祝い事や法要で、南北佐久地域、注文があればどこにでもお届けします。

・岩村田料飲組合タダまつり振り返り

御料理処かつ栄では3月9日からの10日間・・・

串かつ(2個1皿)が無料!

・さらに、かつ栄さんでは・・・3月9日佐久市民の日企画として

 3月9日のご来店先着39人に「かつ定食」をプレゼント!

 こちらは3月1日~3月4日に整理券を配布します。

 

 

もりお:ここで、御料理処・かつ栄さんからのてんこもり情報です!

「てんこもり見た」「てんこもり聞いた」というキーワードを言った方には・・・

 

生ビールまたはソフトドリンクを1杯サービス!

こちらは3月3日・金曜日までの期間限定大サービスです。

 

キーワードは「てんこもり見た!聴いた!」

 

てんこもりおススメ情報

 

今回は、オープンしておよそ5年になる猿久保の音楽教室・

ロックサンミュージックスクールにお邪魔しました。

スクールでは、現在およそ50人が受講しています。

六川先生の基本は、マンツーマン指導。

初心者から、上達速度にあわせた講習がうけられます。

 

はじめてエレキギターを肩から下げた私。いよいよレッスンのスタートです。

 

ピックの持ち方や弦の抑え方など、基礎の基礎から丁寧に教えていただきました。

六川先生の刻むリズムに合わせて、決まった場所で弦を抑えながら音を出す・・・

コードを覚える練習を繰り返します。

弦を抑える場所が分からなくなってしまったり、次のコードに行くのが早すぎたりと、

失敗の連続でしたが、地道に練習していきました。

六川先生がギターをはじめたのは、小学校5年生の時。

これまでに、ライブステージに多数出演し、その技術を磨いてきました。

今では、音楽を通して、ほかの人の楽器とあわせる、アンサンブルの楽しさを

知ってもらいたいと、教室を主催しているそうです。

1時間ほどの練習の最後に、六川先生とのセッションです。

六川先生がリードギターを担当。

サイドギターを担当する私は、これまでに覚えた4つのコードの繰り返しです。

それではしばらくお聞きください。

たま~に音が出ていませんが、なかなかの出来だと思いませんか?

ロックサンミュージックスクール・佐久教室の住所は、佐久市猿久保23-4(2回言う)です。

スクールでは無料体験教室を随時開催中。

日程・時間などについては、事前にご相談ください。

お問い合わせは、電話090-4230-2891へお願いします。

 

-------------------------------

2月24日

-------------------------------

40年以上通いつづけるお客さんもいるという和食の名店が、岩村田の御料理処・かつ栄です。

先代からお店を引き継いで26年になる、ご主人の清野正己(きよのまさみ)さん。

お寺や家庭に会席料理を届けるケータリングサービスを、地域のなかではいち早くはじめています。

修行時代の縁で、東京・築地のマグロ専門店と太いパイプをもつ清野さん。

マグロのなかのマグロ、本マグロをはじめとした選りすぐりの海の幸が手ごろな値段で楽しめるのも、かつ栄の大きな魅力の一つです。

今も昔もかわらない、かつ栄創業以来の看板メニューといえばトンカツ。

なかでも今回、こちらの串かつをご紹介していただいたのには、ふか~い訳があるんです!

御料理処・かつ栄の住所は、佐久市岩村田3255(2回言う)です。

営業時間は、昼が午前11時から午後1時30分まで。

夜は午後5時から9時までとなっています。

お店は不定休です。

お問い合わせは、電話0267-67-3858へお願いします。

無料まつり

御料理処かつ栄では3月9日からの10日間・・・

串かつ(2個1皿)が無料!

・さらに、かつ栄さんでは・・・3月9日佐久市民の日企画として

 3月9日のご来店先着39人に「かつ定食」をプレゼント!

 こちらは3月1日~3月4日に整理券を配布します。

御料理処・かつ栄さんからのてんこもり情報です!

「てんこもり見た」「てんこもり聞いた」というキーワードを言った方には・・・

 

生ビールまたはソフトドリンクを1杯サービス!

こちらは3月3日・金曜日までの期間限定大サービスです。

 

キーワードは「てんこもり見た!聴いた!」

 

 

てんこもりおススメ情報

今回は、オープンしておよそ5年になる猿久保の音楽教室・

ロックサンミュージックスクールにお邪魔しました。

スクールでは、現在およそ50人が受講しています。

六川先生の基本は、マンツーマン指導。

初心者から、上達速度にあわせた講習がうけられます。

はじめてエレキギターを肩から下げた私。いよいよレッスンのスタートです。

ピックの持ち方や弦の抑え方など、基礎の基礎から丁寧に教えていただきました。

六川先生の刻むリズムに合わせて、決まった場所で弦を抑えながら音を出す・・・コードを覚える練習を繰り返します。

弦を抑える場所が分からなくなってしまったり、次のコードに行くのが早すぎたりと、失敗の連続でしたが、地道に練習していきました。

六川先生がギターをはじめたのは、小学校5年生の時。

これまでに、ライブステージに多数出演し、その技術を磨いてきました。

今では、音楽を通して、ほかの人の楽器とあわせる、アンサンブルの楽しさを知ってもらいたいと、教室を主催しているそうです。

1時間ほどの練習の最後に、六川先生とのセッションです。

六川先生がリードギターを担当。

サイドギターを担当する私は、これまでに覚えた4つのコードの繰り返しです。

それではしばらくお聞きください。

たま~に音が出ていませんが、なかなかの出来だと思いませんか?

 

ロックサンミュージックスクール・佐久教室の住所は、佐久市猿久保23-4です。

スクールでは無料体験教室を随時開催中。

日程・時間などについては、事前にご相談ください。

お問い合わせは、電話090-4230-2891へお願いします。

 

 

-------------------------------

2月17日

-------------------------------

建物には地元産のカラマツをふんだんに使い、カラマツストーブが店内を温める布施のカフェ・ひまわり畑。

昨年5月23日にオープンしたお店は、老人の介護や障害を持つ人の就労支援を行う社会福祉法人・

望月悠玄福祉会が運営を行っています。

 

障害をもつ方も一緒に働くお店で楽しめるのは、地元の素材にこだわった料理の数々です。

飲む人のことを想って、器にまでこだわったコーヒーと一緒にいただいたピザトースト。

その食材には、ひまわり畑の恵みが使われています。

 

お店のもう一つの自慢は、毎日2種類ほどが日替わりで楽しめる手作りのケーキ。

どれを食べようか迷ってしまいますが、今回は望月産のリンゴをたっぷりと使ったアップルパイをおススメしていただきました。

 

他にも、毎週金曜日の限定メニュー、税込み700円で楽しめる「ひまわりランチ」もおススメです。

 

カフェ・ひまわり畑の住所は、佐久市布施769-1です。

営業時間は、午前10時から午後4時まで。

毎月第3土曜日と日曜日が定休日となっています。

なお、事前にご予約いただければ送迎にも対応いたします。

お問い合わせは、電話0267-78-5131へお願いします。

「てんこもり見た」「てんこもり聞いた」というキーワードを言った方・・・

 

通常1個400円のケーキ各種を100円引き!

こちらは、2月末までの期間限定サービスです!!

 

 

てんこもりおすすめ情報

望月の駒の里ふれあいセンターで活動している「ひなの会望月支部」。

活動をはじめて14年ほど。参加する17人の会員の皆さんがつくっているのは、

5センチほどの大きさの色とりどりの人形飾り・「吊るし雛」です。

 

この日は、会員の一人、佐藤さんのお手伝いをさせていただくことになりました。

 

私が担当したのは、セミの吊るし飾りの背中の部分。

型紙にそって切った二つの布を縫い合わせていきます。

 

2ミリほどの細かい感覚で、針を布に通していきました。

吊るし雛が一般に広まったのは、江戸時代だと言われています。

花や動物、縁起物など様々な人形を50個ほどつくって、竹の輪から垂らした糸に飾り付けていくものです。

すべての飾りつけを終えて完成させるのに、長いときで1年ほどかかるそうですよ。

 

ひなの会望月支部に集まった会員さんは、初心者からベテランまで、人形を作るペースも経験も様々。

人形作りのなかで分からないところや難しいところは、矢嶋先生が丁寧に教えてくれるそうです。

 

私も、1時間ほどかけて、なんとかセミの背中を縫い合わせました。

こうして一つ一つのパーツを根気よく作っていき、

最後にすべてを縫い合わせると、立派なセミの人形が出来上がります。

 

この日は、ベテランの会員さんが、出来上がったばかりのひな飾りを見せてくれました。

たくさんのモモの花がポイントのこの作品。

2か月ほどで作ったもので、ひな祭りにあわせて、雛人形の横に飾り付けるそうですよ。

 

ひなの会望月支部は、佐久市望月303(2回言う)の駒の里ふれあいセンターで活動しています。

また、会員の皆さんがつくった作品は、2月18日から望月歴史民俗資料館で開催される

郷土の雛人形展でも展示されます。資料館の住所は佐久市望月247です。

ひなの会への見学や入会については、望月公民館・電話0267-53-2548

へお問い合わせください。

-------------------------------

2月10日

-------------------------------

今月は「岩村田料飲組合・タダまつり」特集!3月9日からのお楽しみ。

岩村田料飲組合タダまつりの参加店にお邪魔しています。

皆さん、もうポイントカードはゲットしましたか?

小田井の工業団地入り口に店を構える酒房・うめ。

23年前に自分のお店をもった、ご主人の梅田一二三(うめだひふみ)さんが、奥様と二人三脚で営む居酒屋レストランです。

 

お店の看板メニュー、サーロインステーキのなかでも、もともとは裏メニューだったのが、

300グラム以上のビッグサイズ。

300グラムから500グラムまで、お値段そのまま!なんと税込み2,980円。

2,980円で楽しめる、肉好きにはたまらない逸品です!

②

2品目にはランチタイムの人気メニューから、ポーク味噌焼き定食が登場。

オーブンで焼き上げた香ばしい豚肉がたまりません!

①

酒房・うめの住所は、佐久市小田井863-8です。

営業時間は、昼が午前11時30分から午後2時まで。

夜は午後5時からで、午後10時が最終入店となっています。

お店は不定休です。

お問い合わせは、電話0267-67-0086へお願いします。

岩村田料飲組合タダまつり振り返り

酒房うめでは3月9日からの10日間・・・

ソフトドリンクサービス!または通常3品のお通しに1品~2品追加!

 

 

てんこもりおススメ情報

今回のレポートは中込のお店・キューバン・ルンバから。

ここを拠点に活動している編み物サークル、「佐久のわを編む会」

の活動にお邪魔しました。

代表は、編み物の先生として40年以上のキャリアを持つ田中千せ子先生です。

③

ベテランの会員さんと一緒に、せっせと編んでいきます。

佐久のわを編む会が発足したのは、2011年の8月のこと。

その年の3月に発生した東日本大震災で、被災した皆さんを、

編み物で支援したいという田中さんの想いから生まれました。

田中さんをはじめ、会員の皆さんが作った編み物は、

定期的にひらく販売会で販売されています。

そして、経費を除いた売り上げのほとんどを、災害にみまわれた地域へ寄付しています。

これまでに、岩手県大船渡市や、宮城県東松島市、長野県内でも栄村や白馬村など、

全国の6か所にあわせて160万円あまりを寄付してきました。

 

田中さんが持っていたおよそ200着分の毛糸は、活動をはじめて1年半ほどで終わり。

それ以降は、地域の皆さんから多くの毛糸が募られ、現在の活動につながっています。

 

2時間あまりの取材時間で、会員の皆さんから編み物の基礎を徹底的に叩き込まれた私。

頂いた1玉の毛糸を編み上げることを、田中さんにお約束して、この日のロケは終了しました。

④

佐久のわを編む会が制作した作品は、佐久市中込2-29-22

のキューバン・ルンバで展示、販売されています。

毛糸の引き取りも随時受付中。

また、会では2月19日・日曜日に小海町総合センターで行われる、

小海町健康福祉まつりにも出展し、編み物の販売を行います。

詳しくは、田中千せ子さん、電話・0267-62-1019へお問い合わせください。

 

 

-------------------------------

2月3日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう!

 

昨年5月、上平尾にオープンしたのが味旬・花菜(みしゅん・はな)です。

16年間、和食を中心とした修行を積んできた、ご主人の土屋昌彦(つちやまさひこ)さん。

そんな土屋さんのこだわりが、お盆や食器、内装にまで詰まっています。

①NEW

お店で楽しめるのは、手作りにこだわった料理の数々。

旬の食材を味わってほしいと、メニューは季節にあわせて変わっていきます。

そんななかで今回は、ランチメニューの「鯛茶漬け御膳」が登場。

4種類の味で楽しむ新鮮な鯛は絶品です!

2品目は、ディナータイムの単品メニューから。

ふわふわでアッツアツの出汁巻き玉子を楽しみました。

②NEW

③NEW

2月28日までの間に、ポスターが貼り出されている企画参加店を利用して、

ポイントカードをゲット。これで準備完了です。

そして、イベント本番、3月9日・木曜日から18日・土曜日までの10日間、

ポイントカードをもって企画参加店に行くと・・・「何かが必ずタダになります!」

 

さらに・・・

 

たくさんのお店をまわってポイントをためるとダブルチャンス!

3ポイントで1000円。9ポイント集めると、なんと10000円のご利用券が抽選で当たります!!

お問い合わせは、岩村田料飲組合または割烹あさや・電話0267-67-2050

④NEW

「てんこもり見た」「てんこもり聞いた」というキーワードを言った方・・・

 

シャーベットをプレゼント!

こちらは2月6日・月曜日から10日・金曜日までの期間限定大サービスです!

 

 

 

『てんこもりアワード2016表彰式』

昨年の年末に放送した特番・てんこもりアワード2016。

昨年1年間に取材に行ったなかから、見事に年間大賞に輝いたあのグループへ、

私がトロフィーをとどけてきました。

⑤NEW

笑いヨガ教室は、おおむね毎月1回、佐久市猿久保の佐久創造館で行われています。

事前申し込みの必要はなく、お子様連れでの参加も大歓迎。

参加費はお茶代込みで1,000円です。

詳しくは、佐藤志穂先生、電話090-1115-8439へお問い合わせください。

 

 

-------------------------------

1月27日

-------------------------------

佐久平おすすめ情報

私がお邪魔したのは、瀬戸のベビーマッサージ教室NICONICO。

ここでは3年前から、赤ちゃんとそのママを対象とした

ベビーマッサージ教室が開催されています。

1

1月のコースに集まってきたママさんと一緒に、この日の教室に参加。

私は、赤ちゃんのお人形を使って体験しました。

 

歌をうたいながら赤ちゃんと準備体操をすると、本格的なマッサージのスタートです。

先生の動きをマネしながら、赤ちゃんの体を優しくなでていきます。

生後2か月から参加できるベビーマッサージ。

柳澤先生の教室では、年齢の上限は特に決まっていないので、

2才や3才の子どもさんと一緒に参加するお母さんもいるそうですよ。

2

2月は8日・14日・21日の開催で、参加費は3回で4,000円です。

また、ベビーマッサージの体験とおんぶやだっこの講座がセットになった体験コースは、

2月17日の開催で、参加費は1,000円となっています。

いずれのコースも、定員は8組で、申し込み先着順です。

お申し込みやお問い合わせは、柳澤涼子さん、電話090-4055-3963までお願いします。

 

佐久平グルメを食べつくそう!

中込の駅前に店を構える喫茶・ぽえむ。

モダンなジャズの音色が響き、多くのお客さんが憩いのひと時を楽しむお店は、

マスターの工藤一夫さんとその奥さんが営んでいます。

3

日替わりランチやパスタなど、豊富なメニューのなかで、お店の看板メニューは、

昔も今もコーヒーとピザ。

注文が入ってから1杯1杯落とすオリジナルブレンドコーヒーは、

40年間変わらぬ味わいです。

生地やソースを手作りするミックスピザは具だくさん。

野菜やベーコン、シーフードがたっぷりと入った、

「ポエムの味のピザ」をお楽しみください

4

 

喫茶・ぽえむの住所は、佐久市中込1-18-2です。

営業時間は、午前10時から午後10時まで。

毎週日曜日が定休日となっています。

お問い合わせは、電話0267-62-8760へお願いします。

 

てんこもり見た!聞いた!

ご飲食をされた方にケーキをプレゼント!

こちらは、3月末までの期間限定サービスです!!

 

-------------------------------

1月20日

-------------------------------

野沢に店を構えて13年目になるそば処・佐山庵。

サラリーマン経験を持つご主人の大塚忠重(ただしげ)さんが、試行錯誤しながら、

一から作り上げたお店です。

店も自分もお客さんに育てられたと話す大塚さん。

今回は、そんなお店自慢の3種類の蕎麦を食べ比べです。

はじめに登場するのは、白い見た目で上品な味わい。蕎麦の実の中心だけを

贅沢に使うことから御前そばとも呼ばれる「更科そば」です。

 

そばの持つ本来の風味を楽しみたい方にはこちら。

黒っぽい見た目に、ご主人のこだわりが詰まった「佐山そば」をどうぞ。

 

3品めは、このあたりの蕎麦屋では珍しい「ダッタンそば」。

他の蕎麦とは一味違った、独特の味わいが楽しめる逸品です。

 

佐山庵は昨年3月にリニューアル。

日本料理の修行を積んだ、息子さんの文博さんがご主人と一緒に厨房に立ち、

夜は蕎麦居酒屋風のお店として営業しています。

今回は、文博さんが手掛ける夜営業のメニューのなかから、

そばツユのダシを使った、お蕎麦屋さんの「だし巻き玉子」が登場です。

そば①

そば②

 

そば③

 

そば④

そば処・佐山庵の住所は、佐久市野沢314-16です。

営業時間は、昼が午前11時30分から午後2時まで。

夜が午後5時30分から9時までとなっています。

毎週月曜日が定休日です。

お問い合わせは、電話0267-62-3811へお願いします。

お食事をされた方に「本日のデザート」をプレゼント!

日替わりのお楽しみデザートになります。

1月末までの期間限定大サービスです。

 

キーワードは「てんこもり見た!聴いた!」

佐久平グルメを食べつくそう!のコーナーでした!

 

続いては佐久平おススメ情報

12月下旬から1月上旬にシーズンを迎える、松原湖のワカサギ釣り。

今シーズン、大きい湖のほうの猪名湖は、1月13日に解禁。

周囲およそ2キロの湖は、一面厚さ17センチほどの氷で覆われています。

湖のど真ん中に到着したら、専用のドリルで氷に穴をあけます。

立花屋では、ドリルや仕掛け、竿など、わかさぎ釣りの道具一式をレンタル可能。

手ぶらでも気軽に釣りを楽しむことができます。

手袋を外し、鷹野さんに教えてもらいながら準備に取り組む私に、思わぬ難関。

小さな針の先に、小さな餌をつけていきます。

なんとか出来上がった仕掛けを氷の穴に落として、釣りのスタートです。

はじめに、お手本を見せてもらいました。

いきなりのヒット!

ワカサギ釣りに親しんで30年以上になるという鷹野さんに、

釣りのコツを特別に教えてもらいました。

いよいよ私も釣りに挑戦!

ところが・・・当たりが分からずに、なかなか釣ることができません。

ここで鷹野さんに、座っていた椅子を台にする初心者向けの方法を教えてもらいました。

手ぶれの影響が少なくなるこの方法のほうが、ワカサギが餌を突っつき、竿の先が微かに動く、

小さな当たりが分かりやすくなるそうです。

 

釣りをはじめてしばらくたったその時でした!

 

ついに、はじめてのワカサギをゲットです。

ここ10年から15年ほどで盛んになった松原湖のワカサギ釣り。

長野県内では、氷の上で釣りを楽しめる、数少ないスポットとして人気を集めています。

今シーズンに備えて、およそ4000万粒の卵を湖に放流。

例年に比べて大きめの、体長5センチから6センチのワカサギを釣ることができるそうです。

 

鷹野さんの指導のおかげで、およそ1時間のあいだに6匹のワカサギを釣ることができました。

ということで、湖の湖畔にたたずむ立花屋へ。

釣り上げたばかりのワカサギを、天ぷらにしてもらいました。

 

⑦

 

松原湖のワカサギ釣りは、おおむね3月の第1週まで楽しむことが出来ます。

時間は、午前6時30分から、1月中は午後4時30分まで。2月以降は午後5時までで、

1日の游漁券は500円です。

猪名湖湖畔、小海町豊里(とよさと)4253-1のリゾートイン立花屋では、

竿のセットやテントもレンタル可能。

詳しくは、電話0267-93-2201へお問い合わせください

-------------------------------

2016年以前の投稿は、こちら をご覧ください

-------------------------------

てんこもりアワード2016結果(ベスト5)

-------------------------------

2016年は飲食店49店舗取材団体50団体取材させていただきました!

2017年もめいっぱい佐久の取材させていただきます。

番組は全部ふりかえれませんのでインパクトの強かったベスト5発表です。

⑤

とにかく店員さんのキャラクターが最高。揚げアイスパンは絶品です!

①

バレーボールがこんなに佐久で盛んな理由は

ママさんバレーにあったんですね~

②

佐久の伝統に想いを寄せることができました!

③

猪料理の概念が一気にくつがえりました!!!!!!

④

佐藤先生に一度皆さん習ってみてくださいね~♪

 

2017年も皆さんよろしくお願いします!

-------------------------------

12月23日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう~♪

江戸時代後期の天保年間から、中山道岩村田宿の旅館として親しまれてきた「あさや」。

現在は東京・日本橋で、四條流(しじょうりゅう)日本料理の修行を積んだ5代目の

浅沼桂二さんにより、旅館・割烹あさやとして営まれています。

ふぐ0¥

見た目でも味でも楽しめる「あさや」の日本料理。

まずは、四季折々の食材で色どり鮮やかな懐石料理で、「おもてなしの心」をお楽しみください。

 

年末からお正月にちょっと贅沢をしたいとき、旬を迎えた「フグ」のコースがおすすめ。

ご主人の技で、向こうが透き通るくらいに薄く引かれた「ふぐの刺身」は絶品です!

フグ1

ふぐ②

旅館・割烹あさやの住所は、佐久市岩村田630です。

営業時間は、昼が午前11時30分から午後2時30分まで。

夜は午後5時30分から午後9時30分までで、ラストオーダーが午後8時となっています。

毎月第2と第4日曜日が定休日です。

お問い合わせは、電話0267-67-2050へお願いします。

最後に、地域の飲食店およそ200店が集まる岩村田料飲組合の組合長も務める浅沼さんから、

こんな耳より情報をいただきましたよ!

岩村田料飲組合「無料まつり」まとめ

① 2月1日~28日の1か月間に、対象のお店でスタンプカードをもらう。

② 3月9日から10日間、カードを持ってお店に行くと、お店ごとに「何かが無料!」

③ ダブルチャンス。お店を回ってスタンプを集めると、3個で1000円分のお食事券。

9個集めると1万円分のお食事券プレゼント!(抽選)

お食事をされた方に、ソフトドリンクサービス!

こちらは来年1月末までの期間限定サービスです!

 

 

 

佐久平おススメ情報

ぱらだ1

 

高速道路直結のスキー場、佐久スキーガーデン「パラダ」が今日、23日にオープン!

22年目となる冬のスキーシーズンに入りました。

パラダでは、クリスマスから年末年始にかけて、大勢の皆さんが楽しめる様々なイベントを開催。

そのなかからおススメイベントを紹介していただきました。

佐久スキーガーデン「パラダ」の住所は、佐久市下平尾2681

ゲレンデ状況や各種イベント情報は、パラダのホームページをチェック!

または、電話0267-68-5116(2回言う)へお問い合わせください。

-------------------------------

12月16日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう

佐久平に夜のとばりが降りる頃、岩村田で開店するのが、ダイニングバー・月の灯です。

横浜出身。バーテンダー歴40年の西村勝文さんが店長を務めるお店は、

開店から3年目の今年11月にリニューアルオープンしました。

肉⑤

クリスマスをイメージした、西村さんオリジナルのウェルカムカクテル。

赤と白のコントラストが美しいドリンクで幸せな気分になっていると、

手作りにこだわった、西村さん特製のイタリアンが登場です。

「チーズのリゾット」は、お米の芯が少しだけ残った、アルデンテの食感。

噛みしめるたびに広がる旨味がたまりません。

 

肉①

「ピッツァ・ビアンカ」は、イタリア語の名前の通りの、シンプルな白いピザ。

ダイニングバーのメニューらしく、『冷めても美味しい』ピザになっています。

肉②

 

肉③

「てんこもり見た」「てんこもり聞いた」というキーワードを言った方には・・・

 

チャージ(席料500円)をOFF!

さらにウェルカムドリンクをサービス!

ドリンクはノンアルコールもOKです。

こちらは12月末までの期間限定サービスです!

 

 

 

続いておススメてんこもり情報です。

 

夜の浅間中学校の体育館。

ここで練習しているママさんバレーボールチーム、佐久浅間クラブの練習にお邪魔しました。

練習のはじめは準備運動から。

メンバーの皆さんと一緒に、2分間のダッシュ。

体育館1周を全力で走って、身体をあたためると・・・つづいては、

誰もがやりたがらない、あるトレーニングに移りました。

「モモ上げ」は、全力でやる高速の足踏み。

足腰を鍛えるために、チームでも最近取り組み始めたもので、

「1日に2回以上はやりたくない!」と誰もが口をそろえる、過酷なトレーニングです。

周りの皆さんからの応援を受けながら、なんとか3セットをクリアしました。

十分すぎるくらいに身体が温まったところで、バレーボールの練習へ。

メンバーの皆さんとのボール回しで、レシーブの特訓です。

3年前には県大会で準優勝の実績をほこる佐久浅間クラブ。

現在は浅間地区のママさんバレーボーラー37人が参加し、

主に5月と7月に行われる大会へ向けて、練習を重ねています。

小林さんに教わったコツを思い出しながら、レシーブの練習を繰り返しました。

佐久浅間クラブには、経験者はもちろん、未経験の方も多く所属しています。

バレーが好きな仲間があつまり、ストレスの発散やいろいろな世代との

交流の場となっているそうです。

佐久浅間クラブは、毎週金曜日の夜、午後7時30分から9時15分まで、

浅間中学校体育館で活動しています。

佐久浅間以外にも、ママさんバレーボールチームは、市内の地区ごとに活動中。

チームへの参加については、佐久市体育課、電話0267-62-2020へご相談ください。

肉④

-------------------------------

12月9日

-------------------------------

今年、オープンから12周年を迎えた岩村田のエビス茶屋(ぢゃや)。

粉物の本場、大阪で修行を積んだご主人の土屋英夫さんが、奥様と二人で営むお店です。

1NEW

化学調味料をつかわず、国産の素材にこだわるエビス茶屋。

ニンニクなど一部の食材は、自家栽培もおこなっています。

そんなお店の一番人気メニューが「お好み焼き・明太子もちチーズ」。

明太子とお餅がたっぷりと入り、ボリューム満点です!

真ん丸のお好み焼きを、ご主人にコテで切り分けてもらうと、チーズがトローッと糸を引きます!

丸ごと一杯のイカを、熱々の鉄板で一気に焼き上げた「するめイカの姿焼」。

大阪直送の青ネギがどっさりと乗り、色どりも綺麗な逸品です。

2NEW

3NEW

 

 

 

おススメてんこもり情報~

浅科公民館で活動している、大正琴浅科こども教室の活動に参加。

子どもたちの指導をしているのは、この道40年のキャリアを持つ、

山浦克己(やまうらかつみ)先生です。

4NEW

今から100年以上前の大正時代に、タイプライターをもとに開発された弦楽器が大正琴です。

数字のついたボタンを押しながら、ピックで弦をはじくと、哀愁漂う独特の音が響きます。

教室には現在、1年生から6年生まで、9人の子どもたちが参加。

音域の異なる4種類の大正琴を使って、合奏にも挑戦しています。

子どもたちの大正琴をちょっとだけ借りて、さっそく私も、山浦先生に弾き方を教えてもらいました。

おっかなびっくりでしたが、大正琴から音を出すことはクリア。

今度は、曲の演奏に挑戦です。

大正琴の盤面に、10個以上ならんだボタンのなか、4つのボタンを使うだけで、簡単な曲が弾けるそうです。

ほんの30分ほどの練習で、あっという間に1小節を弾けるようになりました。

 

地域のイベントや福祉施設でのボランティア演奏など、年間10回以上の発表を行っている教室の子どもたち。

そんな子どもたちに、大正琴と教室の魅力を聞いてみました。

5NEW

「てんこもり見た!」「てんこもり聴いた!」というキーワードを言った方は・・・

 

大阪の定番ドリンク「ティーソーダ」を100円引き!

通常価格280円が180円で楽しめます。

こちらは12月末までの期間限定サービス!

 

行ったら忘れずに「てんこもり見た」と言ってくださいね!

 

 

 

-------------------------------

12月2日

-------------------------------

扉を開けると目に入ってくるのは、店内いっぱいに並んだお酒のボトル。

会社員時代、はじめて入った東京のバーに衝撃を受けたという、

オーナーバーテンダーの橋脇正彦(はしわきまさひこ)さんが、

2008年にひらいたのが、佐久平のバー・レムです。

 

はじめて来た方でも楽しめるように、ショットバーには珍しく、メニュー表も常備。

橋脇さんにお酒の好みを伝えれば、お客さんにあわせたオリジナルカクテルも作っていただけます。

そんなお店で、忘年会シーズンのこの時期に楽しんでほしいのが、

高級チョコレート・ゴディバのリキュールで楽しむ「ゴディバ・ミルク・カクテル」。

ゴディバのチョコレートパウダーがかけられた、特に女性におススメのカクテルです。

根強い人気で、日本での売り上げナンバーワン!

 

①

「マッカランの12年」は、スコッチを代表するシングルモルトウイスキー。

橋脇さん手作りのボール型の氷が、見た目にもおしゃれな逸品です。

②

バー・レムの住所は、佐久市佐久平駅南15-3

永存(えいぞん)第2ビルの2階です。

営業時間は、午後7時から翌午前2時30分ごろまで。

週末はお客さんがいる限り営業しています。

定休日は毎週月曜日ですが、12月は休みなく営業しています。

お問い合わせは、電話0267-68-6839へお願いします。

 

 

 

てんこもりおススメ情報

④

12月1日・木曜日からイオンモール佐久平の1階セントラルコートでは、

「市民活動フェア2016」がはじまりました。

センターには、現在182の団体が登録。

区などの自治会や、趣味のサークル、ボランティアグループなど、

市内のいろいろなところで様々なグループが、活動を行っています。

12月7日まで行われているパネル展示。

ここでは、国際交流をすすめる団体や、スポーツ団体、障がいを持つ人の就労支援をする

福祉団体など33団体が、それぞれの活動をPRしています。

様々な団体からの趣向を凝らしたパネル展示の数々。

そのなかの一つを紹介していただきました。

今週末の土日には、市民活動団体の皆さんと触れ合うこともできるそうですよ。

市民活動フェア2016は、佐久市佐久平駅南11-10(2回言う)のイオンモール佐久平・

1階セントラルコートで開催されています。

パネル展示は7日・水曜日まで。

3日・土曜日と4日・日曜日は、午前10時から午後4時30分まで、

ステージ発表と体験コーナーを開催します。

詳しくは、佐久市市民活動サポートセンター、電話0267-64-6362

へお問い合わせください

 

-------------------------------

11月25日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう

猿久保のくつろぎイタリアン・ほのボーノは、今年オープン4周年を迎えた、

女性や家族連れに人気のお店。

オーナーシェフの坂中得光(さかなかなりみつ)さんは、

軽井沢のホテルなどで洋食の修行を重ねてきました。

 

①

五感のすべてで楽しめる、ほのボーノのメニューは、どれもがおススメ。

なかでも、ミントグリーンの彩りが鮮やかな、

『ジェノバクリーム 水牛モッツァレラのせ』は、女性客に大人気のパスタです。

パスタの後には、冬の期間限定ドルチェをどうぞ。

『ベリーベリーのパンナコッタ クーベルチュールをかけて」は、イチゴとベリー、

そしてホットチョコレートが見た目にも嬉しいスイーツです。

 

 

②

くつろぎイタリアン・ほのボーノの住所は、佐久市猿久保780-11です。

営業時間は、昼が午前11時30分から午後2時30分で、ラストオーダーが午後2時。

夜は、午後6時から9時30分までで、ラストオーダーが午後9時。

なお、金曜日と土曜日の夜は、閉店時間が午後10時、ラストオーダーが9時30分となります。

毎週月曜日が定休日です。

また、現在の店舗の営業は1月ごろまで。2月からは、佐久市岩村田1734-6

へ移転の予定となっています。

お問い合わせは、電話0267-65-7566

 

 

 

VTRで紹介した『ベリーベリーのパンナコッタ』をプレゼント!!

12月2日・金曜日まで、毎日先着5食の大サービスです!!

 

おススメ佐久平情報

③

 

平成7年、佐久の先人、小林多津衛さん99歳の時に建てられたのが、望月の多津衛民芸館です。

民芸の品々、150点あまりが展示されている展示室にお邪魔しました。

民芸館には、陶芸作品や藍染めなど、小林多津衛さんが収集したものを中心におよそ

1000点が収蔵されています。

そのどれもが、江戸時代から現代まで、私たちの生活のなかで日常的に使われてきた

ものだということです。

吉川館長には、あんどんのお皿や、明治時代に佐久地域の窯で作られ、

人々が使ってきた徳利など、様々な展示物を紹介していただきました。

展示されている民芸の品々を通して、佐久の先人・小林多津衛さん、そして、

多津衛民芸館が私たちに伝えたいメッセージとは、なんでしょうか?

多津衛民芸館の住所は、佐久市望月2030-4(2回言う)です。

開館日は金曜日から月曜日までの週4日。

開館時間は、午前10時から午後5時までとなっています。

なお、毎年12月20日ごろから3月なかばまでは、冬期休館となるのでご注意ください。

お問い合わせは、電話0267-53-0234へお願いします。

-------------------------------

11月18日

-------------------------------

今年4月5日、猿久保にオープンした、国産牛内臓専門店・煮込み屋やざわ。

横浜出身。30年以上精肉の卸売りに携わってきた、ご主人の林さんが、

佐久で開いたお店です。

新鮮な国産牛の内臓を、7時間から8時間かけてじっくり煮込んだ、モツ煮込みの味付けは2種類。

はじめに、濃厚な味噌味が自慢の「白」定食をいただきます。

 

 

①

めったに見ることのできない稀少な部位「プルプル」が入っているのがミックス定食です。

こちらは、激辛しょうゆ味。刺激的な真っ赤なスープが特徴の「赤」を味わいました。

しっかりと味がついた大きな豆腐やコンニャクもおススメ。

丼全体が、やわらかさに包まれています。

②

③

国産牛内臓専門店・煮込み屋やざわの住所は、佐久市猿久保667-5(2回言う)です。

昼はランチのみ・限定10食の営業で、午前11時30分から午後2時まで。

夜は持ち帰りのみの営業で、午後4時30分から午後7時まで。

いずれも、販売数が無くなり次第終了となります。

毎週日曜日が定休日となっています。

お問い合わせは、電話0267-77-7898へお願いします。

 

ランチタイムではモツ煮を特盛りにサービス!

夕方の持ち帰り営業の時にも増量します!

こちらは11月23日・水曜日から26日・土曜日までの期間限定大サービス

 

 

てんこもりおススメ情報

④

佐久商工会議所のなかにある佐久ものづくり研究会から、

製造業や車屋さんなどメンバー7社が集まって、

2013年に作られたのが3輪の観光用EV「オカーゴ」です。

佐久市内に6つの宿場をもつ中山道。そんな宿場の街並みを、

「かご」にのった気分で、ゆっくりと楽しんでもらおうと開発されました。

さっそく、オカーゴの乗り心地を体験。

中込地区周辺でのドライブに出発です。

今回は、佐久商工会議所の荻原さんに、運転をお願いしました。

オカーゴの最高速度は50キロ。

電気自動車なので家庭用の電源で充電でき、およそ4時間のフル充電で40キロから

50キロも走ることができます。

その性能を向上させようと、ものづくり研究会では現在でも改良を重ねているそうですよ。

現在は主にイベントで活躍中。開放感抜群のオカーゴに乗ることができる貴重な機会が、

まもなく訪れるそうですよ。

岩村田えびす講でのオカーゴ試乗体験について、詳しくは新聞折り込みチラシをご確認ください。

 

御カーゴ

-------------------------------

11月11日

-------------------------------

岩村田の旬菜家・海里は、今年オープン9周年を迎えました。

海鮮の和食をベースに、和食だけにはとらわれない自由な発想の料理を手掛けるのは、

料理長の佐藤栄治さん。

食材の持つ良さを活かした調理を心がけているそうです。

良いものを、リーズナブルに楽しめるお店のイチオシメニューが「海鮮丼」。

プロの目利きで仕入れた鮮度抜群の海の幸が、ご飯の上にふんだんに盛られています!

 

 

ONE

タイヤマグロ、ヒラメなど、10種類以上のネタのなかに、気になっていたものがありました!

 

軽く炙ったサワラは肉厚で、食べごたえも満点です!

 

2品目は、佐久鯉や浅科産の信州サーモンなど、佐久を中心に信州の恵みが堪能できるこちらのメニューです。

 

山の恵みを満喫したいときには、「信州牛と野菜のセイロ蒸し御膳」をどうぞ。

綺麗なサシの入った信州牛と、キノコやネギなどの旬の野菜が相性抜群です。

TWO

THREE

海里には、お酒と一緒に楽しめる単品メニューも充実。

旬のこの時期だから楽しめる、岩手産の生ガキの食感はたまりません!

FOUR

旬菜家・海里の住所は、佐久市岩村田355

佐久平ヒルズの1階です。

営業時間は、昼が午前11時から午後3時までで、ラストオーダーが午後2時30分。

夜は、午後5時から10時までで、ラストオーダーが午後9時30分。

金曜日と土曜日は、午後11時までの営業で、ラストオーダーが10時となっています。

お店は基本的に無休ですが、年に数回程度お休みをいただく場合があります。

お問い合わせは、電話0267-88-7110へお願いします。

「てんこもり見た」「てんこもり聞いた」というキーワードを言った方には・・・

 

ソフトドリンクを1杯サービス!

こちらは11月末までの期間限定大サービスです!

 

 

 

 

 

てんこもりおススメ情報

野沢公民館で活動している学習グループ「ふれあいマジック」。

およそ10年活動を続け、ボランティアとして児童館や福祉施設でマジックを披露するグループには、

13人の会員が参加しています。

FIVE

ふれあいマジックは、毎月第2と第4水曜日、午後1時30分から3時まで、

佐久市取手町183の野沢公民館で活動しています。

現在会員募集中、見学も随時受け付けているということです。

また、東先生が講師を務める野沢公民館の学習講座「マジック入門」は、

12月3日と10日の2回講座で、参加費は500円。

現在申し込み受付中で、定員に達し次第締め切られます。

詳しくは、野沢公民館。

電話0267-62-0116へお問い合わせください。

SIXNEW

-------------------------------

11月4日

-------------------------------

野沢の麺処(めんどころ)一品香は、オープン8年目のうどん屋さんです。

定年退職後、趣味の食べ歩きが高じて、本場・香川のうどん学校まで

修行に出かけた神津さんご夫妻。

自分たちの納得できる味を求めて、二人三脚で営んでいるお店です。

もりうどん

寒くなるこの時期にピッタリ!

卵やエビ天といっしょに、アツアツの鍋で煮込んだ「鍋焼きうどん」です。

 

麺処(めんどころ)一品香(いっぴんこう)の住所は、佐久市野沢58-13です。

営業時間は、午前11時30分からで、最終入店は午後2時。

毎週火曜日と水曜日が定休日となっています。

お問い合わせは、電話0267-63-6161へお願いします。

「てんこもり見た」「てんこもり聞いた」というキーワードを言った方は・・・

 

「ちくわの天ぷら」をサービス!

こちらは11月21日・月曜日までの期間限定大サービスです!

 

てんこもりおススメ情報

日本舞踊の五大流派のひとつ、藤間流の踊りを教える教室。

取手町の藤間流舞踊稽古場にお邪魔しました。

 

全国で4万人から5万人の門下生を抱える藤間流。

日本舞踊の流派のなかでも、日本古来の伝統を大切に受け継いでいること。

そして、舞台の上で美しく踊る魅せ方を追求していることが、その特徴だということです。

踊り①

藤間流舞踊稽古場の住所は、佐久市取手町399-11です。

お稽古はおおむね水曜日と金曜日以外の週1回。稽古時間などは生徒さんの

要望に応じて調整できます。

この他、チャリティ公演についてなど、詳しくは、

ホームーページをご確認いただくか、電話0267-62-2626へお問い合わせください。

-------------------------------

10月28日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう!

 

手打ちそばと佐久鯉料理を求めて、

長野県外からもお客さんが訪れるのが、中込のそば処・

藤蔵屋です。

お店を開いた先代は、現在野菜づくりと蕎麦づくりに集中。厨房では、2代目の饒村寛頼

(にょうむらよしのり)さんが腕を振るっています。

①

藤蔵屋の手打ちそばは、40年前も今も変わらずボリュームたっぷり。

今回は、先代ご主人が育てた地物の野菜と一緒に楽しめる、「海老天ざる蕎麦」をいただきます!

自家製の野菜を使った天ぷらはサクサク!

素材にこだわる藤蔵屋ならではの味が楽しめます。

②

自家製の野菜を使った天ぷらはサクサク!

素材にこだわる藤蔵屋ならではの味が楽しめます。

③

続いては、佐久の澄んだ水で3年間育てられ、身がしまって脂の乗った佐久鯉を使った料理。

今回はなんと3品が登場です。

⑤

そば処 藤蔵屋の住所は、佐久市中込2959-1(2回言う)です。

午前11時から午後8時30分まで休まず営業。

毎週月曜日、祝日の場合はその翌日が定休日となっています。

お問い合わせは、電話0267-62-7853へお願いします。

 

佐久平おススメトピックス

今週末にイベントを開催するのは、木次さんをはじめとしたメンバーで構成される団体・スナップです。

スナップではこれまで、毎月1回、中込の街中の清掃活動などを実施してきました。

そんなスナップが初めて企画したイベント。それこそが、NAKAGOMIハロウィンGO!

(ナカゴミハロウィンゴー!)です。

 

子どもたちが街に隠れたお菓子を探しだす、ハロウィンゴーのメインイベント。

今回、大人?の私も、特別に体験させてもらいました。

 

⑤NEW

 

地図を頼りに、中込の街へ繰り出します。

なお、お菓子スポットを探すこのイベントは、中学生までが対象。先着300人限定で、参加費は500円となっています。

最初のお菓子スポットまでやってくると・・・ハロウィンの仮装をしたスタッフの皆さんがお出迎えです!

お菓子スポットは成田公園近くの千曲川沿いから中込駅の目の前まで、まさに商店街じゅうに散らばっています。

これまでなかった地域をあげたハロウィンのイベントを開催することで、中込の街をさらに盛り上げていくのも、今回のイベントの目的のひとつだということです。

次のお店を目指して歩いていると・・・こんな嬉しいサプライズに巡り合うこともできますよ!

 

<映画:映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!>
アムシネマに行きましょう!



てんこもり情報

中込のそば処 藤蔵屋さんから、

「てんこもり見た!」「てんこもり聴いた!」というキーワードを言った方でお食事をされた方には・・・

 

1グループに1枚「かき揚げ天」をサービス!

こちらは11月末までの期間限定大サービスです!

 

-------------------------------

10月21日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう!

1

10月13日、岩村田北にオープンしたラーメン屋が、麺心・風見鶏(めんしん・かざみどり)です。

ご主人の荻原宗幸(おぎはらむねゆき)さんは、学生時代は軽井沢高校で活躍した元・高校球児。

軽井沢のホテルで身に付けたノウハウを、今のラーメンづくりに活かしています。

2

化学調味料を一切使わない、濃厚な鶏白湯(とりパイタン)スープが自慢の風見鶏では、

現在5種類のラーメンを提供。

なかでも、すべての基本となる「鶏白(とりしろ)」は、お店のこだわりが凝縮された一杯です。

トッピングのメンマは、ヒメタケノコで仕込んだ自家製のもの。

直前に炙ってあるから香ばしく、食感もシャキシャキですよ!

3

鶏の旨味をさらに味わいたい方にはこちら!

ラーメンにプラス350円で食べられる、お得な「鶏づくし」セットがおススメです!!

4

皆さん足を運んでくださいね~♪

「てんこもり見た」「てんこもり聞いた」というキーワードを言った方は・・・

 

VTRでもご紹介した鶏皮餃子を1皿サービス!

10月末までの期間限定大サービスです!

 

続いて佐久平おススメ情報です♪

毎年、秋から冬にかけて行われるサク・ブルーム・イルミネーション。

佐久市役所や、佐久青年会議所を中心とした実行委員会が主催しています。

 

会場の準備は、10月はじめからおよそ1か月かけて行われています。

ここで私も、ちょっとお手伝い。

佐久市役所の原田さんに教えてもらいながら、飾りつけの手直しです。

 

東側を走る道路沿いからの眺めもおススメ。

期間中の週末には、各種イベントも開催予定です。

 

5

6

サク・ブルーム・イルミネーションの会場となるミレニアムパークの住所は、

佐久市佐久平駅南1-1です。

開催イベントなど、詳しくはホームページをご確認いただくか、

実行委員会事務局・電話0267-62-2656へお問い合わせください。

 

 

 

 

-------------------------------

10月14日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう

入り口の横には、夏場オープンする小粋なビアガーデン。新子田の猪料理やまおくは、

今年創業40年を迎えました。

現在も活躍中の先代からお店を継いだ、2代目の青木靖典(やすのり)さん

ご夫妻が、創業以来変わらぬ味を守っています。

①

 

②

今回は、やまおくさん定番のコースメニューのなかから、お店を代表する2品が登場です。

一品目のいのしし鍋は、寒くなるこれからの季節にピッタリ。

炭火でじっくりと煮込むから、肉は柔らかく、暖かさが鍋いっぱいに広がります。

 

③

もう一つの看板メニューが、猪の焼肉。

今回は、若女将自らの手で焼き上げていただきましたよ。

④

 

⑤

とにかく名店が新子田にあり!

皆さん足を運んでくださいね~

次回使える1,000円分のお食事券をプレゼント!

今日から先着10名様限定の大サービスです!

 

キーワードは「てんこもり見た!聴いた!」

言ってください!

 

 

おススメ佐久平情報!

⑥

 

 

佐久大学で学ぶ学生たちの学習成果の発表と、地域との交流を図る年に一度の大イベント。

実行委員会が中心となって春から準備してきた大学祭が、いよいよ来週末に迫ってきました。

 

大学祭ではこの他にも、人間の骨格標本など、学生の実習制作の展示。

22日・土曜日には、保健福祉や医療についての公開講演会なども行われ、

大学生の学習の一端に触れることができます。

 

 

佐久大学の住所は、佐久市岩村田2384です。

大学祭について、詳しくは電話0267-68-6680へお問い合わせください。

⑦

-------------------------------

10月7日

-------------------------------

江戸時代末期の嘉永(かえい)4年・1851年に創業した玉屋。

佐久甲州街道のお茶屋さんとしてはじまり、165年の歴史を重ねた老舗菓子店は、現在、

臼田の本店を中心に3店舗を展開しています。

今回は、猿久保のお店にお邪魔しました。

 

 

1

 

2

今回紹介していただいたのは、これからの季節にピッタリ・秋の味覚を使った2品。

「栗巴伊(くりパイ)」は、全国菓子大博覧会で総裁賞を受賞した逸品です

3

2品目の「信濃くるみ坊」は、県外からも問い合わせがあるお店の人気ナンバーワンメニュー。

ポイントはなんといっても、クルミをたっぷりと練りこんだ「ヌガー」です。

4

 

5

是非皆さん足を運んでくださいね~

「てんこもり見た」「てんこもり聞いた」というキーワードを言った方には・・・

 

玉屋さんのお菓子「真田の幟旗(のぼりばた)」、1パック2個入りをプレゼント!

先着30人限定の大サービスです!

 

 

佐久平おススメインフォメーション

臼田健康活動サポートセンターが、今週はじめ、10月3日・月曜日にオープン!

イベントのスタートは、この新しい施設から。

歩く前にはストレッチも大切。

この日は、特にふくらはぎと足首を入念にほぐしました。

イベント当日も、大塚先生の指導でストレッチをしてから、ウォーキングに出発するそうですよ。

 

6

この日は、ウォーキングコースのほんの一部を体験。センターを出発した私たちは稲荷山を目指しました。

当日のイベントコースは、龍岡城五稜郭まで足を延ばすおよそ6キロのAコースと、

橘倉酒造周辺を巡るおよそ4キロのBコース。そして、稲荷神社とコスモタワーなど、

稲荷山公園のなかを散策するおよそ5キロのCコースの3種類。

ウォーキングの途中にはそれぞれのコースで、川村吾蔵記念館や養魚場の見学、

橘倉酒造で歴史的な資料を見ることもできるなど、臼田の宝や魅力を再発見できるコース設定となっています。

また、臼田の飲食店さんの一部では、うすだ産のプルーンを使ったウォークラリー

特別ランチを味わうこともできるそうですよ。

ウォークラリーのチェックポイント16か所には、佐久平総合技術高校生が作成した、

臼田をモチーフとしたスタンプがおかれますよ。

より見知探健ウォークは、10月10日・体育の日に開催。

集合場所は佐久市臼田2175-1(2回言う)のうすだ健康館で、午前9時30分受付開始です。

参加費は500円で、当日の申し込みも可能とのこと。

詳しくは、うすだ美図の友野さん、電話090-8723-4870(2回言う)へお問い合わせください。

7

 

-------------------------------

9月30日

-------------------------------

中込のラーメン店、七代目・助屋は、店主の金子祐一さんが、修行を積んだ中野市の本店からのれん分けで開いたお店。

このお店から自分の目指すラーメンづくりをスタートさせた金子さんは、現在、長野県内に5店舗のラーメングループを手掛けています。

①

佐久の人気ご当地グルメ・安養寺ラーメンは、佐久ラーメン会の会長も務めた金子さんが、開発に深くかかわった一品。

助屋の安養寺ラーメンは、こってりとした豚骨スープをメインに、魚介スープの隠し味もポイントです。

②

つづいては、助屋が送る安養寺ラーメンの新バリエーション。

真っ黒なスープが自慢の『安養寺BLACK』をいただきます!

3時間煮込んで作った特製チャーシューは、箸で持っただけでほぐれるほどトロットロでした!

③

「てんこもり見た」「てんこもり聞いた」というキーワードを言った方・・・

 

ギョーザ1枚サービス!

こちらは10月の3連休おわり、10月11日・火曜日までの期間限定となります。

 

 

おススメてんこもり情報

昭和48年に開館した五郎兵衛記念館。

江戸時代のはじめ、現在の浅科に用水路を開いた市川五郎兵衛と、用水の歴史を今に伝える施設です。

遠く蓼科山の湧き水を水源として、およそ20キロにもおよぶ用水路の開発。

この大事業を後押しした、資料を見ることもできます。

 

④

五郎兵衛記念館に収蔵されている古文書は、浅科や中山道の歴史に関わるものが、6万8,000点あまり。

地域の歴史を知るため、この膨大な量の古文書の解読作業が、30年以上かけて進められています。

今回は、そのなかから、東信地域ゆかりの人物に関わる資料を紹介していただきました。

 

⑤

 

佐久市五郎兵衛記念館の住所は、佐久市甲14-1です。

開館時間は、午前9時から午後5時まで。

毎週月曜日と、祝日の翌日、年末年始が休館となります。

観覧料は無料です。

 

 

-------------------------------

9月23日

-------------------------------

佐久平グルメをたべつくそう!

中込にオープンして、9月で15周年を迎えた響家は、店内にジャズの

スタンダードナンバーが流れるおしゃれなラーメン屋さん。

この道40年。以前は岩村田で「バードランド」という洋食レストランを営んでいた

ご主人の富山勝利(とみやまかつとし)さんが、息子さんの帰郷を機にはじめたお店です。

ラーメンづくりを担当するのが、ご主人と一緒に厨房に立つ息子さんの大介(だいすけ)さん。

しょうゆ味の「響家らーめん」には、1年以上かけて開発した自家製の手打ち麺をはじめ、

大介さんのこだわりが詰まっています。

国産豚バラ肉をじっくり煮込んで仕上げた特製チャーシューも見逃せません。

①

洋食の担当は、もちろんご主人の勝利(かつとし)さん。

40年のキャリアで培った職人技と、40年間守り続けるオリジナルデミグラス

ソースが織り成すオムライスは、絶妙な味のバランスを楽しめます!

 

②

響家の住所は、佐久市中込3679-141です。

営業時間は、昼が午前11時30分から午後2時30分まで。

夜は、午後5時30分から10時までとなっています。

毎週火曜日が定休日です。

お問い合わせは、電話0267-63-4322へお願いします。

③

今回ご紹介した「オムライス」を100円引き!

通常価格1,080円→980円で食べられます。

9月末までの期間限定大サービス!

てんこもり見た!てんこもり聴いたお聴き逃しなく!

 

おススメ佐久平情報~♪

 

④

今回は、群馬県との県境、内山の山荘あらふねにお邪魔しました。

 

例年春を迎える4月中旬から、冬の近づく11月中旬まで営業している山荘あらふね。

標高1260メートルの高地にある公共の宿からは、天気の良い日には荒船山や八ヶ岳

連峰を眺望することができるそうです。

大自然を満喫する観光客をはじめ、クロスカントリーコースで練習を積む学生の合宿や、

老人クラブの旅行など、様々な目的で利用されています。

なお、利用者のおよそ8割は長野県外からのお客さんだということです。

 

山荘からコスモス園を目指して、小高い丘を5分ほどかけて登っていきました。

丘を登ったその先には、山荘のスタッフが手塩にかけて育てた大コスモス園が広がります。

 

ロケを行ったこの日は、朝からあいにくの雨模様。

山のなかは深い霧に包まれ、遠くまで見通すことは出来ませんでしたが、

見渡せるところは一面、色とりどりのコスモスで埋め尽くされています。

 

ちなみに、コスモスの種は、内山地区の皆さんから譲ってもらっているそうです。

コスモス街道のコスモスとは、いわば兄弟のコスモスたち。

白い霧と、雨に濡れるコスモスのコントラストも、風情があって素敵だと思いませんか?

 

山荘あらふねの住所は、佐久市内山352-1です。

大コスモス園は今週末から来週にかけてが一番の見ごろとのこと。

また、山荘の今シーズンの営業は11月20日・日曜日まで。

利用・宿泊プランなどについては事前にご相談ください。

お問い合わせは、電話0267-65-2021へお願いします。

 

⑤

 

映画は真田十勇士でした!

 

-------------------------------

9月15日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう

猿久保に店を構える「居酒屋・山浦屋」。

東京で会社員として活躍したご主人の山浦一幸(かずゆき)さんが、

定年を機に地元の佐久で開いた、念願のお店です。

 

③

趣味の釣りを通じて、全国各地の漁師さんとつながりを持つ山浦さんのもとには、

旬の魚が集まってきます。

新さんまの刺身は、その日の朝に、漁港で水揚げされたばかりのものを直送。

鮮度抜群なサンマの切り身は、なんと「赤く」輝いています!

④

2品目は、佐久市産の地鶏・信州福味鶏(しんしゅうふくみどり)を使った「から揚げ定食」。

食材が持つ本来の味を生かしたいと話す、ご主人のこだわりが詰まった一食です。

⑤

居酒屋・山浦屋の住所は、佐久市猿久保667-5です。

営業時間は、昼が午前11時から午後2時まで。

夜は、月曜から木曜は午後5時から11時まで。金曜・土曜・日曜と祝日、

および祝日の前日は、翌午前2時までとなっています。

お店は不定休です。

お問い合わせは、電話0267-67-0202へお願いします。

「てんこもり見た!」「てんこもり聴いた!」というキーワードを言った方には・・・

 

ランチタイムでは・・・

今日ご紹介した「から揚げ定食」が通常価格・税別950円のところを税別750円でサービス!

ディナータイムでは・・・

550円のおつまみメニューのなかからお好きなものを逸品サービスです!

こちらは10月末までの期間限定大サービス!

 

おススメてんこもり情報~♪

岩村田本町商店街の真ん中にある、岩村田寺子屋塾。

地域の子どもたち、およそ130人が利用し、鹿島学園高校の通信制サポート

キャンパスにもなっている、この学習塾に、最近、新たな仲間が加わりました。

①

人の感情を認識できるといわれている世界初のロボット、ペッパーの登場です。

ゲームに挑戦。登録されている色々なアプリのなかから、くすぐりゲームにチャレンジしました。

寺子屋塾のペッパーは、今、いろいろなことを勉強中で、

これから出来ることはもっと増えていくんだとか。

②

岩村田寺子屋塾の住所は、佐久市岩村田758です。

開校時間は、平日は午前9時から午後10時まで。土曜日は、午前10時から

午後7時までとなっています。

開校時間内であれば、ペッパーとはいつでも遊べるとのこと。

詳しくは、電話0267-54-8339へお問い合わせください。

 

アムアム映画情報

<映画:怒り>

-------------------------------

9月9日

-------------------------------

佐久平おすすめ情報~

全国のなかでも生産量1位をほこる長野県産のプルーン。

なかでも佐久地域は、県内産プルーンの発祥地として知られています。

雨が少なく、寒暖の差が大きい気候を利用して、佐久地域で作られているプルーンはおよそ20種類。

そのなかでも最も生産量が多いサンプルーンが、今、旬の時期を迎えています。

 

①

この日は、佐久地方事務所・農政課の皆さんといっしょに、プルーンの種飛ばしに挑戦です。

②

私の記録は、1メートル94センチ。

プルーンの種は大きさの割に意外と軽くて、思ったより遠くには飛びませんでした。

堀内さんは、グランプリを通して、生で食べるプルーンの美味しさや瑞々しさを、

多くの人に伝えたいと話します。

ちなみに、初めて行うイベントなので、種飛ばしのコツや必勝法ははったくの未知数!

誰にでも優勝のチャンスがありそうですよ!

③

 

佐久平のグルメを食べつくそう~♪

100年以上時を刻み続ける古時計がおかれ、ゆっくりとした時が流れるお店。

中山道望月宿の入り口に店を構える旅館として、江戸時代から続くのが「あけぼのや」です。

ご主人、大草通則(おおくさみちのり)さんは、記録が残っているだけでも8代目。

現在は飲食業を中心に、旅館の営業も続けています。

④

ご主人が30年以上こだわり続けるのが、普通より大きなナス、「米茄子」を使った料理。

じっくりと揚げた米茄子に、味噌ベースの鳥そぼろ餡をたっぷりとかけた、

「米茄子の鳥そぼろ」は、お店の人気メニューです。

今回は、信州そばとのセットでいただきます!

 

⑤

2品目は「岩魚の唐揚げと蕎麦」のセット。

南佐久産のイワナをカラっと揚げたら、つぎ足しながら長年使っているタレに通すと、

ジュワっといういい音と、香ばしい香りがいっぱいに広がります!

⑥

あけぼのやの住所は、佐久市望月74-1です。

営業時間は、昼が午前11時30分から午後2時まで、

夜は午後5時から8時までとなっています。

定休日は毎週火曜日と毎月第3水曜日。

定休日以外にも都合によりお休みをとる場合があるのでご確認ください。

お問い合わせは、電話0267-53-2022へお願いします。

「てんこもり見た」「てんこもり聞いた」というキーワードを言った方・・・

 

ホットコーヒー1杯サービスです!

 

映画:四月は君の嘘注目ですよ~♪

-------------------------------

9月2日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう~!!!!

①

塚原に店を構えて22年目、通り沿いにある黄色い建物が目に付くお店

「信州たこ焼 おやつ村」。

専門店がつくるタコ焼きの味に感動し、はるばる愛知県まで修行に行った

ご主人の磯部康平(いそべこうへい)さんと、そのご家族が切り盛りされています。

修行で得た基本を大切にするご主人が焼くタコ焼きは、焼き器の上で回さない

独自の製法で具がたっぷり。

秘伝のソースと辛子マヨ、かつお節がたっぷりかけられたたこ焼きのなかから、

お店の売れ筋ナンバーワン、10個入りの「ばあちゃんたこ焼き」をいただきます

 

③

つづいては、オリジナルフレンドの辛子マヨを、なんとタコ焼きのなかにブスッと注入した、

その名も「ぶすマヨたこ焼」。

こちらは、ご家族のちょっとしたアイディアから生まれたという人気メニューです。

④

 

②

信州たこ焼 おやつ村の住所は、佐久市塚原434

営業時間は、午前9時から午後7時まで。

お店は不定休となっています。

お問い合わせは、電話0267-68-5661へお願いします。

 

 

佐久平おススメ情報~♪

 

⑤

優れた軍馬の生産を目的に、明治38年に設立された長野牧場。

戦後、優良な家畜を育てる牧場となり、平成21年には家畜改良センター茨城牧場

長野支場と改称され、現在にいたります。

早速、牧場のなかを散策です。

長野牧場といえば、ヤギとのふれあいを思い浮かべる方、多いのではないでしょうか。

長野牧場まつりでは、かわいいヤギたちと間近で触れ合うことができるそうですよ。

⑥

家畜改良センター茨城牧場長野支場の住所は、

佐久市新子田2029-1です。

詳しくは、電話0267-67-2501へお問い合わせください。

 

今週のアムシネマ映画情報は「高速参勤交代」でした~♪

 

 

-------------------------------

8月26日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう!!!!!!

今年7月2日、前山にオープンしたばかりのお店、ココベーカリー。

パンの世界で20年以上修行を積んだ、オーナーの武田貴也さんが切り盛りする

お店には、リピーターも徐々に増えてきたということです。

④

 

ココベーカリーでは現在、限定商品も含めておよそ25種類のパンを提供中。

今後は、スイーツのようなパンの開発にも、力を入れていきたいということです。

どれも美味しそうなパンのなかから、オーナーがハニーココでの修行時代に開発したという「クロワッサン」をいただきます!

中はしっとりモチモチ。

食べてみるとほのかに甘くて、お菓子のような味わいです!

⑤

続いては、外はカリッと、中はもっちりとした「塩パン」。

表面にかけられた、甘じょっぱい岩塩が絶妙なアクセント!

⑥

ココベーカリーの住所は、佐久市前山137-1です。

営業時間は、午前9時から午後6時30分まで。

時間内でも、パンが売り切れ次第閉店となりますのでご了承ください。

毎週水曜日が定休日となっています。

お問い合わせは、電話0267-88-6858へお願いします。

⑦

「てんこもり見た!」「てんこもり聴いた!」というキーワードを言った方で・・・

 

パンを購入していただいた方には、

大人気商品の「シュガーラスク」を一つプレゼント!

今日から先着10人の大サービスです!

 

 

 

佐久平おススメ情報~♪

①

 

昭和56年のオープン以来、多くのボウリングファンに親しまれている、

長土呂の佐久プラザボウル。

レーンの数は22。シューズやボール、子供向けボールのレンタルなど、

サービスも充実しています。

早速レンタルシューズに履き替えた僕に、今回ボウリングを教えてくれるのは、

平均スコア200! 小さいころからのボウリングファンで、

プロボウラーを目指したこともあるという、清野翔(きよのしょう)さんです。

 

手の大きい僕は、14ポンドのボールがベスト。

ちょっと重めのボールを持って、レッツ!ボウリング!!

 

②

 

己ベストを目指して、僕も投球再開です。

清野さんからは、残ったピンに応じた立ち位置や、狙うターゲットスパットなどを細かく

教えていただきました。

佐久プラザボウルのスタッフは、ボウリングの上級者ぞろい。

個人にあわせたワンポイントレッスンをいつでも受け付けています。

レベルアップを目指す方は、お気軽に声をかけてみてくださいね。

③

是非皆さん!ボーリング楽しんでみてくださいね~♪

 

-------------------------------

8月19日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう!

臼田に店を構えて8年目のダーツアンドダイニング・ルーチェ。

今年4月、お店の料理を一手に手掛ける池田博典(ひろふみ)さんが、

先代オーナーからお店を引き継ぎました。

ゆったりとした空間でダーツとビリヤードが楽しめる、佐久地方のなかでも数少ないお店です。

 

ルーチェ①

ルーチェ②

一品目のおススメは、ビールフェアのなかから、池田さんが考案したという「カルビパスタ」。

たっぷりのカルビにピリ辛スープの韓国風パスタは、ビールのお供にピッタリです。

ルーチェ③

ルーチェのもう一つの楽しみ方が、家族や友人、恋人との気さくな食事。

誕生会や女子会で利用する方も多いそうです。

2品目はそんなシーンにおすすめの「ハニートースト」。

今回は、誕生会用のデコレーションをしていただきました。

ルーチェ④

ダーツ&ダイニング ルーチェの住所は、佐久市臼田1371-3の2階です。

営業時間は、午後6時からで、日曜日と火曜日から木曜日までが翌午前1時まで。

金曜・土曜と祝日の前日は翌午前3時までとなります。

毎週月曜日が定休日です。

お問い合わせは、電話0267-54-8381へお願いします。

「てんこもり見た!」「てんこもり聴いた!」というキーワードを言った方には・・・

 

ワンドリンクサービス! こちらはアルコールでもOKです!

9月末まで期間限定の大サービス。

 

てんこもりおススメ情報~♪

今回は、野沢の臼田経理専門学校へ。

将来の就職へ向けた知識や資格の取得を目指して、たくさんの学生が通う学校で、

社会人にとって役立つ資格のひとつ、簿記についての勉強をしてきました。

お話を伺うのは、井出憲太先生です。

ルーチェ⑤

全国でおよそ200チーム、1000人ほどの学生が参加する簿記・電卓競技大会。

「ビジネスの甲子園」とも呼ばれるこの大会で、臼田経理専門学校のチームは、

7月の中部地区大会に優勝。11年連続となる全国大会へ出場します。

学生の皆さんは、今、本番へ向けた練習の真っただ中だということです。

3桁から6桁まで。縦に15個並んだ数字を、足したり引いたりして答えを導きます。

今回は、電卓を使って、制限時間内に何問出来るか、その速さと正確性を競いました。

3人の学生に私を加えた4人が、一斉に計算をスタート。

久しぶりに触る電卓を、一生懸命操作しながら、問題を解いていきました。

ここで、私の隣に座る女性の学生さんに注目。

彼女は、7級からはじまり、最高10段まである電卓技能検定で、なんと七段を持っているそうです。

その電卓さばきはまさに目にも止まらぬもの。電卓に表示される数字が、

あっという間に切り変わっていきます。

この日用意された10問すべてを、開始から4分足らずで解き終えてしまいました

ルーチェ⑥

答え合わせです。私は、答えられた6問中5問正解で50点。

なんとか合格点といったところでしょうか?

ルーチェ⑦

臼田経理専門学校・野沢本校の住所は、佐久市野沢67-1。

パソコンコース、簿記コース、公務員コースの3コースを用意。

体験入学は水曜日と土曜日に随時実施しています。

なお学校では、8月20日と27日、9月10日、いずれも土曜日の午後に、

公務員試験直前対策講座を開講します。

受講料は無料。前日までに申し込みを行ってください。

お問い合わせは、電話0267-62-2865へお願いします。

映画コーナーは「君の名は」でした!
週末はアムシネマに行こう!!!!!!!!!!!!!!!!

-------------------------------

8月12日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう!

中込に店を構えて69年。戦後まもなくの時代から街の喫茶店として、

住民の皆さんに親しまれてきた喫茶・明正堂。

地域の宝をモチーフにした建物で、癒しのひと時を提供するのは

ご主人の田中克(カツミ)さんです。

①

 

70代の方を中心に、大勢のお客さんが集まるといううたごえ喫茶は、

毎月1回の開催で間もなく節目の200回。16年以上途絶えることなく続いています。

そんな明正堂の夏の人気ナンバーワンデザートが、さっぱりした味わいの「宇治寒天」。

抹茶の寒天と餡子、そしてソフトクリームのバランスが絶妙です。

 

つづいては、見た目にも華やかな「フルーツパフェ」。

アイスクリームのうえには、フレッシュな5種類以上のフルーツがてんこもり!

 

②

 

喫茶・明正堂の住所は、佐久市中込1-18-16。

営業時間は、午前8時30分から午後10時まで。

毎月2回、水曜日にお休みをいただいています。

お問い合わせは、電話0267-63-0588へお願いします。

③

 

てんこ:ここで、喫茶・明正堂さんからのてんこもり情報です!

「てんこもり見た!」「てんこもり聴いた!」というキーワードを言った方には・・・

 

手作りのクッキーを1袋プレゼント!

今日から8月16日・火曜日まで、毎日先着10人限定の大サービスです。

 

 

おススメてんこもり情報~♪

今回私は佐久消防署で、佐久市消防団が開催するイベント

「みんなあつまれ ふれあいDay」にお邪魔しました。

消火器の取り扱い訓練では、訓練用の水消火器を使いました。

5メートルほど離れたところの的を火元に見立てて、消火器から出る水を当ててみました。

水消火器の使い方は、実際の消火器と一緒。

ただ、水消火器で火を消すことは出来ませんのでご注意ください。

④

 

昭和30年代まで火災現場で使われていた腕用ポンプ。現代のエンジンで

動かす動力ポンプと比べても、それほど変わらない消火能力があるそうです。

取っ手を上下に漕いで、ホースへ水を送ります。

水が数十メートルのホースを伝わり、その先の火元へ勢いよく届くように

消防団員の皆さんと息を合わせて頑張りました。

 

続いては、動力ポンプを使った放水を体験します。

こちらのポンプ自動車は、佐久市消防団に配備されたばかりの、最新式のものだということです。

水の勢いは今までで一番。

今回は体験用の細いホースを使いましたが、実際の火災現場や操法大会で使うホースは、

太く、水の勢いもさらに強くなります。

様々な年代の方が集まっている、消防団員の皆さん。

それぞれに仕事を持つなかで、ホースやポンプを安全に、正しく使えるように、

日々訓練を行っています。

そこでは、同じ地域で暮らす者同士、新しい仲間との出会いもあるそうですよ。

佐久市消防団では、団員を随時募集しています。

健康で、佐久市内に在住か、在勤の方なら入団可能。

詳しくは、お近くの消防団員か、佐久市消防団係・電話0267-64-4119

へお問い合わせください。

現在プレゼント受付中!!!

⑤

住所、氏名、電話番号お忘れなく~♪

-------------------------------

8月5日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう!!!!

JR佐久平駅・プラザ佐久の1階に店を構えるカフェ・グレ猫は平成23年のオープン。

自家焙煎のこだわりのコーヒーが楽しめます。

お店を切り盛りする吉田志奈子(しなこ)さんの入れたコーヒーをいただきながら、

お店紹介のスタート。

①

佐久平の玄関口に店を構えるカフェとして、グレ猫のもう一つのこだわりが地産地消。

佐久の味を多くの人に味わってほしいと、地域の食材を使ったメニューを提供しています。

今回紹介するのは、佐久市産のお米を使った米粉うどんと、アルバイトの高校生の

自由な発想が結びついて生まれた人気メニュー『明太スパ風うどん』です。

②

 

2品目は、涼しさを求めたいこの季節にピッタリの、『コーヒーゼリーサンデー」。

こちらのデザートは、アフリカ大陸東部・インド洋に浮かぶ孤島「ブルボン島」がキーワード。

 

③

カフェ・グレ猫の住所は、佐久市佐久平駅東1-1(2回言う)、

JR佐久平駅・プラザ佐久の1階です。

営業時間は午前8時から午後7時まで。

お店は年中無休となっています。

お問い合わせは、電話0267-68-9025です。

 

「てんこもり見た!」「てんこもり聴いた!」というキーワードを言った方には

人気メニューの中華ざるの大盛り無料!

通常プラス100円の大盛りが無料になります。

※中華ざるは、ざるそばの麺が中華麺になったつけ麺風に楽しめる人気メニュー。

8月末までの期間限定サービスです!

 

 

 

おススメてんこもり情報

野沢公民館で活動している学習グループ「銭太鼓やまぼうし」。

平成23年に発足した会には、現在21人の会員が参加しています。

今回私に銭太鼓を教えてくださるのは、銭太鼓歴15年の三島ちづ代先生です。

 

④

長さ30センチくらいの2本の筒を、音楽に乗ってリズムよく、振ったり叩き合わせたり、

床に叩きつけたりして、音を出す楽器が銭太鼓。

赤と白の、2本の筒を使います。

赤と白、きれいな房のついた2本の銭太鼓を受け取って、さっそく、体験のスタートです。

会員の皆さんと、簡単な曲にチャレンジしてみました。

三島先生の動きにあわせて銭太鼓を振るたび、筒のなかの5円玉が独特の音を響かせます。

銭太鼓を手元でくるっと回したり、頭の上で叩き合わせたりと、その振り付けは様々です

⑤

会員の皆さんは、銭太鼓を動かす息もぴったり。

部屋のなかは、たくさんの銭太鼓が出す「シャンシャン」という音でいっぱいになります。

一般的には民謡で演奏することの多い銭太鼓ですが、やまぼうしの皆さんは、

ユーロビート調でアップテンポな信濃の国など、さまざまな曲で銭太鼓の演奏に

チャレンジしているそうですよ。

ここで、会員の皆さんにもお話を伺ってみました。

ちなみに皆さん、舞台で発表するときにはお揃いの法被を身に付けるそうですよ。

⑥

銭太鼓・やまぼうしは、野沢会館で活動しています。

練習は毎月2回・第1と第4木曜日の午前10時からお昼12時まで。

初めての方の見学も大歓迎だということです。

お問い合わせは、野沢公民館、電話0267-62-0116へお願いします。

-------------------------------

7月29日

-------------------------------

てんこもりおススメ情報~

今年7月16日、大河原峠にオープンしたのが『峠のカフェ・アダモ』です。

趣味は山歩き。山に魅せられて、県外から長野へと移り住んできたオーナーの

畑中昌浩(はたなかまさひろ)さん。

そんな畑中さんが、それまであった売店を自ら改装したお店には、

登山やサイクリングなどで峠を登ってきた方が訪れているそうです。

①

お店おすすめのランチプレートが、「チキンの網焼き自家製バジルソース」。

こんがりと焼かれたチキンのグリルに添えられるのは、たっぷりのバジル。

佐久市産のライスや実家の農園でとれた野菜がプレートにのった、地産地消にこだわった逸品です。

②

この日、小皿にはカツオのマリネ。

自家製ハーブの香りが食欲を増してくれます。

③

2品目には、登山のあとなど、疲れた時に食べたくなる、甘いスイーツを。

日替わりメニューの『本日のデザート』、この日はブルーベリーソースがたっぷりとかかった

手作りのチーズケーキをいただきました。

デザートのお供には、自家製ハーブとブルーベリーを使った、さわやかなノンアルコールカクテル

『ラズベリーハーブソーダ』をどうぞ。

峠のカフェ・アダモは、佐久市大河原峠。登山口の駐車場内にあります。

営業は6月から10月中旬までで、営業時間は午前11時30分から午後4時。

お店は不定休で、悪天候の際は休業となります。

お問い合わせは、電話080-7717-0039 へお願いします。

 

 

 

てんこもりおススメ情報~♪

はじめにご紹介するのは、今年30回目を迎える臼田の夏祭り・臼田よいやさです。

④

臼田よいやさは、8日6日・土曜日の午後5時から。

臼田駅から臼田中央交差点までが歩行者天国になります。

お問い合わせは、臼田夏祭り実行委員会、電話0267-82-3113へ。

つづいては、浅科のお盆といえばコレ。

浅科どんどん祭りのご案内をしていただきます。

浅科どんどん祭りは、8月14日・日曜日、塩名田の多目的グラウンド周辺で開催。

午後1時30分からの昼の部は、魚のつかみ取りや盆踊り。

64回目の納涼花火大会は、午後7時15分からです。

花火大会の駐車場は、例年・午後6時くらいまでに来場すれば空きがあるとのこと。

詳しくは佐久市浅科支所、電話0267-58-2001へお問い合わせください。

⑥

最後にご紹介するのは、たいまつの炎と榊が幻想的な空間をつくる、信州の奇祭「榊祭り」。

望月の大伴神社の階段を駆け上がり、待ち合わせ場所へと向かいました。

佐久市民祭・榊祭りは、8月15日・月曜日に中山道望月宿一帯で行われます。

午後1時、望月支所での開会式につづき、6基の子ども神輿の練り歩きがスタート。

車での来場の際は、望月高校やセレモニーホール川西などが駐車場となります。

お問い合わせは、佐久市望月支所・電話0267-53-3111へお願いします。

⑤

 

河原峠の「峠のカフェ・アダモ」さんから、

「てんこもり見た!」「てんこもり聴いた!」というキーワードを言った方には・・・

 

食事または飲み物のご注文で、デザートサービス!

先着20人限定の大サービスです!

 

 

-------------------------------

7月22日

-------------------------------

 

望月の国道142号沿いに店を構える「久弥」。

名古屋生まれ、名古屋育ち。

Iターンで佐久地方へと移り住んだご主人の荒谷清隆(あらやきよたか)さんが、

先代にあたるお父さんと一緒に始めたお店です。

 

 

うどんよりも薄くて幅広い麺が特徴の、名古屋のソウルフード、きしめん。

今回は、土鍋で煮込む、八丁味噌の濃厚な味わいのこちらのメニューをご紹介します!

⑥

汁の味付けは佐久の皆さんの味覚にあわせて、本場・名古屋よりも薄口に、食べやすくしてあるそうですよ。

 

2品目は、望月のご当地グルメ「駒月みそカツ丼」。

名古屋のみそカツの味わいに近づけた、ご主人だからできる濃厚な味付けの味噌ダレが自慢です。

①NEW

 

どんぶりのお供の汁物には、しょうゆ味でツルっといただけるきしめんをどうぞ!

 

 

きしめん久弥の住所は、佐久市望月959-1です。

営業時間は、昼が午前11時から午後2時。夜が、午後5時から8時30分となっています。

毎週火曜日、および、毎月最終月曜日の夜営業が定休となります。

お問い合わせは、電話0267-53-6195へお願いします

②NEW

てんこ:ここで、きしめん久弥さんからのてんこもり情報です!

「てんこもり見た!」「てんこもり聴いた!」というキーワードを言った方には・・・

 

久弥さんが麺を仕入れる名古屋の老舗の「ひやむぎ」をプレゼント!

先着5名様限定の大サービスです!

さあ皆さん、望月の久弥へ急げ!!

 

 

 

おススメてんこもり情報~♪

今回のロケ地は平尾山公園。

はじめに、2005年にオープンしたカブトムシドームにむかいました。

③

高いところで18メートルにもなる、大きなドームのなかに入った私を、数百匹のカブトムシがお出迎えです!

ドームでは、国蝶のオオムラサキも見ることもできます。

ここで、夏休みに昆虫採集に出かける子どもたちに、金子さんからアドバイスをいただきました。

つづいては、オープン10周年を迎えた昆虫体験学習館へ。

現在行われている3つの企画展を紹介していただきます。

8月28日まで開催中の【世界のカブ・クワ大集合】。

生きている世界中のカブトムシやクワガタムシ、なんと10数種類と触れ合うことができます。

2つめは、【巨大昆虫の進撃!展】。

体長30センチを超えるナナフシをはじめ、セミやアゲハチョウなど、世界最大級の昆虫の

標本を展示。

大きな虫の数々には、一目見てビックリ!

こちらは、9月4日まで開催中です。

④

最後に、8月28日まで行われている10周年記念特別展【氷の妖精展】へ。

パルナシウスと呼ばれる、白い原始的なアゲハチョウの仲間。

日本の天然記念物のウスバキチョウをはじめ、アメリカやヨーロッパ、チベットの奥地に生息する、

世界の全47種類の標本が一堂に集まった、とても貴重な展示だということです。

⑤

映画「シン・ゴジラ」佐久アムシネマで7月29日・金曜日公開です!

 

映画はアムシネマに行こう!!!!!

 

-------------------------------

7月15日

-------------------------------

今週火曜日、7月12日にオープンしたばかりの「氷見きときと寿司佐久平店」。

店内には、テーブル席が22席。カウンター席が6席用意されました。

一般的な回転寿司店よりもワンランク上の、「グルメなお寿司」が食べられるお店です。

①

北陸直送の白身魚を中心とした豊富なネタの数々。

届いた魚は店内で捌かれ、カウンター席では板前さんが目の前で寿司を握ってくれます。

どれも美味しそうなお寿司のなかから、伊那店長イチオシがこちら。

脂のたっぷりとのった「のどぐろ」のお寿司です。

②

つづいては「白身三種」

その日一番のおすすめのなかから、3種類の白身魚の食べ比べです。

この日は、ヒラメとカワハギ、メダイをいただきました。

③

氷見きときと寿司佐久平店の住所は、佐久市岩村田1763です。

午前11時から午後10時まで休まず営業。

お店は無休となっています。

お問い合わせは、電話0267-88-6619へお願いします。

 

④

 

 

てんこもりおススメ情報です!!!!

 

成田山薬師寺の参道すぐ横にあるギャラリー、やまいも工房・地蔵屋。

1階では手作りのクラフト作品を展示・販売。

2階は、50人以上の生徒さんが通っている金継ぎ教室の工房となっています。

⑤

割れた陶磁器をつなぎあわせ、新たな器として生まれ変わらせる金継ぎ。

古くは千利休の時代から、およそ500年の伝統があります。

近年、首都圏ではカルチャースクールが開催されるほどのブームにもなっているそうです。

通常は、半年から1年をかけて1つの作品を完成させる金継ぎの作業。

今回はその中のほんの一部分を体験させていただきました。

きれいに二つに割れた湯飲み茶わん。これを、隙間なくつなぎ合せます。

⑥

金継ぎの作業は、この後、何回かに分けてつなぎ目へウルシを足す作業。

そして、余分なウルシを紙やすりで落とす作業へと続いていきます。

ここで、この日作業に訪れていた生徒さんへ、お話を伺ってみました。

この日体験した作業、2つ目は仕上げの部分。

お皿の継ぎ目にウルシを塗り、筆を使って上から金粉を落としていきます。

普段は金粉が飛ばないように、暑い日でも窓を閉め切って行うこの作業。

ちなみに、金粉を塗るのではなく、「まく」という表現を使うそうです。

余計な金粉を払い落すと・・・

宮川先生が作り上げた完成品がこちら。

金の継ぎ目が彩を加え、趣のある新たな器として生まれ変わりました。

 

やまいも工房・地蔵屋の住所は、佐久市原455-1

金継ぎ教室は曜日に関係なく、ご希望にあわせていつでも開催。

必ず、希望日の前日までにご予約ください。

料金は1回2,500円。

道具類はそろっているので、直したい陶磁器のみお持ちください。

お問い合わせは、電話090-9855-6787へお願いします。

 

てんこもり映画情報~♪

ONE
PIECE FILM GOLD

 

-------------------------------

7月8日

-------------------------------

昨年8月、岩村田のこてさんねにオープンした、多国籍料理のお店「びすとろ・海と山と」。

店主の佐藤顕二(けんじ)さんは、岩手県奥州市の出身。

長野県へと移り住んで、20年になるそうです。

11

 

様々な国の料理が楽しめるメニューのなかから、今回登場するのはアジア料理。

1品目は、水菜を中心に、レタスや赤と黄色のピーマンなど彩り豊かな野菜がふんだんに

使われた「小エビと野菜の生春巻き」。

プリプリのエビがうれしい、女性人気ナンバーワンのメニューです。

12

つづいては、アジア料理のなかでも定番のライスプレート。

メニューをそのまま読むと「ガッパオプレート」となりますが、

この読み方には、ちょっとしたコツがあるそうですよ。

鳥のそぼろとライスの上にのった、半熟の目玉焼きの黄身を割る瞬間がたまりません!

13

びすとろ・海と山との住所は佐久市岩村田741

つどいの館こてさんねの1階です。

営業時間は、昼が午前11時30分から午後2時30分。

夜は午後5時30分からで午後11時がラストオーダーとなります。

毎週火曜日が定休日です。

お問い合わせは、電話0267-78-5579へお願いします。

 

てんこもりみたきいたで・・・

ワンドリンクサービス!

なんとこちらはアルコールでもOKです。 1グループ5人まで。

8月末までの期間限定サービスとなります。

 

 

てんこもりおススメ情報です!

創業135年になる老舗呉服店・やなぎだ。

浴衣や振袖といった和服の品ぞろえは、東信エリアでも最大級を誇ります。

14

 

着付けの前に、小物の確認。

きれいな浴衣をきれいに着るためには、肌着や腰ひも、帯板、コーリンベルトといった小物を、

必ず用意してほしいそうです。

 

首の後ろにこぶし1つ分くらいの隙間ができるように、襟元を合わせて位置を決め、

帯で留めていきます。

若い女性は、襟元をしめるのがポイントとのこと。

着物のかたちが決まったら、次は帯を結んでいきます。

帯には様々な結び方があるそうですが、今回は、基本的な蝶々結びをつくっていただきました。

 

赤やオレンジの大きな菊の花があしらわれた、今年イチオシの浴衣。

気分も華やかに、今すぐにでもお祭りに出かけたくなりました。

15

やなぎだ中込店では浴衣のほかにも、帯やゲタ、飾りひもなどの小物も、今シーズンいっぱい、

定価の半額で購入できます。

また、着物を購入していただいたお客様は、

通常1回3,000円の着付け代が何度でも無料になるそうですよ。

16

 

きもの・やなぎだ中込店の住所は、佐久市中込3679-9。

営業時間は午前10時から午後6時30分まで。

毎週水曜日が定休となっています。

浴衣のレンタルは1日3,000円で、着付けは1回3,000円。

また、8月のお盆のころまで、シーズン中は浴衣その他を50%オフの大セール中。

着付けの予約など、詳しくは、電話0267-63-5291へお問い合わせください。

 

 

 

-------------------------------

7月1日

-------------------------------

佐久平のグルメを食べつくそう!

2代目店主・柳沢勉さんが切り盛りする中華料理・洞庭春。

ラーメンを中心とした大衆食堂として始まったお店には、中国の広大な湖の、

美しい春の情景が名付けられています。

今回、洞庭春からは、この夏におススメのメニューがなんと4品も登場です!

一品目はお店の人気ナンバーワンメニューのギョーザ!!

古くは佐久の上海と言われた中込の街にちなんで、商店街の飲食店が提供する佐久上海餃子です。

②

2品目はここでしか食べられない逸品。自家製麺に蒸し鶏やシラスにザーサイ、

そしてなんとアボカドをトッピングに、ゴマダレでいただくオリジナル冷やし中華です。

③

 

3品目の登場は、酢豚がメインのサービス御膳。

お腹もお財布も大満足間違いなし!

④

 

最後にご紹介するニラレバ炒めは、夏を乗り切るスタミナをつけたいあなたにおススメです。

 

①

 

中華料理・洞庭春の住所は、佐久市中込2-14-22

営業時間は午前11時からで、夜まで休まず営業。

午後9時30分ラストオーダーです。

お店は不定休で、おおむね月に1回お休みをいただくとのこと。

また、ご宴会は最大80名様まで対応可能です。

お問い合わせは、電話0267-62-0457へお願いします。

 

 

<てんこもりおススメ情報>

横根の花企画佐久店は、なんと年間1,500件以上の結婚式で、

ウェディングブーケや花の飾りつけを担当。

また、お店では、子どもや初心者から上級者まで、

レベルに合わせたフラワーアレンジメント教室を開催しています。

⑥

今回私は、初心者でもできるお椀のようなドーム型のアレンジメントに挑戦です。

菊池さんには、黄色いバラやカーネーションなど、夏らしいパステルカラーのお花を

たくさん用意していただきました。

 

オアシスと呼ばれる、専用の吸水スポンジを切って器にセットすると、

お花を飾り付けていきます。

⑦

まわりを緑の葉で飾った器の中心に、大きなバラの花を1つ、まっすぐに立てました。

茎が3センチから4センチくらいスポンジに入るように、花を切って飾り付けていきます。

同じ種類の花を三角形に配置するのが、きれいな丸いアレンジメントを作るコツ。

時折遠くからアレンジメントを見て、全体が丸くなっているか確認するのもポイント

だということです。

菊池店長は、水を吸って生きている花が乾かないように、切り離した花はすぐに活けて

あげてほしいと話していました。

花企画では、アレンジメント教室をお店で開催するほかにも、希望の場所でレッスンを

行う出張教室なども開催しているということです。

 

小ぶりのバラやカーネーション。ヒペリカムという、小さな実のついた植物などで、

スポンジが見えなくなるように全体を覆うと、いよいよ完成に近づいてきました。

⑧

専用の接着剤でお花に目を付けたヒマワリを、まっすぐに立てると・・・

私が小学校の時以来、15年ぶりに作ったフラワーアレンジメント。

出来栄えはいかがでしょうか?

花企画・佐久店の住所は、佐久市横根746-8(2回言う)

営業時間は午前9時から午後7時30分で、お店はお正月以外無休。

花束などは、花の種類に指定がある場合のみ3日前までに予約をお願いします。

フラワーアレンジメント教室は、体験レッスンも随時募集中。

日程・料金など詳しくは、電話0267-67-8086(2回言う)へお願いします。

 

映画「HiGH&LOW
THE MOVIE」 佐久アムシネマで7月16日・土曜日公開です!

-------------------------------

6月24日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう!

創業は昭和24年。

小海町で昔から親しまれてきた高原のパンやさん。

臼田店は、そんな老舗パン屋さんの3号店として、平成12年にオープンしました。

 

宮原店長が焼き上げるパンは、50種類から60種類。

店内には、本店からの取り寄せ商品も含めて、80種類以上のパンが並んでいます。

どれも美味しそうで、選ぶのに迷ってしまうパンのなかから、今回は宮原店長おススメのパン、ベスト3を発表です!!

①

ズッキーニやナス、赤と黄色のピーマンといった華やかな彩りの夏野菜を、香り豊かなバジルでまとめたのが「夏野菜バジル」です。

②

 

続いては、長野県産の小麦粉を100%使用。

自家製のカスタードクリームがたっぷりと詰まった、こちらの人気メニューです。

 

③

 

最後に登場するのは、美味しいパンづくりを追求してきた宮原店長が自ら考案した、今の季節にピッタリの逸品です!

 

 

高原のパンやさん・臼田店の住所は、佐久市田口5546-1(2回言う)です。

営業時間は、午前7時から午後6時。

毎週火曜日が定休日となっています。

お問い合わせは、電話0267-82-0348へお願いします。

④

 

⑤

今から320年前・江戸時代中期の文献にその名前が登場するほど、長い歴史と伝統を持つ、臼田の橘倉酒造。

現在でも、年間におよそ900石、16万リットルにものぼる日本酒をつくる蔵元です。

 

 

さっそく橘倉のお酒をつくる蔵のなかへ入ってみました。

お米を蒸すところなどを見学しながら、ひんやりとした蔵のなかを進むと、麹室(こうじむろ)と呼ばれる部屋の前までやってきます。

 

日本酒造りは、大量のお酒をつくるために、麹を増やして酒のもとをつくる、「酵母づくり」。

そして、大きなタンクで米と麹を混ぜ合わせ、もろみを作る「仕込み」の作業へと移ります。

「仕込み」は三段階、4日間かけて行われるそうです。

 

タンクの中で30日から40日間発酵させた「もろみ」を絞ると、新酒が出来上がります。

最後に私は、橘倉酒造の長い歴史を物語る資料室「不重来館(ふじゅうらいかん)」へと案内していただきました。

是非お酒のことなら橘倉酒造へ!

⑥

 

 

 

-------------------------------

6月17日

-------------------------------

まずは佐久平グルメを食べつくそう~♪

オープンから28年。平成の中込の歴史とともに歩んできた鉄板厨房レストラン・グルマン。

オーナーシェフの丸山説司(せつじ)さんは、高い志をこめて「グルマン」という

名前を付けました。

 

1

グルマンの一押しが、週に1度、木曜日だけオープンするランチタイムで提供している「爆安ランチ」。

メインはサーモンのポワレ。加えて、サラダやスープ、コーヒーにデザートまでついて、

ランチを満喫できるこちらのプレート。

驚くのは、その爆安価格です!!

2

ディナータイムのおすすめが、こちらのジャーマンハンバーグ。

もともとはフレンチのシェフとして、都心の有名ホテルで修行を積んだ丸山さんの、

技と経験が生み出す逸品です。

3

 

4

「てんこもり見た!」「てんこもり聴いた!」というキーワードを言った方には・・・

 

ディナータイムにソフトドリンクを1杯サービス!

コーヒーや紅茶、ノンアルコールビールなど、多彩なメニューの中から選んでください!

こちらはなんと期間なし!いつでも楽しむことができます!

 

続いてはおすすめてんこもり情報~♪

私は、平成13年にオープンしたバッティングセンター、

ソナックスメジャースタジアム佐久店にお邪魔しました。

5

挑戦したのは、センターで一番速い135キロの剛速球です!

135キロのスピードボールにびっくり!

野球が大好きな私も、なかなか当てることができませんでした。

6

センターでは、子どもたちを対象としたバッティングスクールも開かれています。

今回紹介したほかにも、2階には卓球台が3台。ビリヤードが2台設けられています。

7

皆さん是非足を運んでくださいね~♪

 

★てんこもりライブインフォメーション

中島康晴テノールリサイタルは、7月18日・月曜日、佐久平交流センターで開催されます。

開場は午後1時30分で開演は2時。

前売券は3,000円でコスモホールなどで販売中。

お問い合わせは、増田さん・電話090-7224-2869へお願いします。

-------------------------------

6月10日

-------------------------------

まずは佐久平グルメを食べつくそう~♪

藤井フミヤさんも訪れたカレーの名店です♪

取手町に店を構えて9年目になるスリランカ料理店・スジャータは、

あの有名人も訪れたことがあるという人気店。

スリランカ出身で、オーナーの菊原パットミニさんとそのご主人が切り盛りされています。

④

スリランカで信仰される女性の神様の名前が付けられた「スジャータ」。

そんなお店で味わえるのは、まさにスリランカの家庭の味。

黄色いターメリックライスに、4種類のカレーがのった「ミックスカレー」は、

スリランカで日常的に食べられているカレーだそうです。

⑤

2品目は、お客さんからのリクエストで生まれた人気メニュー・カツカレー。

 

サックサクの大きなトンカツに、独自のブレンドをしたスパイスの効いた

カレーがたっぷりとかけられた、まさに、スリランカと日本の文化が融合した逸品です。

⑥

 

⑦

「てんこもり見た!」「てんこもり聴いた!」というキーワードを言った方には・・・

通常+100円で提供しているセットのミルクティーを無料でサービス!

今日から1か月間、7月10日までの期間限定サービスです。

 

是非足を運んでくださいね~♪

 

 

続いてはおススメてんこもり情報~♪

オープンから23シーズン目を迎えた平尾山公園。

今年4月、ここのアスレチックひろばがリニューアルしました。

さっそく、アスレチック体験のスタート。

はじめに、バランス感覚を鍛える「忍者ルート」にむかいました。

続いてのアイテムは、アスレチックウォール。

ゆらゆら揺れるロープの上や、クモの巣のようなネット。ロッククライミングのような壁など、

4種類のウォールを伝ってゴールを目指します。

 

①

続いてやってきたのは「クライマールート」。

こちらでは、筋力や体力を鍛えられます。

②

ネットをよじ登るネットマウンテンなど、様々なアイテムをクリアして、

ゴール地点にやってきました。

全長20メートルのスカイロープは、けっこうスピードも出て迫力満点。

思わず童心にかえってしまいました。

③

週末にお子さんと是非訪れてください~♪

 

週末を楽しもうてんこもり映画情報~♪

デッドプール是非足を運んでください!!!!!

-------------------------------

6月3日

-------------------------------

2代目てんこちゃんはエフエム佐久平新人アナウンサー

樋口ひとみさんに決定!!!!!!!!!!!

新しい風を佐久平に吹かせてくれますよ~♪

プチリニューアルのてんこもり!

これからもよろしくお願いいたします!

⑨

 

まずは佐久平グルメを食べつくそう~♪

昨年6月8日、佐久平にオープンし、まもなく1周年を迎える

「たべのみや石敢當(いしがんとう)」。

沖縄県那覇市出身、長年、小諸市でサラリーマン生活を送っていた

ご主人の糸数芳貴(いとかずよしたか)さんが、一念発起してひらいたお店です。

①

沖縄出身の方も多く訪れるというお店で味わうことができるのは、まさに沖縄の家庭の味。

1品目は、沖縄サイズの大きな豚の角煮、ラフテー

②

2品目は、沖縄料理の定番メニュー、沖縄そば。

つるつるっとした食感の小麦粉麺の上には、錦糸玉子やラフテー、

紅ショウガなどが盛り付けられています。

 

③

メインの食材は沖縄から取り寄せているお店で最後にいただいたのが、

沖縄文化の結集、ゴーヤチャンプルー。

ビタミンたっぷり、女性にもおすすめのゴーヤと、

沖縄直送の島豆腐や豚の缶詰・スパムを一緒に炒めています。

④

⑤

 

てんこもり見た!」「てんこもり聴いた!」というキーワードを言った方には・・・

「店主のおすすめ一品料理」をサービス!!

こちらはなんと6月末までの大サービスとなります!!

皆さん是非足を運んでくださいね~♪

 

 

続いてはおススメてんこもり情報~♪

 

平成12年にオープンした長野県動物愛護センター「ハローアニマル」。

年間およそ9万人が訪れる、動物愛護事業の拠点施設です。

⑥

⑦

長野県動物愛護センター「ハローアニマル」の住所は、

小諸市菱平(ひしだいら)2725です。

入館は無料で、利用時間は午前9時30分から午後4時。

犬や猫、うさぎとのふれあいの時間が随時設けられています。

毎週月曜日と毎月第1火曜日、祝日の翌日が休館日となっています。

お問い合わせは、電話0267-24-5071へお願いします。

⑧

 

アムアムビレッジ映画情報~♪

この日は「高台家の人々」をご紹介しました!

映画はアムアムビレッジで!!!!!!!!!

 

 

 

-------------------------------

5月27日

-------------------------------

この日は初代てんこちゃんの最終日。

中澤さん本当にお疲れ様でした!

卒業制作と題して佐久の話題を取材したてんこちゃんです!

7年前、前身の臼田高校時代から、授業にステンドグラスの作品制作を取り入れている

佐久平総合技術高校・臼田キャンパス。

作り方を教えていただくのは、学生時代に長崎で見たステンドグラスの

美しさに感動したという、中野稔先生です。

①

 

さっそく、作品づくりのスタートです。

使うのは、赤や青、黄色といった、色とりどりのガラスの板。

同じ色でも、透明度や手ざわりがちょっとずつ違います。

あれこれ迷いながら使うガラスを決めたら、はじめの作業はガラスの切断。

長方形の板を、専用のカッターで切っていきます。

 

切ったガラスにヤスリをかけると、続いては、一番重要で特徴的だという作業に。

ガラスとガラスを繋ぎあわせることが出来るように、ガラスの縁へ薄い銅のテープを巻いていきます。

 

テープを巻き終えたら、色合いよく並べて、次はいよいよガラスの接着、はんだ付けです。

 

最初はガラスとガラスのつなぎ目部分。次に銅のテープ全体に、はんだを薄くのばしていきました。

ステンドグラスの美しさを多くの人に知ってほしいと、中野先生は公民館などの体験教室で

講師を務めるほか、教え子の高校生と一緒に、市内で行われる様々なイベントでも体験ブースを設けています。

イベント会場では小さなアクセサリーを作ることができるそうですよ。

中野先生にも手伝ってもらいながら、つなぎ目全体にはんだをかけると、ついに完成!

・・・と思ったら、ここで先生から以外な一言が。

 

先生が取り出したのはとある薬品。これを、はんだに塗ると・・・

 

世界に一つだけのフォトフレームが完成!

今回は平面の作品を作りましたが、時間をかければ小物入れやランプシェードなど、

立体的な作品を作ることも出来るそうですよ。

②

中野先生が講師を務めるステンドグラス体験教室。

そのうちの一つは、佐久市田口の川村吾蔵記念館で毎年開催されています。

詳しい募集のご案内などは、今後発行される「広報佐久」に掲載される予定ですので

ご確認ください。

 

 

続いては昨年8月にスタートしたてんこもり佐久平

10か月間にわたるてんこちゃんの活躍を振り返りました!

③

佐久ケーブルテレビのアナウンサーとして丸8年。

ニュース番組に出演するかたわら、カメラを担いで取材現場にも出るなど、

佐久で暮らす人たちにとって身近な存在であり続けた中澤佳美さん。

そんな彼女が、初めて担当したレギュラーのバラエティー番組が、この「てんこもり佐久平」です。

毎週金曜日の夕方、てんこちゃんが大活躍した10か月間でした。

 

番組内でのてんこちゃんといえば、体験取材。

通算42回のロケのうち、7割以上にあたる31回で、

佐久平からのおすすめレポートを届けてくれました。

文化施設の紹介や、スポーツ、地域につたわる伝統行事など、その内容はまさにてんこもり。

初めてのことにも体当たりで挑戦してくれました。

 

春日の馬事公苑では、はじめての乗馬を体験しました。

 

実は、体が固いてんこちゃん。

ヨガ教室では、ちょっとだけハードな内容に、思わずため息。

 

プロから直接指導を受けたゴルフレッスン。

初めて体験したスポーツの楽しみを、発見できたようです。

 

レジャースポットだけではありません。

佐久消防署では、心臓マッサージやAEDの使い方を勉強。

真剣に取り組みました。

 

バルーンフェスティバル直前には、熱気球に乗って、佐久の大空を空中散歩。

貴重な体験をすることができました。

 

それほど回数は多くなかったものの、飲食店さんにお邪魔してグルメレポートにも挑戦。

特に、街のお菓子屋さんで大好きなスイーツを味わう機会の多かったてんこちゃんです。

 

中込のピータースでは、オーナーイチオシのチーズケーキを堪能しました。

 

佐久平のフォンティーヌで食べたのは、お店1番人気のシュークリーム。

他のお店にはないパリパリの食感に舌鼓。

 

そして先週は、岩村田のチョコレート屋さんで、本格的なガトーショコラをいただきました。

 

てんこちゃんが、番組のなかで、いつも私たちに見せてくれていたもの。

それは「笑顔」。

取材先でカメラを担いでいるときも、テレビのなかでも変わらない、

観た人を和ませるような笑顔で、常に番組を盛り上げてくれました。

週末の佐久平のお茶の間に、爽やかな笑顔を届け続けた10か月間。

てんこちゃん。素敵な笑顔と思い出をありがとう。

④

お母様の手紙もあって最後は涙涙のending!

⑤

中澤さん!本当にありがとうございました!

 

さてさててんこもり中沢初代てんこちゃんの後を受けて

2代目てんこちゃんに就任するのは誰なのか?(笑)

6月3日18時からの放送をお楽しみに!

 

-------------------------------

5月20日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう~♪!!!!

昨年7月、岩村田商店街にオープンした、ショコラ・デュ・ボヌール。

ある時食べたチョコレートの魅力に引きこまれ、他の業界からこの世界に飛び込んだ

シェフの堀込靖士さんが、手作りのチョコレートを提供しています。

てんこ①

トーショコラは、ビター・マイルド・ソルトの3種類に加え、

期間限定も含めて現在5種類の味を用意。

品質を高めるため、1日に作れる数には限りがあるそうです。

はじめに紹介していただいたのは定番商品の「ビター」。

今回は特別に、お店のなかで試食をさせていただきました。

てんこ③

 

てんこ5

ガトーショコラ専門店、ショコラ・デュ・ボヌールの住所は、

佐久市岩村田762。

営業時間は、平日が午前11時から午後7時。

土曜・日曜・祝日が午前10時から午後7時となっています。

お店は不定休です。

お問い合わせは、電話0267-88-6112へお願いします。

「てんこもり見た!」「てんこもり聴いた!」というキーワードを言った方には・・・

 

次回のお買い物で使える500円割引券をプレゼント!

今日から先着10人の限定大サービスです。

 

 

おススメてんこもり情報!

加速度センサーなど、ものの動きをとらえるセンサーの開発を手掛ける

新子田のマイクロストーン株式会社。

ここでは、最近盛んに予防が叫ばれている、体のとある症状に注目した商品を開発しました。

 

もりお①

佐久総合病院の理学療法士の先生などから助言を得ながら、およそ1年をかけて開発。

一昨年の夏に登場したのが、こちらの体幹2点歩行動揺計。

その名も「ザ・ウォーキング」です!

もりお②

ここからは、健康運動指導士の北原綾子さんに指導をお願いしました。

今の自分がどのような歩き方をしているかが、データとして現れるザ・ウォーキング。

計測はとっても簡単。背中と腰にベルトを巻き、5センチ四方くらいの

センサーを2つ付ければ準備完了です。

10メートルくらいの直線を、いつもの歩き方で歩きます。

僕の歩き方は、一部には良いところもありましたが、すり足で、

全体的に足の筋肉を上手く使えていなかったようです。

ここからは、北原さんによる歩き方教室のスタート。

手のひらを前に見せるように腕を振る歩き方をはじめ、足の筋肉をほぐすストレッチの

やり方などを教えていただきました。

靴の紐をしっかりと結ぶことも、正しい歩き方をするためには必要だということですよ。

もりお3

 

もりお④

皆さんも是非足を運んでみてください!

 

週末はアムシネマへ!てんこもり映画情報~♪!!!!!!

スノーホワイト/氷の王国

ご覧になってくださいね~♪

 

 

-------------------------------

5月13日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう!

国道141号沿い、中込の人気ラーメン店・麺や天鳳。

オーナーが修業を積んだ中野市の本店の「のれん分け」店として、12年前にオープンしました。

今回お店の紹介をしていただくのは、このお店でラーメンづくりに打ち込む山崎雅也(まさや)さんです。

 

天鳳①

5時間以上煮込んで作ったトンコツスープをベースに、しょうゆ・塩・味噌の3種類の味が楽しめる天鳳。

ほぼ全てのラーメンで細麺と太麺を選べます。

なかでもオススメなのが、太麺で食べる味噌味の「全部入り天鳳ラーメン」。

どっさりのモヤシにチャーシューや味玉がたっぷり乗っています。

天鳳②

2つめのオススメラーメンが、中野の本店直伝の「黒ごま坦々麺」。

大人の味が楽しめるこちらのラーメンは、細麺でいただきます。

天鳳③

麺や天鳳の住所は、佐久市中込3713-10(2回言う)。

営業時間は、昼は午前11時から午後2時30分。夜は午後5時から午後10時で、

日曜日または連休最終日のみ午後9時閉店となります。

毎週水曜日が定休日です。

お問い合わせは、電話0267-62-3839です!

天鳳④

 

 

 

おススメ佐久平情報~♪

 

地元の棟梁・市川大治郎を中心として建てられた旧中込学校。

国の重要文化財。また、学校の敷地は国の史跡にも指定されている、佐久市の宝です。

中央の八角塔に吊るされた太鼓で時を告げたことから、地域の人は親しみを込めて、

太鼓楼と呼んでいます。

中込①

展示されているのは、学校の建設費のほとんどを、地元住民でまかなったことを物語る資料。

学校が、大正8年まで使われていた当時の教科書などです。

旧中込学校で特徴的なのが、教科書やノートなど、これら資料の一部を

実際に手に取ることができること。

当時の子ども達がどんな勉強をしていたのか、その一端をうかがい知ることが出来ます。

中込②

小林会長は、明治から大正時代の学校では、挨拶や礼儀といった人としての作法。

メートルやポンドといった外国から入ってきた文化の勉強などに

力を入れていたようだ、と話していました。

およそ100年前のオルガンに触れていると、どこか懐かしい気持ちになってきます。

なお、学校で展示されている資料のほとんどは、地元住民の皆さんから寄せられたものだということです。

地元住民の皆さんでつくられ、創設50年以上の歴史を持つ旧中込学校保存会では、

これら膨大な資料の整理や学校の美化活動を、現在でも行っています。

中込③

私たちは、ちょっと急な階段を上がって2階の廊下へ。

大きな丸窓にはめ込まれた美しいステンドグラスが目に飛び込んできました。

最後にご紹介いただいたのがこちら。学校ができた翌年の明治8年に植えられた藤の木です。

樹齢140年以上になる老木ですが、保存会の手厚い保護によって、今でも見事な花をつけます。

 

旧中込学校の住所は、佐久市中込1877(2回言う)。

開館時間は、4月から10月までは午前9時から午後5時。11月から3月までは午前9時から午後4時です。

毎週月曜日が休館日となり、月曜が祝日の場合はその翌日へ振りかえとなります。

観覧料は、大人250円、高校・大学生150円、小・中学生120円です。

お問い合わせは、電話0267-62-7845 です!

中込④

 

映画はアムアムビレッジで見に行こう!

映画「殿、利息でござる!」 佐久アムシネマで明日、5月14日・土曜日から上映開始!!!!

 

中込の麺や天鳳さんから

「てんこもり見た!」「てんこもり聴いた!」というキーワードを言ったには・・・

ギョーザ1皿サービス

エフエム佐久平・佐久ケーブルテレビ同時生放送番組

毎週金曜日18:00からは

てんこもり佐久平』(笑)!!

 

“てんこ”こと樋口ひとみと

“もりお”こと中村哲郎が

佐久平を駆け巡り佐久平のおいしい・楽しい情報

“てんこもり”でお送りする30分です!!!!!”

 

3月24日のテーマキーワードは

『お花見オススメメニュー』

 

 

メッセージお待ちしています!

 

FAX番号:0267-63-4550

e-mail :tenkomori@sakunet.jp

-------------------------------

 

WEBで振り返る!!!(笑)『てんこもり佐久平!!!!』

てんこもり画像 1606新

※テレビを見た人もラジオを聴いている人も映像キャプションと

 ともに振り返りましょう!

 見ると聴くとお得な○得情報もチェックしてください!!

 佐久平遊びの参考になりますよ~♪(笑)

-------------------------------

6月23日

佐久平グルメを食べつくそう

猿久保にある「ベリーベリースープ紅屋」は、スープの専門店として開業し6年目になります。

オーナーを務める上原 徳重(のりしげ)さんは、子どもの頃から料理を作るのが好きで、

この世界に入りました。

10種類を超えるスープには、「食べるスープ」「飲むスープ」が有り、特に女性から人気を集めています。

てんこ看板

 

先ず作っていただくのは、自慢のスープ以外に上原さんが1番おススメしたいという

「信州黒毛和牛ハンバーグ」。

サイズは150グラムから250グラムまで、S・M・Lの3つから選べ、

中には佐久の名産となっているあるものが使われているそうですよ。

てんこハン

 

お店の殆どのメニューには、「パン」または「ごはん」、

3種類から選べるスープなどA・B・Cの3つのセットメニューが追加で付けられます。

 

続いて紹介いただくのは、「きのことソーセージの和風ポトフ」。

スープ専門店に来たからには、注文せずに帰れませんよね。

てんこスー

 

「ベリーベリースープ紅屋」の住所は、佐久市猿久保876-1

営業時間は、昼が午前11時から午後3時、夜が午後5時30分から10時で、

ラストオーダーは、昼が午後2時30分、夜が午後9時30分です。

定休日は「不定休」ですので、電話であらかじめ確認してから行くといいでしょう。

お問い合わせは、電話050-5887-8470へお願いします。

 

てんこもりおすすめ情報

現在皆さんは、今年9月に行われる太極拳の大会に向けて練習をしています。

「総合太極拳」とは、競技用として統一された太極拳で、様々な動きが組み合わさった難易度の高いものです。

 

今回ご協力いただいたのは、野沢公民館の学習グループ「太極拳のざわ」さんです。

現在15人のみなさんが、毎週 火曜日の午後に活動しています。

代表の佐々木 美代子さんにお話を伺いました。

てんこ先生

 

太極拳は、「式」という短編的な一連の動きがあり、

それを続けて演舞することで「24式」「48式」「88式」などと呼ばれていくそうです。

ちなみに最初にみなさんが演舞していた「総合太極拳」は、「42式」となります。

物音ひとつしない会場に、私はいつになく緊張感を味わいました。

てんこ②

 

「太極拳のざわ」の活動は、毎週 火曜日の午後1時30分から3時まで、野沢会館で行われています。

ご興味のある方は、是非見学に訪れてみてください。

お問い合わせは、野沢公民館0267-62-0116へお電話をしていただき、

公民館の職員の方へその旨をお伝えください。

てんこ大極

 

 

 

-------------------------------

6月16日

佐久平グルメを食べつくそう

JR臼田駅の南側にある若松食堂は、60年前にオープンした昔ながらの大衆食堂です。

店主を務めるのは、2代目の小山 義一さん。

奥さんの千恵子さんと一緒に、お父さんが立ち上げた店を40年以上に渡り守り続けています。

10年前からは、義一さんの息子、3代目の康義さんが、店を手伝っています。

康義さんは、神奈川県の洋食レストランで働いていたこともあり、

和洋の料理を提供する食堂として今も地元の人に愛されています。

 

1品目は、3代目の康義さんが生み出した「カレーライス」。

今まで和食中心だった若松食堂に洋食メニューを加えました。

地域活性へ向けて頑張って作った「カレーライス」は、どんな味でしょうか。

Still0621_00012

 

2品目は、3代に渡り味を受け継いできた「ラーメン」。

こちらは店主である2代目の義一さんが腕を振るいます。

Still0621_00016

 

若松食堂の住所は、佐久市下越155-12

営業時間は、昼が午前11時から午後2時まで、夜が午後5時30分から8時30分までで、

定休日は日曜日です。

お問い合わせは、電話0267-82-2443へお願いします。

 

てんこもりオススメ情報

須田先生は、平成6年から「編物教室」の講師を務めています。

臼田公民館の学習グループとして活動する14人の生徒さんには、

自分が作りたいと思うものを自由に選んでいただき、

出来上がった時の喜びを次の作品作りの糧にしてほしいと考えています。

「ベスト」や「セーター」・「カーデガン」・「小物」など、月に1から2作品を作り、

参加者の皆さんと和気あいあいとした時間を過ごしています。

 

「エコたわし」は、洗剤を使わず洗い物が出来るという優れ物。

「きゅうす」や「湯呑み」の茶しぶも落せるそうです。

Still0621_00023

 

時間をかけて じっくりと教えていただいた結果、徐々に編む速度が上がってきました。

Still0621_00026

 

臼田公民館の学習グループ「編物教室」は、毎月第2、第4 火曜日の午後1時から4時まで、

「あいとぴあ臼田」で活動しています。

参加に興味のある方は、臼田公民館、電話0267-82-2106へお問い合わせ下さい。

 

-------------------------------

6月9日

佐久平グルメを食べつくそう

海鮮魚介類とお肉がおいしそ~う。店内が おしゃれな岩村田にあるお店に行ってきました。

「磯すき亭 市」は、オープンから10年、店の名前の由来となった「すき焼き」と「海鮮料理」がウリです。

元々、夜のみの営業でしたが、5年前から昼の営業を開始、これに伴いメニューを増やしました。

 

最初にご紹介いただくのは、鳴門海峡や静岡・築地から仕入れている海の幸をたくさんのせた海鮮重。

フタを開けるのが楽しみと思うネーミングを考えた結果、ついた名前は「海鮮玉手箱」。

昼の人気メニューです。

Still0614_00011

 

続いてご紹介いただくのは、オーナーが いち押しで名前をあげた「大海老フライ」。

昼・夜 食べられるメニューで、夜は単品として、美味しいお酒のつまみとして人気です。

今回は、昼に提供する定食として出していただきました。

Still0614_00014

Still0614_00015

「磯すき亭 市」の住所は、岩村田3162-12

営業時間は、昼が午前11時30分から午後2時30分まで。

夜が午後5時からで、閉店時間は、平日と日曜日が午後11時、金曜・土曜日と祝日の前日は、深夜0時です。

ラストオーダーは、閉店の30分前で、定休日は不定休です。

お問い合わせは、電話0267-65-9009

 

佐久平おすすめ情報

フラ・プルメリア ポラリス野沢は、野沢公民館の学習グループとして活動する団体です。

まだフラダンスを踊る一般の人が少なかった17年ほど前に50人のメンバーで創立しました。

みなさんを指導するのは、フラ・プルメリア眞次スタジオの、眞次トシ江さんです。

眞次さんはハワイへ旅行で行った際、フラダンスと出会い、年齢に関係なく気軽に続けられると感じ、

ご自身もフラダンスを始めました。

現在は東信地域一帯に多くの生徒さんをかかえる指導者です。

Still0614_00024

 

フラダンスには、およそ280種類のステップがあるそうです。

また手の動きは、手話のように物や言葉を表現します。

「花」や「風」、「波」など、何種類ものステップや手の動きを組み合わせ、

音楽に合わせてストーリー表現をします。

Still0614_00025

 

フラ・プルメリア ポラリス野沢の活動は、毎月第1・第3・第4水曜日に野沢会館で午後1時30分から3時まで、

眞次先生ご指導のもと練習をしています。

他の地域で活動している眞次先生のお弟子さんや生徒さんとの交流や、合同の舞台発表もあるそうですよ♪

Still0614_00027

 

-------------------------------

6月2日

佐久平グルメを食べつくそう

今回は、つながり・継続・人々の縁を大切にし、空間や食などを通じて環境や健康にまでこだわるというお店を

紹介します。

 

2014年9月にオープンした、平賀の「Maru Café」。

オーナーの柳澤真理さんは、人との縁、つながりを大切に考え営業しています。

「Maru Café」の丸にはそんな想いがあるそうです。

 

柳澤さんは大学で学ぶ中、環境や健康の問題を目の当たりにし、

自分は何ができるだろうかと考えた時に行きついたのが、今の仕事だったそうです。

師と仰ぐ望月の職人館、北沢さんから、「料理は生産者がつくる食材に手を入れすぎると美味しさが失われる」

という教えをいただき、柳澤さんも同感したそうです。

柳澤さんの味付けは、いたってシンプル。

食材そのものが持つ自然の味を組み合わせることで完成する料理は、

様々な食感と風味をおりなす芸術品となっています。

Still0607_00013

 

続いて、ジャガイモをつかったスープをいただきます。

Still0607_00014

 

「Maru Café」の住所は、佐久市平賀5341-1

営業時間は、午前11時30分から午後4時まで。

定休日は、月・火・水曜日です。

お問い合わせは、電話0267-62-8416

Still0607_00009

 

てんこもりおすすめ情報

大越さんは、高校時代ペアを組んでいたという、バドミントン部だった同級生と、

「また一緒にやろう」と話が進み、Sakuシャトル会を設立しました。

活動を始めてから丸2年、20代を中心に、58人が所属しています。

ラケットの握り方や打つ時のフォームなど、大越さんから教えていただき、先ずは打ち合いから始めました。

 

Still0607_00022

 

サーブを練習しないとゲームが始まらないので、サーブの打ち方を教えていただきました。

Still0607_00021

 

Sakuシャトル会は、毎週月曜の午後7時30分から、野沢体育館や浅間体育センターで活動しています。

バドミントン経験者が多く所属していますが、未経験者の方も気軽に参加できる会にしていきたいと、

考えています。

ご興味のある方は、ホームページから「Sakuシャトル会」で検索し、

メールアドレスからお問い合わせいただけます。

 

 

-------------------------------

5月26日

佐久平グルメを食べつくそう

この夏でオープンから丸2年を迎える、中込の「からあげや さくから」。

店長の菊池 洋二さんは、脱サラして飲食の世界へ転身、お客さんの喜ぶ姿を見たいと考え今の店を開きました。

とにかく菊池さんは子どもが大好き。

「からあげやさん」を選んだのも、子どもが来てくれる店にしたいと思ったからでした。

 

最初にご紹介いただくのは、「さくから」一押しの「からあげ しょうゆ味」。

「鳥のもも肉」を、味の決め手となる「しょうゆダレ」に じっくり漬け込み、片栗粉のみをつけて油で、

揚げていきます。

片栗粉を使っているから、こだわりの食感や風味のいい「からあげ」に仕上がるのだそうです。

Still0601_00007

 

次にご紹介いただくのは、「軟骨」と「砂肝」のからあげです。

「焼き鳥」としては おなじみの食材ですが、下味をしっかりつけて「からあげ」にすると

また独特な食感と風味が現れます。

Still0601_00010

Still0601_00012

 

「からあげや さくから」の住所は、佐久市中込1-21-12

営業時間は、午後3時から午後8時まで。定休日は日曜日です。

お問い合わせは、電話0267-85-1172です

 

てんこもりおすすめ情報

 

浅間囲碁会は毎週水曜日、浅間公民館の学習グループとして活動する団体です。

多くの人たちとの交流を目的として、平成4年の創立。

現在56人で活動しています。

Still0601_00018

 

私の相手をしていただくのは、2年前からこの会で囲碁を本格的に始めたという、

長谷川健二さんです。

「ボケ防止になる」と話す 長谷川さんですが、先輩方と対局するために、本やテレビで一生懸命囲碁を勉強する

努力家です。

Still0601_00021

囲碁は石で囲んだ自分の陣地を多くした方が勝ちなので、少ない手数で同じ大きさの陣地を取るには、

隅のから攻めた方がいいということです。

金井さんからアドバイスをいただきながら石を置いて行きました。

手を抜いて対戦してくださる長谷川さんですが、初心者の私はどんどん攻め入られていきます。

それを必死に金井さんがフォローしてくださいます。

私の囲碁初対戦は、15分ほどで終局を迎えます。

この勝負、白、105目、黒、90目で、私の負けです。

Still0601_00022

 

浅間囲碁会の活動は、毎週水曜日、午前9時から午後3時30分まで、

佐久市猿久保の「老人福祉センター長寿閣」で行われています。

市内で活動する ほかの囲碁会のみなさんと定期的に大会を開き、交流を深めています。

興味のある方は、佐久市中央公民館、電話0267-66-0551へご連絡いただき、

浅間公民館の担当者から浅間囲碁会の情報を伺ってください。

尚、浅間囲碁会の活動場所につきましては、浅間会館が完成次第変更されますのでご注意ください。

 

-------------------------------

5月19日

佐久平グルメを食べつくそう

望月の国道142号線にある「味処 こまがた」は、長年営業する「こまがた直売所」を利用するお客さんから、

食事をする場所が欲しいという要望から営業を始めました。

市内の公民館で「ソバ打ち」の講師もしている土屋しのぶさんが店をきりもり。

「おふくろの味」を思い出す、そんなお店です。

 

1品目は、店の看板メニューでもある「味噌かつ丼」。

佐久市地産地消推進の店でもある「味処 こまがた」は、地元産の食材をふんだんに使うことにこだわり、

お米はなんと!土屋さんのお宅で採れたものを使っているそうです。

Still0526_00006

 

このご飯の上に揚げたての「カツ」を乗せ、「ヒミツ」なものを混ぜているという「味噌ダレ」は、

味噌の風味をじっくり味わってほしいことから、食べる前にかけるスタイルをとっています。

「味噌かつ丼」と一緒に、旬の地元食材を使った「煮物」や「つけもの」なども付いてきます。

Still0526_00007

 

2品目は、米の粉の麺「ミーセン」を使ったサラダ風のうどんつけ麺。

ゆであがった麺の上には、こちらも地元産の野菜をふんだんに乗せ、麺のつけ汁には、

「味噌かつ」で使っているのと同じ「雁喰味噌」を使った味噌風味のつけ麺です。

Still0526_00008

 

実は・・・〝ミーセンを使ったつけ麺〟にはまだ名前がついておらず、

もりおさんが命名しました☆

「♪てんこもり サラダミーセン ポンッ♪」

Still0526_00010

 

「味処 こまがた」の住所は、佐久市布施449-1

国道142号線沿いの新望月トンネル東側、直売所の看板を目印にすると探しやすいです。

営業時間は、午前10時から午後3時まで。

定休日が不定休となっています、

あらかじめ電話をしてから行くのがいいでしょう。

お問い合わせは、電話0267-53-5811

 

てんこもりオススメ情報

浅間剣舞同好会は、浅間公民館の学習グループとして活動する団体で、現在8人が所属しています。

子どもの頃に「刀(カタナ)」を持って舞う華麗な姿を見て、自分もやってみたいという気持ちから、

剣舞を始めた人も多いそうです。

剣舞同好会の皆さんを指導する、北沢洵一さんも子供の頃に見たという剣舞にあこがれて始めた1人です。

そんな北沢さんに私も剣舞を教えていただきました。

Still0526_00016

 

最初に扇子の開き方を教えていただきましたが、なかなかうまく出来ません。

結局扇子を開けず、先に進めていただきました。

Still0526_00018

 

いよいよ「刀」を使った舞いに挑戦です。

Still0526_00019

 

ひととおり教えていただいたところで、「詩吟」に合わせて剣舞同好会のみなさんと踊りました。

Still0526_00021

浅間剣舞同好会の練習日は、第1・第3水曜日の午後7時30分から9時まで。

志賀にある「東会館」で行っています。

興味のある方は見学に行ってみてはいかがでしょうか。

お問い合わせは、佐久市中央公民館、電話0267-66-0551へご連絡の上、

剣舞同好会代表の荻原信枝さんの連絡先を伺ってください。

 

-------------------------------

5月12日

佐久平グルメを食べつくそう

 

先月20日にオープンした洋菓子店「ブレーメン」。

店を開くきっかけは、店舗を運営する「株式会社グリム」の代表取締役社長を務める高橋 博美さんが、

「青バツ」、青大豆を使った佐久の名産品を作りたいという想いからオープンへ向けたストーリーが、

始まります。

この想いを抱いた「ロバ」の高橋社長と、志を同じくした「イヌ」「ネコ」「ニワトリ」が合流。

4人が心を一つにして夢をかなえ始めたこの店は、正に「ブレーメンの音楽隊」そのものです。

 

高橋社長の想いを形にしていく中で、「青バツ」は洋菓子との相性も良く、

店では3種類の洋菓子が売り出されています。

先ずは一番人気の「ブレーメンのモンブラン」。

Still0519_00003

 

2品目は、「青バツ」を「きなこ」にして使った「ブレーメンのクッキー」です。

食感を良くするために、焼き加減を計算しつくした こだわりの逸品です。

Still0519_00004

 

ソフトクリームも楽しみですが、「ブレーメン」では、生菓子や焼き菓子20種類を販売しています。

今後の新商品にもご期待ください。

尚、あさって14日の母の日限定「母の日ロール」を準備しました。

日ごろの感謝の思いを込めて、ブレーメンの美味しいケーキはいかがでしょうか。

価格は税別1800円。予約は必要ありませんが、数に限りがありますので

お早めにお願いします。

 

Still0519_00006

 

洋菓子店「ブレーメン」の住所は、佐久市内山7174-3。

営業時間は、午前10時から午後7時まで。

定休日は月曜日で、月曜日が祝日の場合は営業します。

お問い合わせは、電話0267-78-5902へお願いします。

 

 

てんこもりオススメ情報

佐久市総合体育館の2階で活動している、佐久市レスリング教室クラブ。

小中学生がトレーニングを積む教室の活動に参加してきました。

指導をいただくのは、吉沢剛監督です。

Still0519_00013

 

平日の練習は基礎体力を高めるトレーニングが中心だそうです。

瞬発力を付けるための、両足でのジャンプからはじめました。

大股ジャンプに続いて、腿を高く上げるジャンプ。アリーナ1周を全力ダッシュ。

腕立て伏せや背筋のトレーニングと続いていきます。

Still0519_00012

 

活動31年目を迎えた佐久市レスリング教室クラブ。

現在は、小学校1年生から中学校2年生まで、11人が参加しています。

昨年度、このなかから全国大会で2人が優勝するなど、みんなの実力は全国クラス。

レベルの高い練習がしたいと、上田のクラブから通ってくる生徒もいるそうです。

 

レスリングの攻撃のすべての基本となるタックル。教室で子どもたちは、タックルの練習を繰り返し行います。

佐久市レスリング教室クラブの設立時にクラブに参加して以来、高校、大学と、

レスリングを続けてきた吉沢監督。

地元・佐久での就職を機に、自らが育ったクラブの指導者に就任しました。

指導の基本は「攻めるレスリング」です。

 

あっという間に転がされてしまう私。ユウセイ君のタックルに、反応することすらできません。

ユウセイ君をはじめ、多くの子どもたちの目標は全国制覇。

今は、7月に北九州市で行われる大会へ向けて、トレーニングの真っ最中です。

吉沢監督も、子ども達の高い目標に答えるべく、あえてハードなトレーニングを課していると話していました。

 

佐久市レスリング教室クラブは、佐久市中込2939の佐久市総合体育館で練習しています。

対象はおおむね小学生で、見学も大歓迎。

詳しくは、吉沢剛監督。電話090-7406-6106へお問い合わせください。

Still0519_00017

 

-------------------------------

5月5

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう

昨年2月にオープンした新子田の「ら~めん食事処ひまわり」。

常に進化しつづけることにこだわり、33年間ラーメンを作り続ける、店長の荒井定夫さん。

誰もが食べても「うまい」と言ってくれる料理を提供したいと考えています。

店内のメニューは、ラーメン・定食のほか一品料理を含めると50種類以上。

お客さんからメニューに無いものを作ってほしいと言われ、新しくメニューに追加されたものもあるそうです。

麺は太さに応じて使う粉の配合を変え、中華そばで使う細麺には「パスタ」にも使う「ディラム小麦」の粉を、

ブレンド。

全てのメニューに合うように作られた「あっさり」としたスープは、

トリ・ブタ・魚介をベースに毎日仕込んでいます。

Still0512_00003

 

2品目は、下味を「しっかり」付けた鶏肉を片栗粉で揚げた、荒井さん絶対自信の逸品「からあげ」です。

単品のほか、ごはんとスープがついた定食も有ります。

「からあげ」は単品のほか、昼は「からあげランチ」、

夜は「からあげライス」と定食としていただくことができます。

Still0512_00004

 

ら~めん食事処ひまわりの住所は、新子田1964-1

営業時間は、昼が、午前11時30分から午後2時30分まで。

夜が、午後5時から10時まで。

毎週月曜日が定休日です。

お問い合わせは、電話0267-77-7556

 

宴会の対応も可能で、今月中旬からはビアガーデンもオープンする予定です。

 

てんこもりオススメ情報

今回ご紹介する場所には、多くの方が一度は足を運んだことがあるかもしれません。

市民の皆さんに親しまれている文化施設、「佐久平交流センター」の意外と知らない利用方法を、

伺ってきました。

まずは、センターのメイン、1階の大ホールに足を踏み入れました。

Still0512_00012

2階と3階には、さまざまな大きさの会議室や研修室が設けられています。

 

特に1階の音楽室は、使われない日はない程の人気ぶり。

優れた防音設備と、壁の一面が鏡張りになっている部屋は、楽器やダンスのほか、

結婚式の余興の練習で使う方もいるそうですよ。

なお、センターでは今後、すべての部屋の予約状況を、ホームページで確認できるようにしていく予定です。

取材当日も、8月にセンターのホールでコンサートを開催するグループが、

打ち合わせ会議を開いていましたよ。

Still0512_00013

佐久平交流センターの住所は、佐久市佐久平駅南4-1

利用時間は、午前9時から午後10時まで。

毎月第1と第3水曜日、年末年始が休館となります。

予約の方法や利用の申し込みなど、詳しくは電話0267-67-7451

-------------------------------

4月28

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう

昨年10月にオープンした、海鮮料理を売りにした中込の「築地 佃半」

マスターの吉田 仁さんは、東京都中央区佃の出身。

定年を期にこの地で店を開きました。

 

ごはんの上に、築地から仕入れた「まぐろ」「いか」「えび」・・・

マスター目利きのおいしい魚を次々と、7種類から8種類。

「セリ人」の経験から、いいものを、一番おいしい状態で出すのがこだわりです。

Still0505_00005

 

次にご紹介いただくのは、三陸産の帆立を使ったバター炒め。

やや小ぶりの帆立を使うのは「味が良いから」と言うマスターの経験によるもの。

Still0505_00006

 

そしてもう一品、マスター1番のお勧めが「焼がき」。

絶対の自信を持つのには、理由があります。

カキの「セリ人」だからこそ知る、おいしいタイミング。

5月中旬になると、おいしい「カキ」は出回らなくなるそうで、食べに行かないのはもったいない!

Still0505_00007

 

築地 佃半の住所は、佐久市中込2950

営業時間は、昼が午前11時30分からで、ラストオーダーが午後2時。

夜が午後5時30分からで、ラストオーダーが午後10時です。

定休日は、第2、第4 日曜と月曜日ですが、変わる場合もありますので、

事前に電話を入れてから行くのがいいでしょう。

お問い合わせは、電話0267-88-6364へお願いします。

 

 

佐久平オススメ情報

春!花が咲き誇り、木々が色づく素敵な季節になりました♪

今回は、〝押し花〟体験をご紹介します。

 

最初は花の付いていない葉を使って、全体の大きさ「ライン」を作っていくことが大切。

枝が長いと感じたらハサミで切り、バランスを取りながらノリで貼っていきます。

Still0505_00012

 

細い花や、小さい花は上側へ。

大きめの花は下側へ入れていくことがバランスよくアレンジメントしていくコツだそうです。

有賀さんは、自宅の近くで使えそうな花を探して摘み取ったり、自宅で栽培したりして、

季節に合った色を基調とした「押し花」を作っています。

Still0505_00014

 

有賀さんは現在、教室としての活動はお休みしていますが、希望があれば、

仲間同士で行っている「押し花」づくりに参加させていただけるそうです。

興味のある方は、有賀敬子さん、電話090-5810-8555までお電話してみてください。

Still0505_00018

 

-------------------------------

 

4月21

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう

オープン28年目になる野沢のラーメン店が、麺処・八峰です。

ご主人の中島洋さんは、以前は精肉店を経営。

福島三大ラーメンのひとつ、郡山での修行を経て、このお店をオープンさせました。

八峰の安養寺ラーメンは、郡山直伝のあっさりスープと安養寺みそのコクが、見事なコラボレーション。

上にのった野菜の唐揚げが目をひく、ユニークな具材もポイントの逸品です。

 

Still0428_00003

 

こく胡麻担々麺は、お店の一番人気メニュー。

練りゴマの深い味わいと、こだわりの自家製ラー油が、疲れた体に染み渡ります。

Still0428_00004

 

お店自慢のスープの味をじっくりと楽しみたい方には、醤油味の「ふつ~のら~めん」もおススメですよ。

Still0428_00005

 

麺処・八峰の住所は、佐久市野沢262-8

営業時間は、昼が午前11時から午後3時まで。

夜は午後5時から10時までで、それぞれ閉店30分前がラストオーダーです。

なお、日曜日の夜営業は、午後9時30分までの営業となります。

毎週木曜日が定休日です。

お問い合わせは、電話0267-62-2900

 

佐久平おすすめ情報

平成8年に佐久市の有形文化財に指定されている旧・大沢小学校。

明治22年に発足した当時の大沢村が最初に取り組んだ一大公共工事でした。

当時としては珍しい、四方をガラス窓に囲まれた建物で、

窓枠の下に付けられた「水落とし」と呼ばれる雨除けなどに、その特徴を見ることができます。

建築当時は一面を白いペンキで塗られた建物で、北側の校舎裏は、

当時の純白の学び舎の面影を今に残しています。

Still0428_00009

閉校時のまま保存されている職員室には、田口藩の藩主で日本赤十字社の創設者のひとり、

大給恒の書なども掲げられています。

昭和58年の閉校までに、大沢小学校からは地域の子ども達、およそ3,000人が卒業しました。

Still0428_00010

 

館内には、大沢地区から出土した石器や昔懐かしい農機具など、地域の歴史を伝える多くの資料も、

展示されていました。

 

 

旧大沢小学校の住所は、佐久市大沢789

ゴールデンウイークの一般公開は、5月3日から5日の3日間。

午前10時から午後4時までとなっています。

4日・木曜日の午前10時30分から午後3時30分の間には、わら細工の実演も行われます。

なお、一般公開日以外に校舎内の見学を希望される場合は、事前に佐久市教育委員会文化財事務所、

電話0267-68-7321へお問い合わせください。

Still0428_00008

 

 

-------------------------------

4月14

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう

臼田の中国料理、凛鳳は、オープン17年目になる町の常連さんが集うお店。

名古屋や岐阜で15年以上の修行経験を持つ、ご主人の林政幸さんは、高校時代に見たあるテレビCMがきっかけで、料理の世界に飛び込みました。

 

本格的な中華料理が楽しめる、凛鳳からのおススメメニュー。

1品目には、ご主人が名古屋での修行経験を存分に生かした「紅油水餃子」をご紹介です。

ホテル直伝のタレと、ご主人こだわりの手作りゴマダレ。そして、もっちもちの餃子の組み合わせが絶品です。

Still0421_00002

 

2品目には、ご主人の技が光る魚香猪肝が登場。

レバーをニンニクとショウガ、唐辛子の特製ダレで炒めた、スタミナをつけたいアナタにピッタリの逸品。

Still0421_00003

中国料理・凛鳳の住所は、佐久市臼田2307-3です。

営業時間は午後5時から9時までですが、宴会時はご相談に応じて閉店時間を延長。

また、5人以上で1人2,000円以上の宴会のご予約があれば、昼の営業にも応じます。

毎週木曜日が定休日となっています。

お問い合わせは、電話0267-82-0029までお願いします。

 

佐久平おすすめ情報

先月からはじまった「地域の民謡を勉強しよう」シリーズ。

今回は、望月にいってきました☆

望月小唄保存会は、地域の伝統芸能を後世に伝えていこうと、昭和22年に発足。

現在は、21人の会員が参加しています。

Still0421_00007

 

もとは、望月宿の芸者の皆さんが、宴の席で踊っていたという望月小唄。

踊りは優雅な藤間流で、大きく11の動きに分かれています。

細かい動作が多くて、実際に踊ってみるとけっこう難しかったんですが、望月小学校では運動会で、全校で望月小唄を踊るなど、地域の皆さんに親しまれる踊りとなっています。

Still0421_00012

望月の皆さんからの公募によって決まったという望月小唄の歌詞。

そこには、鹿曲川や松明山、豊川稲荷といった望月の名所・旧跡のほか、望月城のお姫様と月毛の駒の悲恋を描いた望月の昔話も描かれています。

 

なお、毎年8月15日の伝統のお祭り、榊祭りでは、望月小唄の民謡流しも行われていますよ☆

 

望月小唄保存会は、佐久市望月471-12の、望月人権文化センターで活動しています。

活動時間は、毎月第2月曜日の夜、午後7時30分から9時まで。

会員は随時募集中です。

お問い合わせは、会長の柴平忠春さん。電話0267-53-3040へお願いします。

 

-------------------------------

4月7日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう

岩村田本町商店街にオープンして、6年目を迎えた手打処・そば十百(とも)。

ご主人の山嵜安久(やまざきやすひさ)さんは、元・警察官。臼田の名店・ともせんで3年間の修行を積み、

現在も行政書士として活動するという、異色の経歴の持ち主です。

 

エベレストまで続く大盛りざるそばの道のり。その入り口は麺1.5倍の東京タワーもりから。

たっぷりとツユの入った蕎麦徳利(そばどっくり)と、同じくらいの高さまで盛り上げられた、

そば好きにはたまらない逸品です。

Still0414_00003

Still0414_00002

 

2品目は暖かいお蕎麦から、大きな国産はまぐりが自慢の「はまぐりそば」に舌鼓。

旬のはまぐりを仕入れられる4月下旬頃までしか味わうことのできない、季節限定メニューです。

Still0414_00004

 

手打処・そば十百(とも)の住所は、佐久市岩村田762です。

営業時間は、昼が午前11時30分から午後2時まで。

夜は午後5時30分から深夜0時までで、最終入店が10時30分です。

日曜日の昼営業が定休で、その他随時休業がありますのでご確認ください。

お問い合わせは、電話080-8851-0655へお願いします。

 

佐久平オススメ情報

中込の新くろさわ病院、2階に出来た地域の交流の拠点。その施設を案内していただきました。

およそ60メートルの廊下に沿って、事務室のほかに、私たちが利用できる7つの部屋が配置されています。

また、この中込会館には、車いすを使う方の利用や、おむつ替えもできる多目的トイレ。

赤ちゃんを連れたお母さんでも安心な授乳室が設置されました。

Still0414_00015

 

一番の広さをもつ大会議室。

大会議室。隣の2つの小会議室とは、防音性の高い間仕切りで区切られており、

様々なかたちでの利用に対応できます。

すべての部屋をつなげると、およそ200人が収容できる、大きなホールへと様変わり。

毎年2月に行われる、公民館のつどいのメインステージになる予定です。

Still0414_00016

Still0414_00014

新しい中込会館の住所は、佐久市中込1-17-8、新しいくろさわ病院の2階です。

開館時間は、午前9時から午後10時まで。

年末年始の12月29日から1月3日までが休館です。

施設の利用などについては、中込公民館・電話0267-62-0504へお問い合わせください。

 

-------------------------------

3月31日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう

中込の新しいくろさわ病院の1階に、4月1日に本格オープンするレストラン・福ろく。

七代目助屋の金子祐一さんがプロデュースした「福ろくラーメン」は、

醤油、味噌、豚骨の3種類のスープを用意。

細麺から太麺まで、味付けによって使う麺も変わるこだわりのラーメン。

はじめに、醤油ベースのスープに細麵が見事にマッチした、「昔ながらのあっさり中華そば」です。

Still0407_00011

 

2品目の「本格博多とんこつラーメン」は、こってり濃厚な豚骨スープとストレートの細麺が自慢の逸品。

上にのった刻みネギと紅ショウガの彩りも見逃せません。

Still0407_00010

 

レストラン・福ろくの住所は、佐久市中込1-17-8 新しいくろさわ病院の1階です。

営業時間は、売店が午前9時から。レストランは午前11時からで、午後6時がラストオーダー。

閉店時間は午後7時です。毎週日曜日が定休日となっています。

 

佐久平オススメ情報

佐久市立近代美術館では、現在、収蔵品展「日本画・新しき風に乗せて」が開催されています。

57点の日本画が展示されているなかで、2つの作品を紹介していただきました。

はじめは、和服の女性が桜の花を愛でる、これからの季節にピッタリのこちらの作品から。

Still0407_00002

 

おススメ作品、二つ目は、佐久市出身の画家が蒸気機関車の機関庫を描いたこちらの作品です。

Still0407_00005

収蔵品展「日本画・新しき風に乗せて」は、佐久市猿久保35-5の佐久市立近代美術館で開催されています。

会期は5月7日・日曜日まで。

開館時間は午前9時30分から午後5時までで、毎週月曜日が休館日です。

お問い合わせは、電話0267-67-1055へお願いします。

-------------------------------

3月24日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう

2004年のクリスマス・イブに、佐久平駅前にオープンしたベーカリーテラス・ポアン。

ホテルオークラのシェフとして、東京、そしてオランダで修行を積んだ、

ご主人の草間栄二(くさまえいじ)さんが腕をふるう、女性客のおしゃれ心をくすぐるお店です。

 

蓼科牛のなかでも手に入りにくい貴重な肉を、パンを焼く石窯を使って4時間以上煮込んだ

『石窯ビーフシチュー』。

草間さんが海外での修行経験を活かして作り上げた、逸品です。

Still0331_00003

 

お店の看板メニューは、毎朝4時から焼き上げるたくさんのパン。

なかでも、こだわりのチーズを包み込んでパリッと焼き上げた『3種のチーズブレッド』は、

この春イチオシの新作パンです。

Still0331_00006

 

ベーカリーテラス・ポアンの住所は、佐久市佐久平駅北23-1です。

営業時間です。開店が午前11時で、ランチタイムが午後2時まで。

ティータイムが午後2時から6時まで。パンの販売は午後7時までです。

10人以上の団体で、おおむね3日前までにご予約いただければ、ディナーでの利用も承るとのこと。

毎週水曜日が定休日です。

お問い合わせは、電話0267-67-6777へお願いします。

 

佐久平オススメ情報

会員の皆さんにまじって、まゆを使ったコスモスの造花づくりの体験をしました。

2012年に発足した、望月まゆの会。

まゆを使った造花を、作品展で見かけた皆さんが集まって活動をはじめました。

現在は、印内原区の皆さんを中心に、5人で活動しています。

Still0331_00013

 

 

薄く裂いた黄色いまゆを針金に巻き付けると、花の芯の部分が完成。

今度はピンクのまゆにハサミを入れて、花びらを作っていきます。

まゆを使った作品は、アイディア次第。

まゆを薄く裂いた花束やコサージュ、繭玉のかたちをそのまま使ったこいのぼりや動物のマスコットなど、

いろいろな作品ができるそうです。

自分たちで試行錯誤しながら、新しい表現方法を見つけていくことも、

作品づくりの楽しみの一つだということです。

 

望月まゆの会では、駒ヶ根市のシルクミュージアムで開催されている作品展に、毎年作品を出品しています。

作品づくりは5人での共同作業。

構想から完成まで1年をかけて、1つの大作を作り上げているそうです。

Still0331_00016

 

望月まゆの会の作品は、佐久平駅2階のプラザ佐久で展示・販売されています。

出来上がりまで多少の時間はかかりますが、ブローチやコサージュなどは好きな花や形を

リクエストすることもできるそうです。

詳しくは、会長の田丸恵子さん、電話0267-53-3587へお問い合わせください。

 

-------------------------------

3月17日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう

取出町に店を構える信州佐久料理・味平。

川のものから海のものまで、様々な魚介が楽しめるお店を切り盛りするのは、

東京の飲食店で修行を積んだ、ご主人の新保健次(しんぽけんじ)さんです。

 

佐久で生まれ、佐久で育ったシナノユキマス。

店内の水槽からあげたての魚を丸ごと一匹、豪快に活け造りでいただきました。

川魚独特の臭みがないので、魚のもつ味を堪能できます。

 

お店のもう一つの看板メニューが、うな重。

県外からのお客さんも足しげく通うという、ファンの多い逸品です。

 

信州佐久料理・味平の住所は、佐久市取出町331-1です。

営業時間は昼が午前11時から午後2時まで。夜が午後5時から11時までとなっています。

毎週月曜日が定休日です。

お問い合わせは電話0267-62-1125へお願いします。

 

ご紹介した「シナノユキマスの活け造り」または「うな重」を

なんと1,000円引き!

通常「シナノユキマスの活け造り」は税込み3,000円から。

うな重は税込み3,000円、これがなんと1,000円引きです。

こちらは3月23日・木曜日から25日・土曜日までの3日間、

各日先着5人限定の大サービスとなります。

 

 

佐久平オススメ情報

 

臼田公民館の学習グループ「佐久ギターマンドリンクラブ」は、

今年活動16年目。

講師の高畑秀人先生の指導のもと、35人の会員が練習に取り組んでいます。

 

マンドリンはイタリア発祥の弦楽器で、

日本には大正時代に伝わったといわれています。

全長60センチほどの、西洋梨を二つに割ったようなかたちの楽器です。

今回は、会員のひとり依田さんに弾き方の基本を教えてもらいました。

 

鉄でできた硬い弦を、ピックで同時にはじくと音がでます。

マンドリンは、同じ音の弦が2本で一対になっているのがポイント。

これにより、独特で複雑な音が生み出されるんですが、2本をいっぺんに

弾くのはけっこう大変でした。

 

なんとか「ミ」と「ド」の音の出し方を覚えた私は、

練習の最後に会員の皆さんの合奏に参加しました。

 

カッコウのワルツの「♪カッコウ」のところだけですが、

皆さんと合わせることができました。

初心者が基礎からはじめて、曲をうまく弾けるようになるには、

1年くらいかかるそうです。

クラブに入って初めてマンドリンを触った方も多いという、

佐久ギターマンドリンクラブの会員の皆さん。

高畑先生の熱心な指導のもと、みんなで息のあった演奏をしようと

練習にとりくんでいます。

 

なお、佐久ギターマンドリンクラブでは、6月17日・土曜日に定期演奏会を開催します。

会場は佐久平交流センターで、開演は午後1時30分となっています。

 

佐久ギターマンドリンクラブは、佐久市下越16-5

のあいとぴあ臼田で活動しています。

活動日は、毎週木曜日の午後1時30分から。

活動の見学や入会に関するお問い合わせは、会長の内堀久美子さん、

電話0267-86-1177

へお願いします。

 

-------------------------------

3月10日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう!

 

昨年11月25日に、佐久平にオープンした居酒屋が「でっぱり」。

弱冠27歳の店主・市川豊さんが切り盛りするお店では、

日本酒をはじめとしたお酒と手作りの料理を、リーズナブルな価格で楽しめます。

 

10代後半で料理の世界に飛び込んだ市川さん。

小諸で火付盗賊グループをまとめる竹内浩太さんのもとで、7年間の修行を積んできました。

 

お店の看板メニューが、1本1本炭火でじっくりと焼き上げる焼き鳥。

今回は、ネギマやボンジリなど定番のものから、稀少な部位までが入った盛り合わせが登場です。

市川さんイチオシ。福島は会津のお酒、「写楽」片手にいただきます!

 

手羽先の唐揚げは、一つひとつの料理に心を配るご主人のひと手間が光る逸品です。

 

居酒屋でっぱりの住所は、佐久市佐久平駅北10-2プラザ浅間ビルの1階です。

営業時間は、午後6時から翌午前2時まで。

毎週月曜日が定休日となっています。

お問い合わせは電話0267-77-7586へお願いします。

 

・3月9日からはじまった岩村田料飲組合タダまつりにも参加

居酒屋でっぱりでは3月9日からの10日間、ポイントカードをもっていくと・・・

 日本酒を1杯サービス!

「てんこもり見た」「てんこもり聞いた」というキーワードを言った方には・・・

 

番組でもご紹介した「串焼きの盛り合わせ」または「日本酒を1杯」

どちらかお好きなほうを1つサービス!!

こちらは3月末までの期間限定大サービスです!

 

 

佐久平グルメを食べつくそう・・・・・!

 

浅科公民館の学習グループ「浅科民踊レクリエーションクラブ」。

地域の皆さん14人が参加しているグループの活動にお邪魔しました。

浅科民踊レククラブが振り付けを担当し、旧浅科村時代の平成9年に誕生したのが

「あさしなドドンと音頭」です。

皆さんと輪になって、あさしなドドンと音頭を練習です。

「簡単な振り付けだから」と言われるがままに、最初から曲にあわせて踊ってみました。

会員のひとり、丸山さんにあわせているだけで、自然に踊ることのできる馴染みやすい踊りでした。

地域住民の皆さんを集めた講習会などを通して、徐々に広まっていったドドンと音頭。

今では、子どもからお年寄りまで、浅科地域に長く住む方の多くが知っている踊りになっています。

浅科民踊レククラブでは、現在も中学校1年生への指導などを通して、地域の踊りを伝えています。

一般公募によって決まった歌詞には、五郎兵衛米や穂の香の湯など、

浅科地域の名物が散りばめられ、踊りには浅科の雄大な景色があらわされているそうです。

 

浅科民踊レクリエーションクラブは、佐久市塩名田1338(2回言う)の浅科公民館で活動しています。

活動日は、毎月第2と第4の水曜日で、時間は午後7時から8時30分まで。

随時会員を募集中です!

お問い合わせは、浅科公民館・電話0267-58-3957へお願いします。

 

映画:チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~

映画は佐久アムシネマに見に行こう!!!!

 

 

-------------------------------

3月3日

-------------------------------

40年以上通いつづけるお客さんもいるという和食の名店が、岩村田の御料理処・かつ栄です。

先代からお店を引き継いで26年になる、ご主人の清野正己(きよのまさみ)さん。

お寺や家庭に会席料理を届けるケータリングサービスを、地域のなかではいち早くはじめています。

修行時代の縁で、東京・築地のマグロ専門店と太いパイプをもつ清野さん。

マグロのなかのマグロ、本マグロをはじめとした選りすぐりの海の幸が手ごろな値段で楽しめるのも、かつ栄の大きな魅力の一つです。

今も昔もかわらない、かつ栄創業以来の看板メニューといえばトンカツ。

なかでも今回、こちらの串かつをご紹介していただいたのには、ふか~い訳があるんです!

御料理処・かつ栄の住所は、佐久市岩村田3255です。

営業時間は、昼が午前11時から午後1時30分まで。

夜は午後5時から9時までとなっています。

お店は不定休です。

お問い合わせは、電話0267-67-3858へお願いします。

てんこ&もりお:

感想・・・・

・ケータリングサービスは、お祝い事や法要で、南北佐久地域、注文があればどこにでもお届けします。

・岩村田料飲組合タダまつり振り返り

御料理処かつ栄では3月9日からの10日間・・・

串かつ(2個1皿)が無料!

・さらに、かつ栄さんでは・・・3月9日佐久市民の日企画として

 3月9日のご来店先着39人に「かつ定食」をプレゼント!

 こちらは3月1日~3月4日に整理券を配布します。

 

 

もりお:ここで、御料理処・かつ栄さんからのてんこもり情報です!

「てんこもり見た」「てんこもり聞いた」というキーワードを言った方には・・・

 

生ビールまたはソフトドリンクを1杯サービス!

こちらは3月3日・金曜日までの期間限定大サービスです。

 

キーワードは「てんこもり見た!聴いた!」

 

てんこもりおススメ情報

 

今回は、オープンしておよそ5年になる猿久保の音楽教室・

ロックサンミュージックスクールにお邪魔しました。

スクールでは、現在およそ50人が受講しています。

六川先生の基本は、マンツーマン指導。

初心者から、上達速度にあわせた講習がうけられます。

 

はじめてエレキギターを肩から下げた私。いよいよレッスンのスタートです。

 

ピックの持ち方や弦の抑え方など、基礎の基礎から丁寧に教えていただきました。

六川先生の刻むリズムに合わせて、決まった場所で弦を抑えながら音を出す・・・

コードを覚える練習を繰り返します。

弦を抑える場所が分からなくなってしまったり、次のコードに行くのが早すぎたりと、

失敗の連続でしたが、地道に練習していきました。

六川先生がギターをはじめたのは、小学校5年生の時。

これまでに、ライブステージに多数出演し、その技術を磨いてきました。

今では、音楽を通して、ほかの人の楽器とあわせる、アンサンブルの楽しさを

知ってもらいたいと、教室を主催しているそうです。

1時間ほどの練習の最後に、六川先生とのセッションです。

六川先生がリードギターを担当。

サイドギターを担当する私は、これまでに覚えた4つのコードの繰り返しです。

それではしばらくお聞きください。

たま~に音が出ていませんが、なかなかの出来だと思いませんか?

ロックサンミュージックスクール・佐久教室の住所は、佐久市猿久保23-4(2回言う)です。

スクールでは無料体験教室を随時開催中。

日程・時間などについては、事前にご相談ください。

お問い合わせは、電話090-4230-2891へお願いします。

 

-------------------------------

2月24日

-------------------------------

40年以上通いつづけるお客さんもいるという和食の名店が、岩村田の御料理処・かつ栄です。

先代からお店を引き継いで26年になる、ご主人の清野正己(きよのまさみ)さん。

お寺や家庭に会席料理を届けるケータリングサービスを、地域のなかではいち早くはじめています。

修行時代の縁で、東京・築地のマグロ専門店と太いパイプをもつ清野さん。

マグロのなかのマグロ、本マグロをはじめとした選りすぐりの海の幸が手ごろな値段で楽しめるのも、かつ栄の大きな魅力の一つです。

今も昔もかわらない、かつ栄創業以来の看板メニューといえばトンカツ。

なかでも今回、こちらの串かつをご紹介していただいたのには、ふか~い訳があるんです!

御料理処・かつ栄の住所は、佐久市岩村田3255(2回言う)です。

営業時間は、昼が午前11時から午後1時30分まで。

夜は午後5時から9時までとなっています。

お店は不定休です。

お問い合わせは、電話0267-67-3858へお願いします。

無料まつり

御料理処かつ栄では3月9日からの10日間・・・

串かつ(2個1皿)が無料!

・さらに、かつ栄さんでは・・・3月9日佐久市民の日企画として

 3月9日のご来店先着39人に「かつ定食」をプレゼント!

 こちらは3月1日~3月4日に整理券を配布します。

御料理処・かつ栄さんからのてんこもり情報です!

「てんこもり見た」「てんこもり聞いた」というキーワードを言った方には・・・

 

生ビールまたはソフトドリンクを1杯サービス!

こちらは3月3日・金曜日までの期間限定大サービスです。

 

キーワードは「てんこもり見た!聴いた!」

 

 

てんこもりおススメ情報

今回は、オープンしておよそ5年になる猿久保の音楽教室・

ロックサンミュージックスクールにお邪魔しました。

スクールでは、現在およそ50人が受講しています。

六川先生の基本は、マンツーマン指導。

初心者から、上達速度にあわせた講習がうけられます。

はじめてエレキギターを肩から下げた私。いよいよレッスンのスタートです。

ピックの持ち方や弦の抑え方など、基礎の基礎から丁寧に教えていただきました。

六川先生の刻むリズムに合わせて、決まった場所で弦を抑えながら音を出す・・・コードを覚える練習を繰り返します。

弦を抑える場所が分からなくなってしまったり、次のコードに行くのが早すぎたりと、失敗の連続でしたが、地道に練習していきました。

六川先生がギターをはじめたのは、小学校5年生の時。

これまでに、ライブステージに多数出演し、その技術を磨いてきました。

今では、音楽を通して、ほかの人の楽器とあわせる、アンサンブルの楽しさを知ってもらいたいと、教室を主催しているそうです。

1時間ほどの練習の最後に、六川先生とのセッションです。

六川先生がリードギターを担当。

サイドギターを担当する私は、これまでに覚えた4つのコードの繰り返しです。

それではしばらくお聞きください。

たま~に音が出ていませんが、なかなかの出来だと思いませんか?

 

ロックサンミュージックスクール・佐久教室の住所は、佐久市猿久保23-4です。

スクールでは無料体験教室を随時開催中。

日程・時間などについては、事前にご相談ください。

お問い合わせは、電話090-4230-2891へお願いします。

 

 

-------------------------------

2月17日

-------------------------------

建物には地元産のカラマツをふんだんに使い、カラマツストーブが店内を温める布施のカフェ・ひまわり畑。

昨年5月23日にオープンしたお店は、老人の介護や障害を持つ人の就労支援を行う社会福祉法人・

望月悠玄福祉会が運営を行っています。

 

障害をもつ方も一緒に働くお店で楽しめるのは、地元の素材にこだわった料理の数々です。

飲む人のことを想って、器にまでこだわったコーヒーと一緒にいただいたピザトースト。

その食材には、ひまわり畑の恵みが使われています。

 

お店のもう一つの自慢は、毎日2種類ほどが日替わりで楽しめる手作りのケーキ。

どれを食べようか迷ってしまいますが、今回は望月産のリンゴをたっぷりと使ったアップルパイをおススメしていただきました。

 

他にも、毎週金曜日の限定メニュー、税込み700円で楽しめる「ひまわりランチ」もおススメです。

 

カフェ・ひまわり畑の住所は、佐久市布施769-1です。

営業時間は、午前10時から午後4時まで。

毎月第3土曜日と日曜日が定休日となっています。

なお、事前にご予約いただければ送迎にも対応いたします。

お問い合わせは、電話0267-78-5131へお願いします。

「てんこもり見た」「てんこもり聞いた」というキーワードを言った方・・・

 

通常1個400円のケーキ各種を100円引き!

こちらは、2月末までの期間限定サービスです!!

 

 

てんこもりおすすめ情報

望月の駒の里ふれあいセンターで活動している「ひなの会望月支部」。

活動をはじめて14年ほど。参加する17人の会員の皆さんがつくっているのは、

5センチほどの大きさの色とりどりの人形飾り・「吊るし雛」です。

 

この日は、会員の一人、佐藤さんのお手伝いをさせていただくことになりました。

 

私が担当したのは、セミの吊るし飾りの背中の部分。

型紙にそって切った二つの布を縫い合わせていきます。

 

2ミリほどの細かい感覚で、針を布に通していきました。

吊るし雛が一般に広まったのは、江戸時代だと言われています。

花や動物、縁起物など様々な人形を50個ほどつくって、竹の輪から垂らした糸に飾り付けていくものです。

すべての飾りつけを終えて完成させるのに、長いときで1年ほどかかるそうですよ。

 

ひなの会望月支部に集まった会員さんは、初心者からベテランまで、人形を作るペースも経験も様々。

人形作りのなかで分からないところや難しいところは、矢嶋先生が丁寧に教えてくれるそうです。

 

私も、1時間ほどかけて、なんとかセミの背中を縫い合わせました。

こうして一つ一つのパーツを根気よく作っていき、

最後にすべてを縫い合わせると、立派なセミの人形が出来上がります。

 

この日は、ベテランの会員さんが、出来上がったばかりのひな飾りを見せてくれました。

たくさんのモモの花がポイントのこの作品。

2か月ほどで作ったもので、ひな祭りにあわせて、雛人形の横に飾り付けるそうですよ。

 

ひなの会望月支部は、佐久市望月303(2回言う)の駒の里ふれあいセンターで活動しています。

また、会員の皆さんがつくった作品は、2月18日から望月歴史民俗資料館で開催される

郷土の雛人形展でも展示されます。資料館の住所は佐久市望月247です。

ひなの会への見学や入会については、望月公民館・電話0267-53-2548

へお問い合わせください。

-------------------------------

2月10日

-------------------------------

今月は「岩村田料飲組合・タダまつり」特集!3月9日からのお楽しみ。

岩村田料飲組合タダまつりの参加店にお邪魔しています。

皆さん、もうポイントカードはゲットしましたか?

小田井の工業団地入り口に店を構える酒房・うめ。

23年前に自分のお店をもった、ご主人の梅田一二三(うめだひふみ)さんが、奥様と二人三脚で営む居酒屋レストランです。

 

お店の看板メニュー、サーロインステーキのなかでも、もともとは裏メニューだったのが、

300グラム以上のビッグサイズ。

300グラムから500グラムまで、お値段そのまま!なんと税込み2,980円。

2,980円で楽しめる、肉好きにはたまらない逸品です!

②

2品目にはランチタイムの人気メニューから、ポーク味噌焼き定食が登場。

オーブンで焼き上げた香ばしい豚肉がたまりません!

①

酒房・うめの住所は、佐久市小田井863-8です。

営業時間は、昼が午前11時30分から午後2時まで。

夜は午後5時からで、午後10時が最終入店となっています。

お店は不定休です。

お問い合わせは、電話0267-67-0086へお願いします。

岩村田料飲組合タダまつり振り返り

酒房うめでは3月9日からの10日間・・・

ソフトドリンクサービス!または通常3品のお通しに1品~2品追加!

 

 

てんこもりおススメ情報

今回のレポートは中込のお店・キューバン・ルンバから。

ここを拠点に活動している編み物サークル、「佐久のわを編む会」

の活動にお邪魔しました。

代表は、編み物の先生として40年以上のキャリアを持つ田中千せ子先生です。

③

ベテランの会員さんと一緒に、せっせと編んでいきます。

佐久のわを編む会が発足したのは、2011年の8月のこと。

その年の3月に発生した東日本大震災で、被災した皆さんを、

編み物で支援したいという田中さんの想いから生まれました。

田中さんをはじめ、会員の皆さんが作った編み物は、

定期的にひらく販売会で販売されています。

そして、経費を除いた売り上げのほとんどを、災害にみまわれた地域へ寄付しています。

これまでに、岩手県大船渡市や、宮城県東松島市、長野県内でも栄村や白馬村など、

全国の6か所にあわせて160万円あまりを寄付してきました。

 

田中さんが持っていたおよそ200着分の毛糸は、活動をはじめて1年半ほどで終わり。

それ以降は、地域の皆さんから多くの毛糸が募られ、現在の活動につながっています。

 

2時間あまりの取材時間で、会員の皆さんから編み物の基礎を徹底的に叩き込まれた私。

頂いた1玉の毛糸を編み上げることを、田中さんにお約束して、この日のロケは終了しました。

④

佐久のわを編む会が制作した作品は、佐久市中込2-29-22

のキューバン・ルンバで展示、販売されています。

毛糸の引き取りも随時受付中。

また、会では2月19日・日曜日に小海町総合センターで行われる、

小海町健康福祉まつりにも出展し、編み物の販売を行います。

詳しくは、田中千せ子さん、電話・0267-62-1019へお問い合わせください。

 

 

-------------------------------

2月3日

-------------------------------

佐久平グルメを食べつくそう!

 

昨年5月、上平尾にオープンしたのが味旬・花菜(みしゅん・はな)です。

16年間、和食を中心とした修行を積んできた、ご主人の土屋昌彦(つちやまさひこ)さん。

そんな土屋さんのこだわりが、お盆や食器、内装にまで詰まっています。

①NEW

お店で楽しめるのは、手作りにこだわった料理の数々。

旬の食材を味わってほしいと、メニューは季節にあわせて変わっていきます。

そんななかで今回は、ランチメニューの「鯛茶漬け御膳」が登場。

4種類の味で楽しむ新鮮な鯛は絶品です!

2品目は、ディナータイムの単品メニューから。

ふわふわでアッツアツの出汁巻き玉子を楽しみました。

②NEW

③NEW

2月28日までの間に、ポスターが貼り出されている企画参加店を利用して、

ポイントカードをゲット。これで準備完了です。

そして、イベント本番、3月9日・木曜日から18日・土曜日までの10日間、

ポイントカードをもって企画参加店に行くと・・・「何かが必ずタダになります!」

 

さらに・・・

 

たくさんのお店をまわってポイントをためるとダブルチャンス!

3ポイントで1000円。9ポイント集めると、なんと10000円のご利用券が抽選で当たります!!

お問い合わせは、岩村田料飲組合または割烹あさや・電話0267-67-2050

④NEW

「てんこもり見た」「てんこもり聞いた」というキーワードを言った方・・・

 

シャーベットをプレゼント!

こちらは2月6日・月曜日から10日・金曜日までの期間限定大サービスです!

 

 

 

『てんこもりアワード2016表彰式』

昨年の年末に放送した特番・てんこもりアワード2016。

昨年1年間に取材に行ったなかから、見事に年間大賞に輝いたあのグループへ、

私がトロフィーをとどけてきました。

⑤NEW

笑いヨガ教室は、おおむね毎月1回、佐久市猿久保の佐久創造館で行われています。

事前申し込みの必要はなく、お子様連れでの参加も大歓迎。

参加費はお茶代込みで1,000円です。

詳しくは、佐藤志穂先生、電話090-1115-8439へお問い合わせください。

 

 

-------------------------------

1月27日

-------------------------------

佐久平おすすめ情報

私がお邪魔したのは、瀬戸のベビーマッサージ教室NICONICO。

ここでは3年前から、赤ちゃんとそのママを対象とした

ベビーマッサージ教室が開催されています。

1

1月のコースに集まってきたママさんと一緒に、この日の教室に参加。

私は、赤ちゃんのお人形を使って体験しました。

 

歌をうたいながら赤ちゃんと準備体操をすると、本格的なマッサージのスタートです。

先生の動きをマネしながら、赤ちゃんの体を優しくなでていきます。

生後2か月から参加できるベビーマッサージ。

柳澤先生の教室では、年齢の上限は特に決まっていないので、

2才や3才の子どもさんと一緒に参加するお母さんもいるそうですよ。

2

2月は8日・14日・21日の開催で、参加費は3回で4,000円です。

また、ベビーマッサージの体験とおんぶやだっこの講座がセットになった体験コースは、

2月17日の開催で、参加費は1,000円となっています。

いずれのコースも、定員は8組で、申し込み先着順です。

お申し込みやお問い合わせは、柳澤涼子さん、電話090-4055-3963までお願いします。

 

佐久平グルメを食べつくそう!

中込の駅前に店を構える喫茶・ぽえむ。

モダンなジャズの音色が響き、多くのお客さんが憩いのひと時を楽しむお店は、

マスターの工藤一夫さんとその奥さんが営んでいます。

3

日替わりランチやパスタなど、豊富なメニューのなかで、お店の看板メニューは、

昔も今もコーヒーとピザ。

注文が入ってから1杯1杯落とすオリジナルブレンドコーヒーは、

40年間変わらぬ味わいです。

生地やソースを手作りするミックスピザは具だくさん。

野菜やベーコン、シーフードがたっぷりと入った、

「ポエムの味のピザ」をお楽しみください

4

 

喫茶・ぽえむの住所は、佐久市中込1-18-2です。

営業時間は、午前10時から午後10時まで。

毎週日曜日が定休日となっています。

お問い合わせは、電話0267-62-8760へお願いします。

 

てんこもり見た!聞いた!

ご飲食をされた方にケーキをプレゼント!

こちらは、3月末までの期間限定サービスです!!

 

-------------------------------

1月20日

-------------------------------

野沢に店を構えて13年目になるそば処・佐山庵。

サラリーマン経験を持つご主人の大塚忠重(ただしげ)さんが、試行錯誤しながら、

一から作り上げたお店です。

店も自分もお客さんに育てられたと話す大塚さん。

今回は、そんなお店自慢の3種類の蕎麦を食べ比べです。

はじめに登場するのは、白い見た目で上品な味わい。蕎麦の実の中心だけを

贅沢に使うことから御前そばとも呼ばれる「更科そば」です。

 

そばの持つ本来の風味を楽しみたい方にはこちら。

黒っぽい見た目に、ご主人のこだわりが詰まった「佐山そば」をどうぞ。

 

3品めは、このあたりの蕎麦屋では珍しい「ダッタンそば」。

他の蕎麦とは一味違った、独特の味わいが楽しめる逸品です。

 

佐山庵は昨年3月にリニューアル。

日本料理の修行を積んだ、息子さんの文博さんがご主人と一緒に厨房に立ち、

夜は蕎麦居酒屋風のお店として営業しています。

今回は、文博さんが手掛ける夜営業のメニューのなかから、

そばツユのダシを使った、お蕎麦屋さんの「だし巻き玉子」が登場です。

そば①

そば②

 

そば③

 

そば④

そば処・佐山庵の住所は、佐久市野沢314-16です。

営業時間は、昼が午前11時30分から午後2時まで。

夜が午後5時30分から9時までとなっています。

毎週月曜日が定休日です。

お問い合わせは、電話0267-62-3811へお願いします。

お食事をされた方に「本日のデザート」をプレゼント!

日替わりのお楽しみデザートになります。

1月末までの期間限定大サービスです。

 

キーワードは「てんこもり見た!聴いた!」

佐久平グルメを食べつくそう!のコーナーでした!

 

続いては佐久平おススメ情報

12月下旬から1月上旬にシーズンを迎える、松原湖のワカサギ釣り。

今シーズン、大きい湖のほうの猪名湖は、1月13日に解禁。

周囲およそ2キロの湖は、一面厚さ17センチほどの氷で覆われています。

湖のど真ん中に到着したら、専用のドリルで氷に穴をあけます。

立花屋では、ドリルや仕掛け、竿など、わかさぎ釣りの道具一式をレンタル可能。

手ぶらでも気軽に釣りを楽しむことができます。

手袋を外し、鷹野さんに教えてもらいながら準備に取り組む私に、思わぬ難関。

小さな針の先に、小さな餌をつけていきます。

なんとか出来上がった仕掛けを氷の穴に落として、釣りのスタートです。

はじめに、お手本を見せてもらいました。

いきなりのヒット!

ワカサギ釣りに親しんで30年以上になるという鷹野さんに、

釣りのコツを特別に教えてもらいました。

いよいよ私も釣りに挑戦!

ところが・・・当たりが分からずに、なかなか釣ることができません。

ここで鷹野さんに、座っていた椅子を台にする初心者向けの方法を教えてもらいました。

手ぶれの影響が少なくなるこの方法のほうが、ワカサギが餌を突っつき、竿の先が微かに動く、

小さな当たりが分かりやすくなるそうです。

 

釣りをはじめてしばらくたったその時でした!

 

ついに、はじめてのワカサギをゲットです。

ここ10年から15年ほどで盛んになった松原湖のワカサギ釣り。

長野県内では、氷の上で釣りを楽しめる、数少ないスポットとして人気を集めています。

今シーズンに備えて、およそ4000万粒の卵を湖に放流。

例年に比べて大きめの、体長5センチから6センチのワカサギを釣ることができるそうです。

 

鷹野さんの指導のおかげで、およそ1時間のあいだに6匹のワカサギを釣ることができました。

ということで、湖の湖畔にたたずむ立花屋へ。

釣り上げたばかりのワカサギを、天ぷらにしてもらいました。

 

⑦

 

松原湖のワカサギ釣りは、おおむね3月の第1週まで楽しむことが出来ます。

時間は、午前6時30分から、1月中は午後4時30分まで。2月以降は午後5時までで、

1日の游漁券は500円です。

猪名湖湖畔、小海町豊里(とよさと)4253-1のリゾートイン立花屋では、

竿のセットやテントもレンタル可能。

詳しくは、電話0267-93-2201へお問い合わせください

------------------------------

2016年以前の投稿は こちら をご覧ください

ページトップへ